FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/8/7 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 J-GP2クラス
天気 気温 観客
晴れ 34度 11,000人

小山選手が2戦連続の3位を獲得





鈴鹿8耐の翌週、全日本第4戦が4輪のフォーミュラニッポンの併催レースとしてツインリンクもてぎで開催された。今回は、J-GP2クラスのみの開催で、同クラスは今季2戦目となる。
昨年から始まったJ-GP2クラスは、ST600マシンの改造範囲を広げたマシンで戦うクラスで、世界GP Moto2クラスと同様、オリジナルの車体に600ccのエンジンを搭載したマシンもエントリー。Moto2クラスへの参戦を見据えた戦いでもある。
昨年まではST600クラスと混走していたが、今年はエントリーが増えたため、単独開催となっている。
 
6日土曜日は8耐以上の猛暑の中、予選が行われた。小山知良選手(TECSTRA)は、セッティングに手間取り、トラブルに悩まされると十分なタイムアタックもできずに終わってしまう。この結果、4番手2列目スタートとなる。
「今日はフロントの問題もだいぶ改善され、前回のフィーリングを取り戻すことができました。予選の後半、新しいタイヤに履き替えてタイムアタックしたら、燃料系のトラブルが出てピットインして、そのまま予選終了となってしまった。でも、今日トラブルがでたから、明日は大丈夫です。決勝は2列目から全力で巻き返します」と小山選手は語った。
また、宇井陽一選手は、都合により今回は欠場している。
 
気温34度という猛暑の中、決勝レースが行われた。小山選手は好スタートを切り、1コーナーに3番手で突入。中上貴晶選手(ホンダ)、関口太郎選手(TSR)の後ろ3番手につけていく。
その後、小山選手は、後続を徐々に引き離しながら、上位2台を追いかけていく。
中盤には、1分55秒台の自己ベストタイムをマーク。予選でトラブルに苦しめられたが、決勝ではこれまでで一番のライディングを披露していく。
上位2台には追いつけなかったものの、小山選手は2戦連続の3位表彰台をつかんだ。
 
「金曜日にフロントのフィーリングが悪く、前回の決勝の状態に戻しても、タイムが出ないので“これはおかしい?”ということで、調べてみたらフロントに問題があった。メカニックが、限られた物の中で直してくれたおかげで、マシンはよくなりました。レースでは、中盤までいい走りができたと思う。次回の菅生もいい走りをして、世界GPに戻れるように頑張るだけです」と小山選手は語った。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中上 貴晶 MuSASHi RTハルク・プロ Honda '28.53.350  
2位 関口 太郎 Team TARO PLUS-ONE TSR '29.03.381  
3位 小山 知良 C.I.P TNU TECSTRA '29.11.120 DUNLOP user

J-GP2 第2戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中上 貴晶 MuSASHi RTハルク・プロ Honda 50  
2位 関口 太郎 Team TARO PLUS-ONE TSR 44  
3位 小山 知良 C.I.P TNU TECSTRA 40 DUNLOP user