RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/6/25 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第5戦
コロラド州レイクウッド/サンダーバレー・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 28度 不明

ダンジーが2位/1位で今季初の総合優勝をゲット!




 デンバー近郊レイクウッドにあるサンダーバレー・モトクロスパークは、世界中で最も標高が高いコースの一つだ。近隣の町ボールダーがアスリートの高地トレーニング合宿地として知られているように、海抜約1,700mのレイクウッドも空気の希薄な土地柄である。このコースでは以前からキャブセッティングに苦労することが多かったが、フューエルインジェクションが普及した今でも、平地よりガソリンが沸騰しやすい状況は変わらず、各チームは対応に追われている。プラクティスの様子も他のコースとは異なり、各ライダーはタイムアタックよりもエンジンセッティングに時間を割き、頻繁にピットインを繰り返していた。
 丘陵地の片側に設けられたコースは、全周にわたって緩い傾斜が続き、平坦なセクションは皆無と言っていい。土質は変化に富んでいて、硬質でフラットな部分と掘り起こしてザクザクな部分がある。特にコーナーには深いワダチが出来やすく、加減速地点に増えるギャップとともにライン取りが重要なファクターとなる。今年は快晴に恵まれたが、例年よりも涼しく過ごしやすい週末になった。
 
 450クラスのヒート1は、クリスチャン・クレイグ(ホンダ)がホールショットを取り、チャド・リード(ホンダ)、ライアン・ビロポート(カワサキ)、ライアン・ダンジー(スズキ)、ジョシュ・グラント(ホンダ)が続く展開となった。2周目にはクレイグとリードが接触し、その隙を突いてビロポートが2位に浮上。3周目からはトップに立ったビロポートが、徐々に独走パターンを確立していった。
 6周目には5位走行中のグラントがヒザを痛めてリタイア。4位につけたクレイグも徐々に遅れが目立つようになり、2位争いはリードとダンジーに絞られることになった。レース中盤の9周目には、ダンジーがリードを抜いて2位に浮上。トップのビロポートは前半に蓄えた10秒以上の貯金を有効に使いながら、ダンジーの追撃から逃げ切った。今季3勝目のビロポートに8秒差でダンジー、そして大きく遅れたリードの順でフィニッシュした。
 
 450クラスのヒート2では、リード、ダンジー、ビロポートが揃って好スタート。その後ろにはケビン・ウィンダム(ホンダ)、ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)、ジミー・アルバートソン(ホンダ)が続いた。ウィンダムは前戦でスポット出場に区切りを付けるはずだったが、今大会にも引き続き参戦を果たしている。
 序盤の3〜4周にかけて上位に動きがあり、ダンジーを先頭に、ビロポート、リードという順に変わる。中盤以降はリードがペースダウンしてしまい、トップ争いは一騎打ちとなったが、ダンジーがビロポートを4秒弱離して優勝。この結果ダンジーが今季初となるオーバーオールウィン(2位/1位)を遂げた。


バゲットがパーフェクトウィン!



 250クラスのヒート1のホールショットは、ジャスティン・バーシア(ホンダ)が奪った。2位以下にはディーン・ウィルソン(カワサキ)、ダリン・デュラム(ホンダ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)、カイル・カニンハム(ヤマハ)、ギャレス・スワニプール(ヤマハ)が続いた。この中から抜け出したのがバゲット。5〜7周目にはバーシア、ウィルソンと絡む三つ巴のバトルを繰り広げ、トップに躍り出た後はバゲットがあっと言う間に独走態勢を作る。
 レース後半は、転倒もあって後退したバーシアに代わり、スタート10位のイーライ・トマック(ホンダ)が上昇。8周目にはバゲット、ウィルソン、トマックというトップ3になった。しかし縦に広がった上位にポジションの変動はなく、バゲットが今季4度目となるヒート優勝をものにした。
 
 250クラスのヒート2は、好スタートのバーシアに続いて、ランス・ビンセント(ホンダ)、ライアン・サイプス(ヤマハ)らが好位置につけた。オープニングラップの先陣争いの中で、バーシアが脱落しバゲットがトップに躍り出る。その後3周目には、ウィルソンが2位にジャンプアップ。6周目にはビンセントがリタイアし、中団スタートから追い上げてきたトマックが3位に浮上した。
 早々と独走パターンに持ち込んだバゲットは、レース後半になるとペースをクルージングモードに落としたが、それでもチームメイトのウィルソンに大差を付けて優勝。5個目のヒートウィンを飾るとともに、今季2度目の完全優勝を達成。フィニッシュジャンプでは、拳を高く突き上げて歓喜をあらわにした。この結果、ポイントリーダーにはウィルソンが再浮上。2位にタイラ・ラトレイ(カワサキ)、3位にバゲットというランキングに変わった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.48.432 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +8.472 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +43.608 DUNLOP user
4 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda +1.01.415 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +1.05.022 DUNLOP user
6 144 C・クレイグ Troy Lee Designs Lucas Oil Honda +1.07.665 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki '35.46.211 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +3.818 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +1.03.692 DUNLOP user
4 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda +1.07.103 DUNLOP user
5 12 T・ハーン Motoconcepts Yamaha Yamaha +1.14.175 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Muscle Milk Toyota JGR Yamaha +1.18.229  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '36.48.935 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +12.231 DUNLOP user
3 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +24.790 DUNLOP user
4 37 D・デュラム Total Manage Autosport Honda +35.598 DUNLOP user
5 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +38.987 DUNLOP user
6 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha +43.350 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.51.900 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +5.080 DUNLOP user
3 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +28.748 DUNLOP user
4 25 R・サイプス DNA Shred Stix Yamaha +41.800 DUNLOP user
5 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +51.222 DUNLOP user
6 37 D・デュラム Total Manage Autosport Honda +56.088 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 223 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 215 DUNLOP user
3 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 202 DUNLOP user
4 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda 148 DUNLOP user
5 18 D・ミルサップス Muscle Milk Toyota JGR Yamaha 145  
6 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 144 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 214 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 206 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 194 DUNLOP user
4 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 176 DUNLOP user
5 17 J・バーシア Geico Powersports Honda Honda 137 DUNLOP user
6 35 K.カニンハム DNA Shred Stix Yamaha 127 DUNLOP user