RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/5/26 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第2戦
テキサス州ワーサム/フリーストーン・レースウェイ
天気 気温 観客
晴れ 32度 不明

ダンジーとのバトルを制したスチュワートが完全優勝!




 2007年にAMAプロモトクロスが初開催されて以来、シリーズのレギュラーとして定着したフリーストーン・レースウェイ。アメリカ中部テキサス州の内陸にあるこのコースは、アップダウンのない地形に人工的なジャンプやフープスが設けられたハイスピードコースである。土質は粘土に砂が追加されたミックスで、概ねサンディと分類されている。今年はサンドフープスの数が増やされるなど、コースレイアウトにマイナーチェンジを受け、難易度アップによりライダーの能力が問われるものとなった。
 フリーストーンは、AMAプロモトクロスシリーズの中で最も高温多湿となるラウンドの一つで、摂氏40度前後の酷暑に見舞われたこともあったが、今年は例年よりも気温が低かったため、脱水症状などフィジカル的な要素がレース展開に影響を及ぼすことはなかった。
 
 450クラスのヒート1では、ホールショットを取ったカイル・リーガル(ヤマハ)の転倒を尻目に、ジェイムズ・スチュワート(スズキ)がオープニングラップからトップに立った。その後にはニコ・イズィ(ヤマハ)、ライアン・ダンジー(KTM)、ジョシュ・グラント(カワサキ)、ジェイク・ワイマー(カワサキ)、マイク・アレッシ(スズキ)と続く。アレッシはスタートに遅刻したため、不利なゲートからのレースとなったが、1周目6位とは見事な出足だ。
 レースは2周目からスチュワートvsダンジーの一騎打ちとなり、2台がテールtoノーズのまま後続との間隔が開いていった。随所でダンジーが仕掛けるが、その度にスチュワートがしのいでトップの座を維持。レース後半になると周遅れの処理に巧さを見せたスチュワートが、ダンジーを突き離して優勝。2秒差でチェッカーフラッグを受けた。3位には終盤イズィをかわしたワイマーが入賞。ワイマーにとっては450クラスで初のポディアムとなった。
 
 450クラスのヒート2では、スチュワートとダンジーがホールショットのアレッシをかわし、1周目からまたしてもトップ争いを始めた。3位アレッシ、4位イズィの後には、アンドリュー・ショート(ホンダ)、トミー・ハーン(ホンダ)、ブレット・メットカーフ(スズキ)が続く。コースコンディションはヒート1よりも荒れて難しく、ライン取りにも変化が見られたが、テールtoノーズのトップ争いがさらに熱く展開された。
 ダンジーが並びかけては、スチュワートがポイントの出口を押さえる。ヒート1と同じようなバトルを延々と続けながらも2台は後続を引き離し、レース後半には3位アレッシに1分もの差をつけた。何度もオーバーテイクを試みたダンジーだったが、終始クレバーに対応したスチュワートが僅差で勝利。まれに見る接戦ではあったが、スチュワートが開幕から4連勝をマークしたレースとなった。なお4位にいたイズィは、中盤9周目に転倒で脱落。スタート10位から追い上げたグラントが4位に入った。


トマックが初パーフェクトウィン!



 250クラスのヒート1では、ルーキーのジェシー・ネルソン(ホンダ)がホールショット。フィル・ニコレッティ(ホンダ)、ケン・ロクスン(KTM)、マービン・ムスキャン(KTM)、イーライ・トマック(ホンダ)が上位集団を形成した。開幕戦ウィナーのブレイク・バゲット(カワサキ)は1周目12位、そしてジャスティン・バーシア(ホンダ)は19位と出遅れた。レースリーダーは1周目ニコレッティ、2周目ネルソンと入れ替わるが、3周目からはトマックが先頭に立つ。
 トップに躍り出たトマックは徐々にリードを広げ、中盤にはレースをほぼ掌握した。やがて2位ロクスンの背後には、追い上げてきたバゲットが迫り、10周目には2位の座が交代。3位となったロクスンにはバーシアが迫ってくるが、そのままの順位でチェッカー。バゲットに15秒以上の差をつけたトマックが、2年ぶりのヒート優勝を遂げたレースとなった。
 
 250クラスのヒート2では、1コーナーでマルチクラッシュが発生し、アイバン・テデスコ(カワサキ)、バーシアら有力ライダーが巻き込まれた。好スタートを切ったのは、地元テキサスのブレイク・ウォートン(スズキ)。ネルソンを挟んでウィル・ハーン(ホンダ)、ジェイク・カナダ(ホンダ)、ジェイソン・アンダーソン(スズキ)らが上位を占めたが、トマックがスタート6位から2位まで浮上。7周目にはウォートンを攻略し、トマックがトップに躍り出た。
 レース後半になるとトマックがリードを広げる一方、2位ウォートンの背後にスタート13位から追い上げたバゲットが接近。最終ラップにウォートンがミスしたため、2位はバゲットが獲得した。ウィナーはヒート1に続いてトマック。自己初のパーフェクトで総合優勝を果たしたトマックが、チャンピオン争いに名乗りを上げた。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki '35.35.839 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +2.084 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +28.921 DUNLOP user
4 50 N・イズィ Star Valli Yamaha +40.202 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +46.678 DUNLOP user
6 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki +47.625 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki '35.41.921 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +1.327 DUNLOP user
3 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +1.10.090 DUNLOP user
4 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki +1.18.041 DUNLOP user
5 29 A・ショート L&Mc Racing Honda +1.22.856 DUNLOP user
6 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +1.27.539 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Powersports Honda '35.36.251 DUNLOP user
2 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +15.786 DUNLOP user
3 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +26.030 DUNLOP user
4 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +30.872 DUNLOP user
5 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +45.652 DUNLOP user
6 956 B・ウォートン Rockstar Suzuki +49.910 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Powersports Honda '36.20.882 DUNLOP user
2 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +10.047 DUNLOP user
3 956 B・ウォートン Rockstar Suzuki +20.920 DUNLOP user
4 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +30.417 DUNLOP user
5 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +39.243 DUNLOP user
6 58 W・ハーン Geico Powersports Honda +47.947 DUNLOP user

第2戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 100 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 86 DUNLOP user
3 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 70 DUNLOP user
4 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki 61 DUNLOP user
5 29 A・ショート L&Mc Racing Honda 61 DUNLOP user
6 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki 58 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 94 DUNLOP user
2 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 80 DUNLOP user
3 17 E・トマック Geico Powersports Honda 79 DUNLOP user
4 20 J・バーシア Geico Powersports Honda 76 DUNLOP user
5 956 B・ウォートン Rockstar Suzuki 55 DUNLOP user
6 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 52 DUNLOP user