RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/6/18 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第4戦
メリーランド州メカニックスビル/バッズクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 27度 不明

ビロポート1位/3位、リード3位/1位!




 先週のマウントモーリスと今大会のバッズクリークは、移動距離が短いこともあってセットで考えられやすい連戦だ。毎レース自宅へ帰っていたライダーやチームスタッフの中でも、この間だけは東部に留まることがある。バッズクリーク・モトクロスパークがあるメリーランドは、馴染みの薄い州かもしれないが、ワシントンDCに隣接していることを再確認すればイメージしやすい。首都から近いロケーションの良さは、これまでに世界選手権USGPやモトクロス・オブ・ネイションズの開催に成功したことでも明らかだ。
 バッズクリークはアメリカのモトクロス場に多い例で、谷の斜面を利用したレイアウトになっている。地形的にアップダウンや逆バンクが多く、ビッグジャンプもバッズクリークならではの名所に数えられる。土質は元来ハードだが全周にわたって掘り起こされるので、時が経つと走行ラインとそれ以外の部分で差が出てくる。硬くて深いワダチとブレーキング地点にできるギャップなど、攻略テクニックが要求される難コースと言えるだろう。またバッズクリークでは、1コーナーがタイトな180度ターンなので、有利なグリッドを得るためには予選タイムが重要になる。
 
 450クラスのヒート1では、マイク・アレッシ(KTM)、チャド・リード(ホンダ)、ライアン・ビロポート(カワサキ)、ライアン・ダンジー(スズキ)、トミー・ハーン(ヤマハ)らが好スタート。長期欠場から復帰したジョシュ・グラント(ホンダ)は、10位とまずまずのスタートを切った。3周目にはビロポートがトップに立ち、あっと言う間に独走態勢を築く。好位置につけたハーンは、9周目に転倒リタイアを喫した。
 レースが半分を経過する頃には、ビロポートと2位ダンジーが10秒、ダンジーと3位リードが20秒という大差になった。ところが13周目に、ビロポートのエンストによって1〜2位が急接近。ラスト数周はビロポートとダンジーがテールtoノーズになったが、このままビロポートが逃げ切り優勝。2位ダンジーから約1分遅れで3位リードがフィニッシュした。
 
 450クラスのヒート2では、またしてもアレッシが好スタート。リード、ダンジー、ビロポートという面々に続き、今大会でスポット参戦に区切りをつけるケビン・ウィンダム(ホンダ)が5位につけた。5周目にはリードとダンジーがアレッシをかわし、トップ争いは一騎打ちの様相を呈していく。
 レース後半なると、リードvsダンジーの緊迫したバトルが続く一方で、3位に浮上したもののペースが上がらないビロポートの遅れが目立つようになる。まるでヒート1のリードをトレースするように、ビロポートは遠く離された単独3位に定着した。トップ争いは一進一退を繰り返したが、最終的にリードがダンジーを振り切って優勝。この結果、ビロポート(1位/3位)とリード(3位/1位)が同点となったが、総合優勝はリードが手中に収めた。


ウィルソン1位/3位、ラトレイ2位/1位!



 250クラスのヒート1では、ディーン・ウィルソン(カワサキ)が好スタート。タイラ・ラトレイ(カワサキ)、ブロック・ティックル(カワサキ)、カイル・カニンハム(ヤマハ)、ダリン・デュラム(ホンダ)らが続く。前戦マウントモーリスでパーフェクトの快挙を達成したブレイク・バゲット(カワサキ)、オープニング10位と出遅れた。
 トップグループは僅差でポジションに変動のないままレース前半を消化。後半に差しかかると、ティックルとデュラムの3位争いが激しくなったが、12周目にデュラムの転倒によって決着が付く。終盤はウィルソン、ラトレイ、ティックルがセーフティリードを保ち、そのままチェッカーを受けた。今シーズン優勢を誇っているプロサーキット・カワサキの1-2-3だが、今回はティックルが3位に初入賞したところが新しい。
 
 250クラスのヒート2は、スタートからギャノン・オーデット(ヤマハ)が飛び出したが、トップグループの先陣争いに飲み込まれて失速。2位につけたバゲットも転倒で34位に脱落。2周目にはラトレイを先頭に、ジャスティン・バーシア(ホンダ)、ギャレス・スワニプール(ヤマハ)という面々がトップグループを形成する。
 リーダーの座はラトレイとバーシアによって争われたが、30分頃から体調の優れないバーシアのペースが衰えて勝負あり。ラトレイが今季2度目のヒート優勝と総合優勝を果たした。3位にはスタート9位から追い上げたウィルソンが入賞。そして注目のバゲットは34位から驚異的な挽回を果たし、7位でチェッカーを受けた。ポイントランキングはラトレイの首位に変動はなく、2位には依然としてウィルソンが控えている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.37.267 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.658 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +1.02.962 DUNLOP user
4 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda +1.11.927 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +1.18.480 DUNLOP user
6 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.36.825 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda '36.14.253 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +4.052 DUNLOP user
3 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +45.678 DUNLOP user
4 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda +54.063 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +1.00.835 DUNLOP user
6 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.07.207 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.33.769 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +4.240 DUNLOP user
3 20 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +13.652 DUNLOP user
4 35 K.カニンハム DNA Shred Stix Yamaha +20.501 DUNLOP user
5 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +21.971 DUNLOP user
6 17 J・バーシア Geico Powersports Honda Honda +27.832 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.47.165 DUNLOP user
2 17 J・バーシア Geico Powersports Honda Honda +8.603 DUNLOP user
3 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +29.129 DUNLOP user
4 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha +30.098 DUNLOP user
5 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +30.863 DUNLOP user
6 139 M・スチュワート ARMA Suzuki City Suzuki +40.513 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 183 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 168 DUNLOP user
3 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 155 DUNLOP user
4 18 D・ミルサップス Muscle Milk Toyota JGR Yamaha 130  
5 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 118 DUNLOP user
6 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda 112 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 174 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 170 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 144 DUNLOP user
4 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 136 DUNLOP user
5 17 J・バーシア Geico Powersports Honda Honda 116 DUNLOP user
6 35 K.カニンハム DNA Shred Stix Yamaha 114 DUNLOP user