FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/5/15 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUZUKA 2&4レース
天気 気温 観客
薄曇り 25.4度 20,500人

中須賀選手が、2位表彰台に上がる






東日本大震災の影響で開幕戦の筑波が中止。4月に予定されていたSUZUKA 2&4レースも延期となり、全日本ロードレースは開幕が遅れていた。
そして5月15日、ようやく全日本ロードレース選手権はSUZUKA 2&4レースから開幕することになった。今回は4輪のフォーミュラ・ニッポンとの共催で、最高峰クラスJSB1000クラスのみが行われる。
今シーズン、ダンロップユーザーのエース、YSP Racing Team with TRCの中須賀克行選手は、ヤマハYZF-R1でタイトル奪還を目指している。また、JSB1000クラス7年目のシーズンに臨むベテランの今野由寛選手が、MotoMap SUPPLYからスズキGSX-R1000を走らせる。
予選初日から五月晴れの晴天に恵まれた。予選は、Q1、Q2、Q3の3セッション。上位ライダーのみがQ3に進んでいくノックダウンン方式で行われた。
Q3は上位12台が走り、中須賀選手は5番手2列目を確保した。
「事前に鈴鹿サーキットで行われたテストでは調子が良かったのですが、レースウイークに入ってからは路面状態に自分のライディングを合わせることができずに苦労しています。明日のレースは、予選上位4台が、おそらくスタートからペースを上げて行くと思うので、まずはこの4台について行きながら、チャンスを見逃さずに勝負をかけたいですね。去年は一勝もできていないので、早い段階で優勝して、ペースをつかみたいです。」と中須賀選手はコメントした。
また、今野選手は初日からマシンセッティングに苦しんでいた。予選ではQ3には進めなかったが、Q2の結果で15番手からスタートすることになった。「マシンセッティングがよくならない。何が原因なのかまだ分かっていない。明日の朝フリーでまた違うセッティングを試してみます」と今野選手は語った。
 
決勝当日は五月晴れに恵まれた。
スタートが切られると、加賀山就臣選手(スズキ)がホールショットを決めて、秋吉耕佑選手(ホンダ)、高橋巧選手(ホンダ)。伊藤真一選手(ホンダ)、中須賀選手と続く。
秋吉選手がすぐにトップに立ち、中須賀選手は加賀山選手、伊藤選手、高橋選手とセカンド集団を形成。3周目には加賀山選手、伊藤選手の後方4番手につける。
5周目、中須賀選手は加賀山選手を抜いて3位へ上がり、2位の伊藤選手にくらいついていく。
一旦、単独トップに立ったかに見えた秋吉選手だが、中盤に向けて徐々にペースが落ち、秋吉選手、伊藤選手、中須賀選手の3台が接近。三つ巴の戦いとかわる。
そして、中須賀選手は9周目に伊藤選手をとらえるとトップの秋吉選手に迫る。
終盤に入ると周回遅れも現れてリスキーな戦いとなるが、秋吉選手、中須賀選手、伊藤選手は接近戦を展開。中須賀選手は背後から伊藤選手の猛チャージを受け、必死のブロックを見せていく。2台の戦いを尻目に先頭の秋吉選手は逃げを図っていく。
トップの秋吉選手には届かなかったが、中須賀選手は伊藤選手を抑えて2位表彰台をつかんだ。
「残り2周で仕掛けたけれど、シケインでミスをしてしまい、これでトップの秋吉選手に差を広げられてしまいました。レースウイークは、実はあまり調子は良くなかったのですが、決勝レースでは、なんとかまとめることができました。」と中須賀選手。
 
また、今野選手は、東村伊佐三選手(カワサキ)と競り合いを展開し、惜しくも東村選手に次ぐ14位でゴールしている。
「今回は思ったような走りができなかった。マシンのセッティングが決まらない原因を追究して、次に臨みたいと思います。」と今野選手は語った。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda '32.09.800  
2位 中須賀 克行 YSP Racing Team with TRC Yamaha '32.11.257 DUNLOP user
3位 伊藤 真一 F.C.C.TSR Honda Honda '32.12.607  
14位 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki '33.38.807 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 25  
2位 中須賀 克行 YSP Racing Team with TRC Yamaha 22 DUNLOP user
3位 伊藤 真一 F.C.C.TSR Honda Honda 20