RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/7/23 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第8戦
ワシントン州ワシューガル/ワシューガル・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 28度 不明

リード陥落、ビロポートがランキング首位に!




 今シーズンは東部ラウンドを転戦中に雨が多く、特にブキャナン、ミルビルではレース前日の金曜日が大雨に見舞われていたが、西海岸に戻ってきた今回は久しぶりの好天となった。ワシューガル・モトクロスパークは、ワシントンとオレゴンの州境近くにあり、真夏の晴れた日でも東部のような蒸し暑さにはならない。大半が針葉樹林に覆われているマウンテンコースだということもあり、ライダーやファンにとって避暑地のようなモトクロス場だと言えるだろう。
 ワシューガルはそのような親しみやすい顔と、テクニック的には非常に難しい両面を持ち合わせている。全体的にグリップが良さそうに見える黒土だが、実は滑りやすくてトラクションに神経を使う。それが従来のワシューガル評だったが、今回は新たに大量のサンドを混ぜ合わせ土質改善が試みられた。そのためアップダウンの多いマウンテンコースには、例年よりも砂塵が多めに舞う部分があった。
 
 450クラスのヒート1では、ライアン・ビロポート(カワサキ)、ライアン・ダンジー(スズキ)、トレイ・カナード(ホンダ)らが好スタートを切った。ランキング首位のチャド・リード(ホンダ)は出遅れ、名所の「ホースパワーヒル」に差しかかる前の2コーナーで進路をふさがれ、1周目14位に沈んでしまった。トップのビロポートは予選の時から乗れていて、序盤のうちにダンジーを突き放すハイペースを発揮した。
 中盤になるとダンジーの巻き返しが始まり、一時は4秒まで広がった1〜2位の差が徐々に詰まりだす。周遅れが出てきたこともあり、終盤にはビロポートとダンジーのトップ争いがテールtoノーズに発展。14周目にはダンジーがビロポートに勝負をしかけたが、コーナーで転倒。これでビロポートの優勝が決定的となった。トップ攻略に失敗したダンジーだが、2位のポジションはキープ。大差の3位にはカナードが入賞した。注目のリードは7位にとどまった。
 
 450クラスのヒート2は、ビロポートがホールショットを取ったが、スタート直後にカナードがクラッシュして重傷を負ったため、赤旗中断となった。再スタートのホールショットはダンジー。その後にビロポート、ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)、ブレット・メットカーフ(スズキ)、そしてリードが上位グループにつけた。序盤リードは3位まで浮上するが、ベストコンディションには程遠くメットカーフに先行を許した。
 レース後半になると、ダンジー、ビロポート、メットカーフが縦に広がり、トップ3の順位が確定する。このヒート2を独走でフィニッシュしたダンジーは、2位/1位で今回の総合優勝をゲット。一方のビロポートは1位/2位だった。この結果、ビロポートがランキング首位に浮上。1ポイント差の2位にダンジー、9ポイント差の3位にリードと変動した。


バゲットが総合優勝(1/3)を飾る!



 250クラスのヒート1は、ジャスティン・バーシア(ホンダ)がホールショットを取ったが、オープニングラップの混戦の中でトップはブレイク・バゲット(カワサキ)、そしてライアン・サイプス(ヤマハ)と入れ替わった。しかしサイプスのリードも10分すぎまで。5周目からはバゲットがトップに立ち、独走態勢に持ち込んだ。
 レース中盤になると、カイル・カニンハム(ヤマハ)、タイラ・ラトレイ(カワサキ)、トミー・ウィーク(ホンダ)らがセカンドグループを形成。10周目にはラトレイが2位に浮上したが、10秒以上のマージンを築いたバゲットには届かない。こうしてバゲット、ラトレイ、カニンハム、バーシアの順でフィニッシュ。5位にはスタート13位から挽回したディーン・ウィルソン(カワサキ)が入った。
 
 250クラスのヒート2は、そのウィルソンがうっぷんを晴らすようなスタートダッシュを決め、ヒート1の勝者バゲットが9位と出遅れる展開となった。オープニングラップ2位にはランス・ビンセント(ホンダ)がつけていたが、ラトレイにかわされて後退。4周目にはギャレス・スワニプール(ヤマハ)が3位にアップした。
 中盤のレース展開は、チームメイト同士のウィルソンとラトレイが1-2態勢で快走し、スワニプールが徐々に離されながらも3位をキープという形。ここにバゲットが追い付き、13周目には3位に食い込んだ。終盤はラトレイが激しく攻め、ファイナルラップにはウィルソンに並びかけたが、わずかのところで逆転はならずウィルソンが優勝した。この結果、オーバーオールは1位/3位のバゲットが手中に収めた。ランキング首位の座は依然としてウィルソンが守っている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '36.04.799 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +7.027 DUNLOP user
3 41 T・カナード American Honda Racing Honda +46.351 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.02.292 DUNLOP user
5 29 A・ショート Red Bull KTM KTM +1.07.653 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン Muscle Milk Toyota JGR Yamaha +1.20.748  
7 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +1.31.657 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki '32.41.426 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +12.590 DUNLOP user
3 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +29.085 DUNLOP user
4 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +38.379 DUNLOP user
5 10 J・ブレイトン Muscle Milk Toyota JGR Yamaha +39.208  
6 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +40.342 DUNLOP user
7 12 T・ハーン Motoconcepts Yamaha Yamaha +1.00.218 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.09.562 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +11.708 DUNLOP user
3 35 K・カニンハム DNA Shred Stix Yamaha +19.317 DUNLOP user
4 17 J・バーシア Geico Powersports Honda Honda +31.261 DUNLOP user
5 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +36.090 DUNLOP user
6 55 T・ウィーク Motosport Hillsboro Honda +37.270 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.52.816 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +0.645 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +25.496 DUNLOP user
4 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha +31.461 DUNLOP user
5 23 M・ダバロス Rockstar Suzuki Suzuki +38.634 DUNLOP user
6 46 A・マーティン Eleven 10 Mods Honda +44.368 DUNLOP user

第8戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 341 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 340 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 332 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 247 DUNLOP user
5 14 K・ウィンダム Geico Powersports Honda Honda 193 DUNLOP user
6 29 A・ショート Red Bull KTM KTM 183 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 346 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 333 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 329 DUNLOP user
4 35 K.カニンハム DNA Shred Stix Yamaha 233 DUNLOP user
5 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 201 DUNLOP user
6 20 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 187 DUNLOP user