RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/9/11 第4戦 アジア ロードレース選手権 日本 オートポリス
天気 気温 観客
晴れ 26.2度 14,100人

レース1/デチャ・クライサルト選手(ヤマハ)が前戦から3連勝!


 

 

 

ペトロナス・アジア選手権第4戦日本ラウンドは、9月10日・11日に大分県オートポリスで開催された。今期からアジア選手権に参戦、ここまでランキングトップの藤原克昭選手(カワサキ)にとっては母国レースであり、カワサキのホームコースでの開催だ。
金曜の予選で藤原選手がポール・ポジションを獲得、レース1に臨んだが、ホールショットを奪ったのはワイルドカードで参戦、予選3位スタートの大崎誠之選手(ヤマハ)だ。しかしその大崎選手は3周目の最終コーナー立ち上がりで転倒。2位につけていた藤原選手がトップに立ち、後続を少しずつ引き離していく。独走で母国ウインを飾ると思われた8周目、ホームストレートで藤原選手をマシントラブルが襲う。2分2秒台までラップタイムを落とすが、我慢の走りでゴールまで導き9位フィニッシュ、チャンピオンシップに貴重な7ポイントを獲得し、ポイントリーダーを守った。
12ラップのレースを制したのは、前戦インドラウンドでパーフェクトウインを飾っているデチャ・クライサルト選手(ヤマハ)が3連勝を手にした。デチャ選手は今期、チャランポン選手と共に全日本ロードレース選手権ST600クラスにフル参戦。ここオートポリスで6月に開催されたレースでは、スタート直後に接触・転倒、リタイヤとなったが、見事その雪辱を晴らした。2位にはアズラン・シャー選手(ホンダ)、3位にはH.アブダラ選手(ヤマハ)が入った。
 
デチャ・クライサルト選手のインタビュー
「ここで勝てて、とても嬉しいです。6月の全日本でここを走った時はクラッシュし負傷しましたからね。予選ではエンジンの問題から良いセットアップが見つからず、3列目からのスタートとなりました。難しいレースでしたが、良いスタートを切ることだけに集中しました。結果、レースに勝てて自信も取り戻しました。明日のレース2も勝ちたいですね。」
 
レース2/藤原克昭選手(カワサキ)が今期5勝目!
快晴の日曜日、レース2ではスポット参戦の岡村光矩選手(ホンダ)がホールショット。大崎選手(ヤマハ)、藤原選手(カワサキ)、デチャ選手(ヤマハ)と続く。3周目には大崎選手が岡村選手をパスし、トップへ。岡村選手(ホンダ)はその後徐々に順位を下げ、7位フィニッシュに終わった。
レース4周目から藤原選手がペースアップ。7周目のホームストレートエンドで大崎選手をかわしトップに立つと、そのまま一度もトップを譲ることなくファイナルラップへ。レース1の雪辱を晴らしトップチェッカー、今期5勝目を母国で飾った。2位には大崎選手、3位にH. アブダラ選手(ヤマハ)が入った。チャンピオンシップを争うランキング2位のアズラン・シャー選手(ホンダ)は6位に終わり、藤原選手はその差を32.5ポイントに広げ、ランキングトップで日本ラウンドを終えた。シーズンは残り2戦、10月の中国と11月のカタールで決着する。
 
藤原選手のインタビュー
「レース2に関しては、中国とカタールの事も考えて私達は予備の新エンジンを使用しました。エンジンはまだ新しく、前のエンジンと比べてもコントロールが難しかったです。それに加え大崎選手とのバトルで、とてもタフなレースになりました。大崎選手はとても速いライダーですからね。昨日はエンジンにトラブルを抱えていましたが、チームが大変頑張ってくれました。また、このエンジンを開発するためにハードワークをしてくれた開発チームへも感謝しています。その結果日本で、そしてカワサキのホームコースで優勝できて大変嬉しいです。応援してくれた多くのファンの方々の声援も嬉しかったです。 次戦の中国・珠海国際サーキットは走ったことが無いコースで、しっかりコースについて学ぶ必要がありますね。頑張って表彰台を狙いたいですし、出来れば優勝を飾りたいです。」


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Decha Kraisart Yamaha Thailand Racing Yamaha `23.32.585 DUNLOP user
2位 Azlan Shah Kamaruzaman Boon Siew Honda Racing Malaysia Honda `23.34.004 DUNLOP user
3位 Hafizh Syahrin Abdullah PETRONAS Syntium Moto
Yamaha Raceline
Yamaha `23.37.428 DUNLOP user
4位 伊藤 勇樹 Dog Fight Racing Yamaha Yamaha `23.39.546 DUNLOP user
5位 浜口 俊之 Moto-Rev India Yamaha `23.42.245 DUNLOP user
6位 Md Zamri Baba PETRONAS Yamaha Malaysia Yamaha `23.42.332 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 藤原 克昭 Manual‐Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki `23.34.830 DUNLOP user
2位 大崎 誠之 PETRONAS Yamaha Malaysia Yamaha `23.34.839 DUNLOP user
3位 Hafizh Syahrin Abdullah PETRONAS Syntium Moto Yamaha Raceline Yamaha `23.35.533 DUNLOP user
4位 津田 拓也 WestPower Suzuki `23.36.538 DUNLOP user
5位 Chalermpol Polamai Yamaha Thailand Racing Yamaha `23.36.910 DUNLOP user
6位 Azlan Shah Kamaruzaman Boon Siew Honda Racing Malaysia Honda `23.38.557 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 藤原 克昭 Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki 146.5 DUNLOP user
2位 Azlan Shah Kamaruzaman Boon Siew Honda Racing Malaysia Honda 114 DUNLOP user
3位 Decha Kraisart Yamaha Thailand Racing Yamaha 82.5 DUNLOP user
4位 Md Zamri Baba PETRONAS Yamaha Malaysia Yamaha 75 DUNLOP user
5位 浜口 俊之 Moto-Rev India Yamaha 64 DUNLOP user
6位 Doni Tata Pradita Yamaha Indonesia Racing Yamaha 63.5 DUNLOP user