FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/7/3 第8戦 イタリア ムジェロ
天気 気温 観客
晴れ 27度 83,748人

マルケス選手が接戦を制して2連勝を決める






アッセンラウンドから5日後、イタリア中部のムジェロサーキットで第8戦が行われた。
 
初日はドライコンディションで走行したが、翌土曜日の予選はウェットコンディションで始まる。雨は止み、徐々に路面が乾いていくなかで激しいタイムアタック合戦が展開された。
ポールポジションを獲得したのは、前回のウィナー、M・マルケス選手(Suter)。「いいセッティングができたので自信があるよ。路面が乾いていく難しいコンディションだった。ラストラップにタイムが出ると思ってプッシュして最速タイムを出せたよ」とマルケス選手は語った。 続いて、A・デ・アンジェリス選手(Motobi)が、今季初のフロントロー2番手。そして、B・スミス選手(Tech3)も今季初のフロントロー3位をつかんだ。
ランキングトップのS・ブラドル選手(Kalex)は最後にアタックをかけたが、ゴール直前にガス欠となりタイム更新ならず。7番手となる。「がっかりしたが、そんなに悪い順位じゃない。ドライでもよく走れているから明日は全力を尽くします」とブラドル選手。
また、高橋裕紀選手(Moriwaki)は、15位となっている。
「今回、天候が変わって、ドライでも雨でもセッティングを詰め切れなかった。明日はスタートを決めて、ひとつでも前でゴールしたいと思います」と高橋選手は語った。
 
決勝当日は、イタリアらしい晴天に恵まれた。
スタートが切られると、マルケス選手がホールショット。スミス選手が後ろから続き、デ・アンジェリス選手、X・シメオン選手(Tech3)、ブラドル選手などが続く。ブラドル選手はすぐに3位に浮上。
マルケス選手、スミス選手、ブラドル選手、デ・アンジェリス選手の4台が先頭集団となる。
6周目にブラドル選手はスミス選手をパス。さらに、8周目の1コーナーでマルケス選手を抜き去るとトップに躍り出る。マルケス選手、スミス選手、デ・アンジェリスも離されずについていく。
11周目に入ると再びマルケス選手がトップを奪回。ブラドル選手、スミス選手、デ・アンジェリス選手のオーダーで続き、後方からA・イアンノネ選手(Suter)も徐々に追い付いてくる。
13周目には、マルケス選手、デ・アンジェリス選手、ブラドル選手、スミス選手、イアンノネ選手の5台の戦いになる。
レース終盤に向けて、デ・アンジェリス選手が遅れ始め、トップ争いは4台に。残り3周になるとイアンノネ選手も遅れ始め、最後はマルケス選手、ブラドル選手、スミス選手がデッドヒートを開始する。
マルケス選手がリードしていくが、ブラドル選手と何度もトップを入れ替え、スミス選手もすぐ後ろにつける。
最終ラップに入っても3台が激しい攻防を繰り広げ、最終コーナーにはマルケス選手、ブラドル選手、スミス選手の順で突入。マルケス選手はそのままトップを守り切り2連勝を飾った。
「ブラドル選手との戦いになると思っていたけど、スミス選手、デ・アンジェリス選手も加わって大変だった。最後はとにかくプッシュしてトップを守ったよ」」とマルケス選手。
続いて、ブラドル選手が2位を獲得。「また表彰台に戻れてうれしい。最後はマルケス選手を抜きたかったけど、彼は速くてできなかったよ。次は地元レースだから、楽しみです」とブラドル選手。
 
続いて、スミス選手が3戦連続の表彰台3位となった。「アッセンの後、車体を少し修正してもらってよくなったよ。とにかくベストを尽くした。3戦連続で表彰台に上がれてうれしい」とスミス選手。
3台がコンマ34秒差でゴールラインになだれ込む大接戦だった。
この結果、首位のブラドル選手と2位マルケス選手の差は52点となっている。
また、高橋選手は序盤から苦戦していたが、粘り強く追い上げると14位ポイント圏内でゴールした。「今週はずっとうまくいかなかった。セッティングを変えすぎて、結局リズムをつかめなかった。1周目に転びそうになって遅れてしまって、追い上げるのが精一杯だった」と高橋選手は語った。


