RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/5/21 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第1戦
カリフォルニア州サクラメント/プレイリーシティOHVパーク
天気 気温 観客
晴れ 25度 不明

ダンジー1位/2位、リード2位/1位!




 劇的なスーパークロスシーズンの閉幕から短いインターミッションを経て、ルーカスオイルAMAプロモトクロス選手権が開幕した。5月から9月にかけて12戦が組まれているシリーズは別名「ナショナル」と呼ばれ、特にサクラメント大会は「ハングタウン・モトクロス・クラシック」として権威を誇っている。
 会場のプレイリーシティOHVパークは、緩やかな丘陵地にジャンプやコーナーを配したハイスピードコース。晴れればハードパックになる土質だが、今年は週末にレースを控えたウィークデーに雨が降ったため、ほどよく湿ったベストコンディションになった。コース全周にわたって施されたグルーミングによって、プラクティス開始当初の路面はザクザクだったが、やがて走行ラインにはワダチができたり、コーナー入口などにはきついギャップが増えていった。午後1時からのレースでは、硬化した路面が乾いて砂塵が舞う部分も出てきたので、インターバルには入念な散水が行われた。
 
 450クラスのヒート1では、好スタートを切ったケビン・ウィンダム(ホンダ)が序盤をリードした。昨年はスポット参戦にとどまったウィンダムだが、今年はアウトドア開幕から出場している。2位にはブレット・メットカーフ(スズキ)がつけていたが、ライアン・ダンジー(スズキ)、ライアン・ビロポート(カワサキ)、チャド・リード(ホンダ)、クリストフ・プーセル(ヤマハ)らのハイペースに飲み込まれていった。
 レース中盤の7周目には、ダンジーがウィンダムを攻略してトップに浮上。9周目にはリードとビロポートが2〜3位と迫ったが、ダンジーは7〜8秒の独走態勢を保って快調に飛ばした。また、今季はスーパークロスに参戦していなかったプーセルは、これが初戦ということもあってペースが衰え、トップグループから脱落していった。最終的にはダンジー、リード、ビロポートには大差がつき、ディフェンディングチャンピオンらしい走りを貫いたダンジーが優勝。
 
 450クラスのヒート2は、ビロポートのホールショットで始まった。ダンジー、リード、ウィンダムを挟んで、ジェイク・ワイマー(カワサキ)、デイビー・ミルサップス(ヤマハ)、アンドリュー・ショート(KTM)らが続く。レース序盤はトップ3が僅差のまま、4位以下を引き離す展開となった。
 三つ巴のトップ争いに動きが出たのは、中盤の7周目。リーダーはビロポートからダンジーへ、そしてリードへと入れ替わった。ここから先はビロポートのペースが落ち、リードvsダンジーの一騎打ちが繰り広げられた。ラスト2周でダンジーのミスがあり、最後はリードが余裕を持って優勝。この結果、ダンジー(1位/2位)とリード(2位/1位)は同点となったが、ヒート2優先のルールによって総合優勝はリードのものになった。


バゲットが初優勝を飾る!



 250クラスのヒート1は、昨年の開幕戦ウィナー、イーライ・トマック(ホンダ)の好スタートで始まった。2位にはマルコム・スチュワート(スズキ)をかわし、ディーン・ウィルソン(カワサキ)が浮上。勢いに乗るウィルソンは、5周目にはトマックを抜いてリーダーの座を確保する。3位にはスタート8位からブレイク・バゲット(カワサキ)が上がってきたが、6周目に転倒を喫して脱落。代わって3位には、ダリン・デュラム(ホンダ)が浮上した。
 レース後半に差しかかると、1〜2位の間隔が徐々に広がり、ウィルソンの独走が固まる。やがてペースが衰えたトマックの背後には、一時後方に埋もれていたバゲットが猛然と巻き返し急接近。バゲットは最終ラップでトマックに追い付き逆転に成功した。こうしてウィルソン、バゲット、トマックの順にチェッカーフラッグが振られた。
 
 250クラスのヒート2では、ジャスティン・バーシア(ホンダ)、タイラ・ラトレイ(カワサキ)が好スタートを決めた。スタート直後には複数のクラッシュがあり、この中には世界MX2チャンピオンのマービン・ムスキャン(KTM)も含まれていた。4周目にはリーダーのバーシアが転倒し、トップグループはラトレイ、トマック、ウィルソン、バゲットという構成になった。
 やがてトマックが4位に後退し、ラトレイ、ウィルソン、バゲットが三つ巴のバトルを展開したが、10周目にウィルソンが転倒。そして12周目にはバゲットがラトレイをかわし、ついにトップに躍り出た。その後ラスト4周を緩めずに走りきったバゲットが、トップでフィニッシュ。この結果バゲットは自身初の総合優勝(2位/1位)を獲得した。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki '36.14.166 DUNLOP user
2 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +14.542 DUNLOP user
3 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +28.214 DUNLOP user
4 18 D・ミルサップ Muscle Milk Toyota JGR Yamaha +39.640  
5 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +41.162 DUNLOP user
6 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda +58.295 DUNLOP user
7 377 C・プーセル Motoconcepts Yamaha Yamaha +1.04.774  
8 12 T・ハーン Motoconcepts Yamaha Yamaha +1.09.775 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda '36.40.579 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +3.112 DUNLOP user
3 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +53.184 DUNLOP user
4 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda +1.05.074 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.14.533 DUNLOP user
6 32 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.16.570 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '36.48.613 DUNLOP user
2 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +4.333 DUNLOP user
3 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +10.189 DUNLOP user
4 125 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +30.033 DUNLOP user
5 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +37.994 DUNLOP user
6 17 J・バーシア Geico Powersports Honda Honda +56.142 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.42.722 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +13.149 DUNLOP user
3 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +46.226 DUNLOP user
4 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +53.030 DUNLOP user
5 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha +1.14.870 DUNLOP user
6 125 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +1.28.337 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 47 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 47 DUNLOP user
3 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 40 DUNLOP user
4 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda 33 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 32 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Muscle Milk Toyota JGR Yamaha 32  
7 12 T・ハーン Motoconcepts Yamaha Yamaha 26 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 47 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 45 DUNLOP user
3 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 38 DUNLOP user
4 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 38 DUNLOP user
5 125 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 33 DUNLOP user
6 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha 28 DUNLOP user