RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/7/16 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第7戦
ミネソタ州ミルビル/スプリングクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
曇りのち晴れ 29度 不明

地元ミルビルでダンジーが総合優勝を果たす




 開催日程が8月中旬から7月中旬に変更されて以来、近年のミルビルは天候不順に悩まされている。一昨年は摂氏20度に満たない異常低温、昨年は蒸し暑さが戻ったが、夕方になってヒョウ混じりのにわか雨に襲われた。今年は前日までに大量の降雨があり、金曜日にはパドック設営もままならないチームがあったほどだった。幸いレース当日の土曜には雨が止んだが、午前中のプラクティス中はほぼ全周がマディだった。
 スプリングクリーク・モトクロスパークは、低地を走る前半はサンド質、山のアップダウンに差し掛かる後半は粘土質の硬質路面という多様性を持ったコースだ。どの部分に合わせるかタイヤ選びに悩むところだが、今年は降雨の後でサンドが硬めに締まり、粘土は表面がツルツルの状態になった。難所として知られる長いサンドフープスは、なめる走法が主体となり、例年よりもフロントサスを硬めにセッティングするチームが多かった。
 
 450クラスのヒート1は、チャド・リード(ホンダ)、ライアン・ダンジー(スズキ)に続いて、スタート3位につけたトレイ・カナード(ホンダ)が注目された。スーパークロスシーズン終盤に大腿骨を折って欠場していたカナードにとって、今回はアウトドア初レースとなる。そのカナードの後方には、マイク・アレッシ(KTM)、ブレット・メットカーフ(スズキ)、ライアン・ビロポート(カワサキ)が続く。
 レースはリードとダンジーの2台が、3位以下を引き離す形で進む。しかし後半になるとリードが独走を決め込み、地元ミネソタ出身のダンジーを押さえて優勝。3位のポジションはカナードからアレッシ、そしてビロポートと入れ替わったが、上位2台に脅威を与えないままチェッカーとなった。
 
 450クラスのヒート2では、リード、ビロポート、ダンジー、カナードらが好スタートを切った。ところが1周目の途中にあるビッグジャンプで、トップのリードがクラッシュ。空中でマシンと泣き別れになったリードには、幸い大きなダメージはなく、34位で再スタートすることができた。リードの自滅によってトップはビロポートに代わった。
 レース前半は7秒ほどのアドバンテージを築いたビロポートだったが、ワンミスでダンジーの接近を許してしまう。中盤になるとダンジーの猛追が始まり、14周目にはビロポートの転倒によってトップが入れ替わった。残る4周はダンジー、ビロポート、カナードが各々単独走行となりチェッカーへ。ダンジーにとって今回は何としても勝ちたかったレースだったが、果たして2位/1位の総合優勝を物にした。なお、最後尾から追い上げたリードは、周遅れになりながらも14位で完走し、ポイントリーダーの座を維持している。


ラトレイが総合優勝!ウィルソン首位安泰



 250クラスのヒート1は、カイル・カニンハム(ヤマハ)のホールショットで始まったが、すぐにディーン・ウィルソン(カワサキ)がリードを奪うオープニングとなった。3位以下にはタイラ・ラトレイ(カワサキ)、ライアン・サイプス(ヤマハ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)らが続く。5周目にはラトレイが2位に浮上し、チームメイト同士の息詰まるトップ争いが繰り広げられた。
 レース中盤はウィルソンが一時リードを拡大したが、終盤になるとラトレイが急接近。ファイナルラップは手に汗握るバトルになったが、ウィルソンが僅差で逃げ切り優勝。2位ラトレイから30秒以上遅れて、3位にはバゲットが入った。
 
 250クラスのヒート2では、またしてもカニンハムがホールショット。ラトレイ、ウィルソンを挟んで、アレックス・マーティン(ホンダ)、ジャスティン・バーシア(ホンダ)が続いた。バーシアはヒート1でクラッシュした際に鼻を骨折したが、応急処置をしてこのスターティンググリッドに並んだ。
 その後トップ争いはラトレイvsウィルソンというヒート1の裏返しになったが、淡々と周回を重ねるラトレイは次第にウィルソンを引き離していった。このレースでの注目はスタート21位と出遅れたバゲットだったが、上位陣を上回るハイペースで猛然と追い上げたバゲットは、終盤12周目には3位に浮上。残り時間があれば、2位ウィルソンまで届きそうな勢いだったが、結局ラトレイ、ウィルソン、バゲットの順のままチェッカーフラッグを受けた。1位/2位のウィルソンに対し、2位/1位と同点のラトレイが総合優勝をゲット。ランキング首位はウィルソンが守っている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda '34.39.733 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +9.186 DUNLOP user
3 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +30.694 DUNLOP user
4 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +41.545 DUNLOP user
5 41 T・カナード American Honda Racing Honda +47.405 DUNLOP user
6 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.06.271 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki '36.30.997 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +29.985 DUNLOP user
3 41 T・カナード American Honda Racing Honda +50.597 DUNLOP user
4 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +58.948 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.08.058 DUNLOP user
6 32 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.13.762 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.51.698 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +0.661 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +37.729 DUNLOP user
4 35 K・カニンハム DNA Shred Stix Yamaha +1.01.878 DUNLOP user
5 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha +1.20.113 DUNLOP user
6 20 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1.31.809 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.47.613 DUNLOP user
2 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +9.565 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +28.745 DUNLOP user
4 35 K・カニンハム DNA Shred Stix Yamaha +40.552 DUNLOP user
5 46 A・マーティン Eleven 10 Mods Honda +48.327 DUNLOP user
6 17 J・バーシア Geico Powersports Honda Honda +1.01.688 DUNLOP user

第7戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 300 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 294 DUNLOP user
3 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 293 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 209 DUNLOP user
5 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda 193 DUNLOP user
6 18 D・ミルサップス Muscle Milk Toyota JGR Yamaha 173  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 305 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 289 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 284 DUNLOP user
4 35 K.カニンハム DNA Shred Stix Yamaha 199 DUNLOP user
5 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 190 DUNLOP user
6 20 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 170 DUNLOP user