RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/9/3 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第11戦
ペンシルバニア州デルモント/スティールシティ・レースウェイ
天気 気温 観客
晴れ 34度 不明

ビロポートが完全優勝でタイトルに王手!




 ハリケーンの影響で大荒れのマディレースとなった第10戦サウスウィックから1週間が経過した今大会は、一転して強い日差しが照り付ける好天の下で行われた。ただし例年と比べると異様に蒸し暑く、高温多湿のサバイバルレースとなった。
 スティールシティ・レースウェイは、緩やかな起伏を利用したアップダウンに富むコースで、中でもスカイコースターズの異名を取る登り6連ジャンプなどが名所となっている。また逆バンクが多いためスロットルコントロールが難しく、この辺りもテクニカルコースと呼ばれるポイントになっている。今週末のコンディションはドライでハードパックだが、掘り起こした路面にワダチができて固まった部分が随所にあった。
 
 450クラスのヒート1は、ライアン・ビロポート(カワサキ)のホールショットで始まった。だが、すぐにジャスティン・バーシア(ホンダ)、ライアン・ダンジー(スズキ)の先行を許し、1周目から激しい先陣争いが行われる。オープニングラップのオーダーは、ダンジー、ビロポート、バーシアのトップ3を、ブレット・メットカーフ(スズキ)、ジェイク・ワイマー(カワサキ)、チャド・リード(ホンダ)が追う形となった。
 やがてトップ争いからはバーシアが脱落し、ダンジーvsビロポートの一騎打ちへと状況が変わる。ビロポートが仕掛け、ダンジーが堪えるという攻防を何度も繰り返しながら、両者の距離は0.5〜2.0秒の間で推移した。そして勝敗の行方はチェッカー目前の最終コーナーへ。周遅れの存在もあったが、イン側を押さえたダンジーのアウトからビロポートが前に出てフィニッシュ。最後の最後で逆転したビロポートが、ダンジーを下した渾身の勝利だった。
 
 450クラスのヒート2では、ホールショットのダンジーをかわしたビロポートが、1周目からトップに立った。序盤2位にはリードが浮上したが、4周目以降はダンジーがカムバック。しかしビロポートの逃げ足は速く、わずか数周で15秒以上の独走状態となっていた。
 レース後半はヒート1とは打って変わり、上位のライダーが縦に広がる展開で、各々が単独走行となった。終盤ビロポートは、2位ダンジーを20秒差、3位リードを1分差と突き放し、圧倒的な勝利を収めた。今大会のパーフェクトウィン(1/1)によって、ビロポートはダンジーに対するポイントリードを8点差から14点差へとし、次週パラで行われる最終戦でのタイトル獲得に向けて優位に立った。


ウィルソンが最終戦を待たずチャンピオンに!



 250クラスのヒート1は、ポイントリーダーのディーン・ウィルソン(カワサキ)が、スタートトゥフィニッシュを演じるレースとなった。オープニングラップ、ウィルソンの直後にはジャスティン・ボーグル(ホンダ)、ライアン・サイプス(ヤマハ)、ジミー・デコティス(ホンダ)、イーライ・トマック(ホンダ)が付けていたが、チャンピオン争いに絡むタイラ・ラトレイ(カワサキ)はスタート6位、ブレイク・バゲット(カワサキ)は13位と出遅れた。
 レース後半になると、ボーグルに代わってトマックが2位にアップしたが、ウィルソンは10秒前後のリードを保って独走。終盤3位にはマービン・ムスキャン(KTM)が浮上したが、トマックを脅かすまでには至らず。ムスキャンの後にはラトレイも続いたが、追撃も4位どまり。スタートからレースを支配してきたウィルソンがそのまま逃げきり、優勝を物にした。
 
 250クラスのヒート2では、ムスキャンがホールショットを取ったが、トマックとウィルソンが1周目から前に出た。バゲットはスタート6位、ラトレイは7位とまずまずのポジションを確保。ここからトップ争いへの参入が期待されたが、4周目にバゲットが転倒。上位はトマック、ウィルソン、ムスキャン、ラトレイという形になった。序盤から激しいトップ争いが続いたが、6周目にウィルソンがトマックをかわすと徐々に独走へ持ち込む。
 レース後半になると、2〜3位、3〜4位の間隔も開き、ウィルソンは余裕で完全優勝(1/1)のチェッカーを受けた。ポイントリーダーのウィルソンは、今大会に38ポイントの貯金を持って臨んでいたが、ランキング2位のラトレイが4/4に留まり52ポイント差となったため、最終戦を待たずにチャンピオンが確定。チームメイト3人の間で争われた250クラスのタイトルは、スコットランド出身のウィルソンが掌中に収めた。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '36.42.749 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +0.559 DUNLOP user
3 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.22.244 DUNLOP user
4 17 J・バーシア American Honda Racing Honda +1.27.006 DUNLOP user
5 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +1.39.125 DUNLOP user
6 32 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.40.417 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '37.43.923 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki +16.530 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda +1.01.745 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki +1.08.943 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM +1.18.212 DUNLOP user
6 32 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.22.971 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.39.328 DUNLOP user
2 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +9.965 DUNLOP user
3 125 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +14.334 DUNLOP user
4 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +18.100 DUNLOP user
5 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +27.251 DUNLOP user
6 891 J・ボーグル Geico Powersports Honda Honda +43.382 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.55.572 DUNLOP user
2 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda +6.240 DUNLOP user
3 125 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +16.544 DUNLOP user
4 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +26.635 DUNLOP user
5 20 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +31.967 DUNLOP user
6 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha +40.097 DUNLOP user

第11戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 481 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Rockstar Makita Suzuki Suzuki 467 DUNLOP user
3 22 C・リード TwoTwo Motorsports Honda 402 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Rockstar Makita Suzuki Suzuki 342 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Red Bull KTM KTM 272 DUNLOP user
6 32 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki 251 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 488 DUNLOP user
2 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 436 DUNLOP user
3 57 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 427 DUNLOP user
4 19 E・トマック Geico Powersports Honda Honda 290 DUNLOP user
5 35 K・カニンハム DNA Shred Stix Yamaha 283 DUNLOP user
6 387 G・スワニプール DNA Shred Stix Yamaha 270 DUNLOP user