FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2011/9/4 全日本トライアル選手権第3戦 中国大会
天気 気温 観客
雨時々曇り 26度 500人

野崎史高選手が2位、小川友幸選手は悔しい3位表彰台!




 全日本トライアル選手権シリーズの今季第3戦となる中国大会は、鳥取県のHIROスポーツパークで開催された。今大会の国際A級スーパークラスは、序盤から最終セクションまで接戦となり、ダンロップタイヤD803を愛用するディフェンディングチャンピオンの小川友幸選手(#1)や、こちらもダンロップタイヤを履く野崎史高選手(#3)などが、勝利を目指してハイレベルな走りを披露した。
 競技は、前日に大型の台風12号に直撃され、当日も雨に見舞われて路面が悪化したため、予定されていたスペシャルセクションがキャンセルされ、12セクションを2ラップする設定とされた。
 その1ラップ目は、前半で野崎選手がトップに立ち、僅差で小川選手と黒山健一選手が追う展開。後半に入って、小川選手がトップの座を奪って黒山選手と野崎選手をリードした。ところが第11セクションで、小川選手はまさかの失敗。これで黒山選手に逆転されると、続く第12セクションでも減点3を喫し、小川選手と野崎選手が減点数で並ぶことになった。
 
 とはいえ、1ラップ目終了時点の減点数は、黒山選手が17点、野崎選手と小川選手が20点とごくわずか。まだまだ勝負の行方はわからない状況だった。
 すると、2ラップ目の後半で、小川選手が野崎選手を逆転して2位に浮上。しかも黒山選手と2点差のところまで迫った。
 ところが最終セクションで、黒山選手がクリーンしたのに対し、小川選手は岩の上りに失敗。この結果、野崎選手が小川選手を逆転し、今季自己最高となる2位に入賞。小川選手は残念ながら3位に終わった。
今季の残りはあと2戦。今大会の結果により小川選手のタイトル防衛は、かなり厳しい状況となってしまった。
 なお国際A級クラスでは、ダンロップタイヤを履く三谷英明選手が、前大会に続き勝利を飾った。
 
野崎史高選手のコメント
「8月にツインリンクもてぎで開催された世界選手権の日本GPで、忘れていた自分らしい走りを思いだすことができました。それが今大会の好成績につながったと思います。雨は基本的に好きなので、気合いが入りました。今日は終わってみたらトップの黒山選手ともかなり点差が近かったので、勝てたかなと思うとちょっと悔しいのですが、それでも久しぶりの2位という結果が出たのは良かったと思います。この調子をキープして、次の大会では優勝できるように頑張ります!」
 
小川友幸選手のコメント
「前回まで2戦連続2位と追い込まれていたので、今回はなんとしても勝ちたいと思っていました。良い勝負ができていたと思いますが、1ラップ目第11セクションでの失敗が痛かったです。3段の段差に挑むスピードが速すぎて、滑ってしまったのですが、気負いすぎていたのかもしれません。その後の追い上げでは、ポロポロとミスをしてしまい、クリーンすべきところで減点を積み重ねてしまったのが響きました。結果を出さないといけない大会だったので、3位はとても悔しいです。タイトル争いはかなり難しい状況ですが、これからやれることは勝つことしかないですし、今年はまだ1勝もしていないので、勝率が良い中部と東北の残り2戦で、なんとか優勝したいと思います。」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 2 黒山 健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 0 28 14  
2位 3 野崎 史高 Team YSP京葉レーシング Yamaha 0 32 13 DUNLOP
3位 1 小川 友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 35 9 DUNLOP
4位 5 小川 毅士 WISE BETA Racing Beta 0 50 11 DUNLOP
5位 9 宮崎 航
WISE BETA Racing Beta 0 81 2 DUNLOP
6位 7 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 0 85 2 DUNLOP

第3戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 2 黒山 健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 60  
2位 1 小川 友幸 HRCクラブMITANI Honda 49 DUNLOP
3位 3 野崎 史高 Team YSP京葉レーシング Yamaha 45 DUNLOP
4位 5 小川 毅士 WISE BETA Racing Beta 35 DUNLOP
5位 7 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 34 DUNLOP
6位 6 田中 善弘 WISE BETA Racing Beta 31