RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/7/2 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第6戦
ミシガン州ブキャナン/レッドバッド
天気 気温 観客
晴れ 26度 不明

ビロポートが転倒でつまずき、リードが総合優勝(1位/3位)を飾る!




 毎年7月4日の独立記念日の前後に開催されている「レッドバッド・ナショナル」は、AMAプロモトクロス選手権シリーズ中盤にそびえ立っているビッグイベントだ。今年は全12戦の6戦目にあたり、文字通りシリーズのターニングポイントとなっている。地元のヒーロー、マイク・ラロッコの名を冠したビッグジャンプと、深く掘り返した軟質路面がコースの特徴で、観客にもライダーにも人気の高い会場の一つだ。
 最近のタイムスケジュールでは、450ヒート1→250ヒート1→450ヒート2→250ヒート2という順に固定化されていたが、今回はテレビ中継の都合に合わせて250クラスから先にスタートするように変更された。コースコンディションは、大会前のウィークデーに断続的な降雨があったため、当日になっても午前中はウェットだったが、決勝レースが行われる午後には木陰や低地の部分を除いて概ねドライになった。
 
 450クラスのヒート1は、ジェイク・ワイマー(カワサキ)のホールショットで始まった。1周目にはライアン・ビロポート(カワサキ)がクラッシュし、ほぼ最後尾からの再スタートを強いられるハプニングがあった。オープニングラップのオーダーは、デイビー・ミルサップス(ヤマハ)を先頭に、チャド・リード(ホンダ)、ライアン・ダンジー(スズキ)、そしてワイマーを挟んでブレット・メットカーフ(スズキ)、ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)らが上位につけた。
 レース中盤まではミルサップスがトップの座を守ったが、7周目にはリードが先行。翌8周目にはリード、ダンジー、ミルサップスというオーダーに入れ替わった。後半になるとミルサップスの遅れが目立つ一方で、リードvsダンジーの一騎打ちが激しくなる。前戦の初勝利で自信を深めていたダンジーが最後まで食い下がったが、リードが1.5秒差で逃げ切り優勝。注目のビロポートは、転倒でヘルメットバイザーを失いながらも9位まで挽回してチェッカーを受けた。
 
 450クラスのヒート2では、ダンジーがホールショットを決めたが、2コーナーでビロポートが前に出る展開となった。3位にはリードがつけたが、マイク・アレッシ(KTM)に先行される。ビロポートはヒート1の屈辱を晴らすようなハイペースで飛ばし、序盤のうちに独走態勢に逃げ込んだ。
 レース中盤になると、10秒以上離された2位ダンジーは単独走行、3位アレッシの後ろにリードが控える形になった。9周目にはリードがアレッシをかわして3位に浮上したが、クレバーなプランで1分近い差のままフィニッシュ。ヒート2の勝者ビロポートが9位/1位、ダンジーが2位/2位だったが、リードは3位/1位でオーバーオールウィナーとなった。


バゲットが4連勝!2週連続パーフェクト!



 250クラスのヒート1では、好スタートを切ったジャスティン・バーシア(ホンダ)に続き、ライアン・サイプス(ヤマハ)、ディーン・ウィルソン(カワサキ)、ランス・ビンセント(ホンダ)、ウィル・ハーン(ホンダ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)らが上位集団を形成した。ハーンにとって今回は負傷後初レースだったが、チームメイトのイーライ・トマック(ホンダ)がプラクティスでクラッシュし、入れ替わるように出走を見合わせたのが残念だ。
 序盤4周目にはトップのバーシアが転倒し、オーダーはサイプス、ウィルソン、バゲットというトップ3に入れ替わった。前戦レイクウッドで2ヒートを制覇しているバゲットの勢いは凄まじく、8周目にはウィルソン、9周目にはサイプスをかわしてトップに浮上。終盤2位にはウィルソンが上がったが、バゲットが大差で逃げ切り優勝。3位サイプスに続いて、4位にはカイル・カニンハム(ヤマハ)。多くの声援を浴びて、ハーンが8位でチェッカーを受けた。
 
 250クラスのヒート2は、注目のハーンがホールショットを取ったが、オープニングラップ中にバゲットとウィルソンが先行。3位に下がったハーンに続き、ビンセント、タイラ・ラトレイ(カワサキ)がセカンドグループにつけた。3周目からはラトレイが3位に浮上し、プロサーキットが1-2-3フォーメーションを整えた。
 今シーズンの優勝杯はバゲット、ウィルソン、ラトレイの3人に独占されてきたが、その勢いは依然として衰えない。終盤になるとラトレイが遅れたが、バゲットvsウィルソンは比較的近い距離のまま走行。果たしてバゲットは前戦から4ヒート連続となる優勝で、パーフェクトを飾った。この結果、ポイントリーダーのウィルソンに変化はないが、バゲットがランキング2位に躍進している。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda '35.52.488 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.578 DUNLOP user
3 18 D・ミルサップス Muscle Milk Toyota JGR Yamaha +52.094  
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.13.802 DUNLOP user
5 10 J・ブレイトン Muscle Milk Toyota JGR Yamaha +1.22.287  
6 29 A・ショート Red Bull KTM KTM +1.28.187 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.56.724 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +10.482 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +59.143 DUNLOP user
4 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +1.00.589 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.16.916 DUNLOP user
6 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda +1.35.789 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.46.112 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +8.466 DUNLOP user
3 25 R・サイプス DNA Shred Stix Yamaha +13.723 DUNLOP user
4 35 K・カニンハム DNA Shred Stix Yamaha +26.826 DUNLOP user
5 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +39.746 DUNLOP user
6 37 D・デュラム Total Manage Autosport Honda +43.364 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '36.26.881 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +7.995 DUNLOP user
3 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +24.365 DUNLOP user
4 35 K・カニンハム DNA Shred Stix Yamaha +52.248 DUNLOP user
5 20 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +54.570 DUNLOP user
6 31 W・ハーン Geico Powersports Honda Honda +1.05.106 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 268 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 252 DUNLOP user
3 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 246 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 178 DUNLOP user
5 18 D・ミルサップス Muscle Milk Toyota JGR Yamaha 173  
6 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda 172 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 258 DUNLOP user
2 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 244 DUNLOP user
3 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 242 DUNLOP user
4 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 176 DUNLOP user
5 35 K.カニンハム DNA Shred Stix Yamaha 163 DUNLOP user
6 20 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 143 DUNLOP user