復帰したテロール選手が今季5勝目を決める






125クラスの走行は、初日はドライコンディションで行われたが、翌日の予選の途中で雨が降り出してしまう。
路面状況のいいうちに好タイムを出していたJ・ザルコ選手(デルビ)が初のポールポジションを獲得した。
「ラッキーでした。雨がぽつぽつ降ってきたとき、ストレートでサロム選手、ヴィニャーレス選手の後ろにいて、スリップストリームを使えたことでいいタイムが出たと思う。ドライになれば、テロール選手が速いと思うから、彼について行きたいです。」とザルコ選手は語った。
2番手にL・サロム選手(アプリリア)が続き、初のフロントローを獲得。続いて3番手にS・ガデア選手(アプリリア)が入った。
また、首位のN・テロール選手は右手小指のケガから復帰して5番手。ランキング2位のJ・フォルガー選手(アプリリア)は21番手に沈んでしまった。
 
スタート良く飛び出したのはテロール選手で、ザルコ選手、サロム選手、ガデア選手などが続く。テロール選手が逃げ切りを図り、ザルコ選手がぴたりと後方につける。サロム選手、M・ヴィニャーレス選手(アプリリア)、E・バスケス選手(デルビ)、H・ファウベル選手(アプリリア)の4台が2位集団を形成。僅差の戦いを見せていく。
レース中盤、トップのテロール選手、ザルコ選手は依然としてテールトゥノーズ。3位争いはヴィニャーレス選手がリードし、バスケス選手)、ファウベル選手、サロム選手と続く。
11周目、ザルコ選手がテロール選手を抜き去りトップに浮上。テロール選手も離されずに付いていく。
セカンドグループは、ヴィニャーレス選手、バスケス選手、ファウベル選手がバトルを続けていき、サロム選手は徐々に遅れていく。
レース終盤に入っても、先頭のザルコ選手、2位テロール選手は僅差で続き、ヴィニャーレス選手、バスケス選手、ファウベル選手も激戦を見せていく。
そして、ラストラップ、ザルコ選手の後方にぴたりとつけたテロール選手は、最終コーナーを立ちあがるとザルコ選手の横に並び、ゴール直前で逆転。今季5勝目を決めた。
「大変なレースだった。右手のケガのせいでブレーキングをハードにできなかったんだ。勝ててうれしい。チームに感謝している」とテロール選手。
続いて、ザルコ選手は2位となる。「テロール選手が後ろにいるのは分かっていた。前にでてなんとかリードを広げたかった。彼のマシンの方が速いから、最後は前に出られてしまうと分かっていた。2位で表彰台に上がれたからよかった」とザルコ選手。
そして、ヴィニャーレス選手が3位争いを制して3位表彰台をつかんだ。「混戦だったから大変だった。特にラストラップは他の2台を抑えて3位になれてよかった」とヴィニャーレス選手はコメントした。
一方、ランキング2位のフォルガー選手は9位にまで追い上げていたが18周目に転倒リタイアしてしまった。「調子は悪くなかった。突然、フロントから滑って転んでしまった。次は地元のドイツGPなので気を取り直してがんばります」とフォルガー選手。
この結果、ザルコ選手がランキング2位に上がり、首位のテロール選手と39点差となっている。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 M.Marquez Team CatalunyaCaixa Repsol Suter '40.02.941 DUNLOP user
2位 S.Bradl Viessmann Kiefer Racing Kalex '40.03.012 DUNLOP user
3位 B.Smith Tech 3 Racing Tech 3 '40.03.360 DUNLOP user
14位 高橋裕紀 Gresini Racing Moto2 Moriwaki '40.22.661 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 N.Terol Bankia Aspar Team 125cc Aprilia '39.51.815 DUNLOP user
2位 J.Zarco Avant-AirAsia-Ajo Derbi '39.51.982 DUNLOP user
3位 M.Vinales Blusens By Paris Hilton Racing Aprilia '40.00.194 DUNLOP user

第8戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 S.Bradl Viessmann Kiefer Racing Kalex 147 DUNLOP user
2位 M.Marquez Team CatalunyaCaixa Repsol Suter 95 DUNLOP user
3位 B.Smith Tech 3 Racing Tech 3 79 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 N.Terol Bancaja Aspar Team 125cc Aprilia 153 DUNLOP user
2位 J.Zarco Avant-AirAsia-Ajo Derbi 114 DUNLOP user
3位 M.Vinales Blusens By Paris Hilton Racing Aprilia 106 DUNLOP user