RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/8/13 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第9戦
ニューヨーク州ニューベルリン/ユナディラバレー・スポーツセンター
天気 気温 観客
晴れのち曇り 29度 不明

ビロポートが今季初のパーフェクト




 今年で創立42年目を迎えたユナディラは、アメリカ最古のモトクロスコースの一つ。これまでに数多くのAMAナショナルやUSGPがここで開催され、レジェンドが生まれてきた。中でも人々の記憶に残っているのが、1987年のモトクロス・デ・ナシオン(現在はモトクロス・オブ・ネイションズ)。ボブ・ハンナ、リック・ジョンソン、ジェフ・ワードからなるチームUSAは、マディ地獄と化した地元で劇的な優勝を果たした。
 今週末そのユナディラでは、9月に行われるフランス大会に派遣されるメンバーが発表された。今年はライアン・ビロポート(カワサキ)、ライアン・ダンジー(スズキ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)の3人が、アメリカ代表としてモトクロス・オブ・ネイションズに出場する。いずれも現在の450と250クラスで首位争いを展開中のライダーで、会場における盛り上がりは例年に勝るとも劣らない。ネイションズの話題以外にも、ジャスティン・バーシア(ホンダ)の450デビューなど見どころが豊富だった。バーシアはトレイ・カナード(ホンダ)とジョシュ・グラント(ホンダ)が欠場中のアメリカン・ホンダに代打として抜擢された。
 ユナディラは自然の地形を生かしたヨーロッパ的なコースで、石の多いハード路面が特徴の一つだが、今回は路面が念入りに掘り起こされたため、ワダチの多いコンディションになった。
 
 450クラスのヒート1では、注目のバーシアがホールショットをゲット。クリスチャン・クレイグ(ホンダ)、ジェイク・ワイマー(カワサキ)を挟んで、ダンジーとビロポートが4〜5位につけた。スタートから10分ほどで、トップ争いはバーシアvsビロポートという状況になり、7周目には逆転。中盤以降はトップに立ったビロポートが、独走状態をキープすることとなった。
 レース終盤はペースが衰えたバーシアが、ダンジーに捕まりポジションチェンジ。ダンジーはスタート直後のミスで大きくタイムロスをしていたが、それがなければ違った展開になっていたかもしれない。フィニッシュ順はビロポート、ダンジー、バーシア、そして大差の4位にチャド・リード(ホンダ)が入った。
 
 450クラスのヒート2は、マイク・アレッシ(KTM)、ワイマー、バーシアの好スタートで始まった。ビロポートはオープニングラップ5位、ダンジーは6位、リードは8位からのレースになったが、3周目にはビロポートがトップに躍り出た。やがて2位にバーシア、3位にはダンジーが浮上したが、ダンジーがバーシア攻略に手こずる間にビロポートの独走を許した。
 トップ3に変動がないままレース終盤を迎えたが、ファイナルラップにダンジーがバーシアと捕えて逆転。ビロポート、ダンジー、バーシアの順でチェッカーとなった。ビロポートは今シーズン初のパーフェクトウィンにより、1ポイント差だったダンジーを7ポイント差に突き放した。リードは挽回の途中に転倒もあって5位と低迷。チャンピオン争いからは大きく後退した。


ウィルソンがパーフェクトで首位固め



 250クラスのヒート1では、ギャレス・スワニプール(ヤマハ)がホールショットを取り、ディーン・ウィルソン(カワサキ)が背後につけた。アメリカ代表のバゲットも好スタートを決めたが、転倒で7位まで後退。ウィルソン、バゲットとともに三つ巴の首位争いをしているタイラ・ラトレイ(カワサキ)も、序盤の転倒で10位と出遅れた。
 3周目にはウィルソンがトップに。スワニプールを挟んで3位には、新人のジャスティン・ボーグル(ホンダ)がポジションアップ。レース後半になると、ここにバゲットとラトレイが追い付いてきたが、トップのウィルソンは10秒以上のマージンをもって独走しており、ポジションの変動は起きなかった。ウィルソン、バゲット、ラトレイの順でフィニッシュ。
 
 250クラスのヒート2では、長い欠場からカムバックしたジミー・デコティス(ホンダ)がホールショット。以下ウィルソン、カイル・カニンハム(ヤマハ)、ボーグル、イーライ・トマック(ホンダ)らがトップグループを形成した。バゲットは11位からの挽回となったが、チームメイトでありライバルでもあるラトレイは、2周目の転倒でリタイアを喫し、チャンピオン争いからは大きく脱落してしまった。
 ウィルソンは3周目以降リーダーとなり、トマックとボーグルが離されながらも追走。この背後にカニンハムとバゲットが迫り、3位争いが激しくなったが、後半11周目にバゲットが3位に浮上。こうしてウィルソン、トマック、バゲットの順位が確定した。今シーズンのウィルソンにはヒート優勝のみで総合優勝がなかったが、シリーズ終盤の大事な一戦でようやく達成。しかもパーフェクトウィンという最高の形で、ランキング首位を固めることに成功した。ウィルソンのポイントリードは25点になっている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '34.38.958 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +6.743 DUNLOP user
3 17 J・バーシア American Honda Racing Honda +8.441 DUNLOP user
4 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +54.684 DUNLOP user
5 32 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +56.774 DUNLOP user
6 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.02.594 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.24.349 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +8.433 DUNLOP user
3 17 J・バーシア American Honda Racing Honda +20.905 DUNLOP user
4 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +59.743 DUNLOP user
5 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +1.04.887 DUNLOP user
6 32 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.05.688 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.39.659 DUNLOP user
2 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +10.567 DUNLOP user
3 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +12.959 DUNLOP user
4 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha +19.319 DUNLOP user
5 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +20.629 DUNLOP user
6 891 J・ボーグル Geico Powersports Honda Honda +35.150 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.59.352 DUNLOP user
2 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +9.680 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +33.478 DUNLOP user
4 35 K・カニンハム DNA Shred Stix Yamaha +36.543 DUNLOP user
5 23 M・ダバロス Rockstar Suzuki Suzuki +38.389 DUNLOP user
6 891 J・ボーグル Geico Powersports Honda Honda +59.736 DUNLOP user

第9戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 391 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 384 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 366 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 262 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM 210 DUNLOP user
6 29 A・ショート Red Bull KTM KTM 196 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 396 DUNLOP user
2 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 371 DUNLOP user
3 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 353 DUNLOP user
4 35 K.カニンハム DNA Shred Stix Yamaha 264 DUNLOP user
5 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 239 DUNLOP user
6 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha 200 DUNLOP user