RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/6/16 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第5戦
メリーランド州メカニックスビル/バッズクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 26度 不明

ダンジーが6連勝!ランキング首位を独走中!




 バッズクリークは毎年父の日に(近年は父の日前日の土曜日に)開催されてきたこともあって、ライダーの父親や、子持ちのライダーが主役だった。ライダーは「父親に優勝をプレゼント」してきたし、「子供から優勝をプレゼント」してもらったケースもあった。モトクロス=親子で行うスポーツであることが浸透している、アメリカならではの演出である。
 ワシントンDCからさほど遠くないロケーションにあるバッズクリークは、調整池を囲むすりばち状の地形にレイアウトされたアップダウンに富むコースだ。最も有名なセクションは、マウントヘンリーと名付けられたビッグジャンプで、ダグ・ヘンリーが重傷を負った難所である。この他にテクニックの差が出る逆バンクがあったが、2007年のモトクロス・オブ・ネイションズ開催に備えた改修で林の中に移設された。
 全周にわたって掘り起こされた路面はパーフェクトコンディションで、レースの進行とともにワダチが深く刻まれていった。アメリカ東部の夏は蒸し暑いものだが、快晴に恵まれた今週末は程よい風のおかげで例年よりも涼しかった。
 
 450クラスのヒート1では、ジャスティン・ブレイトン(ホンダ)が好スタートを切ったが、オープニングラップからライアン・ダンジー(KTM)がトップに浮上。この後にマイク・アレッシ(スズキ)、ブロック・ティックル(カワサキ)、ジェイク・ワイマー(カワサキ)が続く。トップのダンジーは早々とリードを広げた。4周目にはティックルが2位に浮上し、アレッシとワイマーを従えて好位置をキープした。
 後半になるとダンジーの独走がさらに際立ち、ティックルを先頭とするセカンドグループは全く別のレースを走っているような趣きとなった。最終的にダンジーは、43秒差で優勝。2位と健闘したティックルに続いて、3位にはラスト2周でアレッシをかわしたワイマーが入賞した。
 
 450クラスのヒート2は、アレッシ、ダンジー、ティックル、ビリー・ラニノビッチ(ホンダ)、アンドリュー・ショート(ホンダ)がオープニングの上位を占める展開となった。ダンジーは焦らずにアレッシをじっくり攻め、4周目にリーダーの座をゲット。以後は独走マージンを広げていった。セカンドグループではアレッシとティックルの争いが始まったが、中盤以降は前に出たティックルが2位をキープする。
 やがてショートの脱落と入れ替わるように、ジョシュ・グラント(カワサキ)とワイマーによる4位争いが激しくなる。グラントはスタート9位からの追い上げでセカンドグループに顔を出してきたが、最終ラップにはワイマーに並ばれてしまう。独走優勝のダンジー、ティックル、アレッシに続いて、ワイマー、グラントが0.1秒差でフィニッシュした。今回の優勝でダンジーは6連勝。また、総合2位のティックルは、アウトドアでは初めてポディアムに登った。


バゲットが首位固め!ポイントリードを広げる



 250クラスのヒート1では、ケン・ロクスン(KTM)、ジャスティン・バーシア(ホンダ)、アレックス・マーティン(ホンダ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)らが好スタートを切って上位につけた。オープニング8位からジャンプアップしたイーライ・トマック(ホンダ)も加わり、僅差のトップ争いが続く。
 中盤になるとトマックが脱落し、優勝争いはロクスン、バーシア、バゲットによる三つ巴となった。終盤12周目にはバーシアが1位、13周目にはバゲットが2位に上がり、ロクスンは3位にダウン。それでも僅差でテンションを保ったままの3台はファイナルラップに突入。この中で最も終盤に強いにはバゲットだが、逆転ならずバーシア、バゲット、ロクスンの順でフィニッシュジャンプを飛んだ。
 
 250クラスのヒート2は、またしてもロクスンが好スタート。背後にはチームメイトのマービン・ムスキャン(KTM)とアイバン・テデスコ(カワサキ)がつけたが、テデスコは1周目のクラッシュでリタイア。代わって3位バゲット、4位トマックとなった。ヒート1ウィナーのバーシアはやや出遅れ、オープニングラップ7位から挽回を始めた。
 ロクスンは13周目までリーダーを務めたが、またしても終盤のアタックに屈して初勝利を逃した。バゲットに抜かれたロクスンは、周遅れの処理に手間取り逆襲できず、終盤は2位に定着した。優勝のバゲットからロクスン、トマック、ムスキャンと間隔が開き、ヒート1とは対照的なフィニッシュシーンになった。今大会はバゲットが総合優勝(2/1)したので、ランキング首位は安泰。2位バーシア、3位トマック、ロクスン(同点)までを含めたポイント争いはまだまだ続く。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '35.05.766 DUNLOP user
2 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +43.312 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +48.268 DUNLOP user
4 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +56.828 DUNLOP user
5 10 J・ブレイトン Honda Muscle Milk Honda +57.846 DUNLOP user
6 29 A・ショート L&Mc Racing Honda +1.00.953 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '35.33.731 DUNLOP user
2 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +33.445 DUNLOP user
3 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +39.025 DUNLOP user
4 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +41.446 DUNLOP user
5 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki +41.530 DUNLOP user
6 24 B・メットカーフ Yoshimura Suzuki Suzuki +58.261 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 20 J・バーシア Geico Powersports Honda '35.39.916 DUNLOP user
2 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1.559 DUNLOP user
3 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +1.910 DUNLOP user
4 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +57.986 DUNLOP user
5 17 E・トマック Geico Powersports Honda +1.00.406 DUNLOP user
6 58 W・ハーン Geico Powersports Honda +1.24.360 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.24.464 DUNLOP user
2 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +15.932 DUNLOP user
3 17 E・トマック Geico Powersports Honda +28.578 DUNLOP user
4 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +36.611 DUNLOP user
5 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +48.491 DUNLOP user
6 44 J・アンダーソン Rockstar Suzuki +1.02.731 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 236 DUNLOP user
2 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 182 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki 179 DUNLOP user
4 29 A・ショート L&Mc Racing Honda 154 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Yoshimura Suzuki Suzuki 142 DUNLOP user
6 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 134 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 222 DUNLOP user
2 20 J・バーシア Geico Powersports Honda 209 DUNLOP user
3 17 E・トマック Geico Powersports Honda 200 DUNLOP user
4 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 200 DUNLOP user
5 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 153 DUNLOP user
6 58 W・ハーン Geico Powersports Honda 130 DUNLOP user