RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/7/14 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第7戦
ミネソタ州ミルビル/スプリングクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 32度 不明

ダンジー10連勝!ランキング首位を独走中!




 最もバラエティに富むコースとして、ライダーからもファンからも愛されているのが、ミルビル戦の会場、スプリングクリーク・モトクロスパークだ。その名が表す通り、山の麓を流れる小川に沿って設けられたコースで、パドックとコースの行き来に橋を渡るのも、スプリングクリークならではの趣だ。コース前半はサンド質の平坦な地形だが、後半は山の斜面を利用したアップダウンになり路面は硬質に変化する。タイヤ特性としては、スタートからサンドフープスにおける軟質路面のトラクションを重視しつつ、アップダウンに入ってからは硬質路面での加減速とコーナリング性能も求められる。
 前日の雨でコースコンディションは朝からウェットな部分があったが、決勝レースが行われる午後には完全にドライとなった。ジャンプの踏み切りなどには、ソフトなワダチが目立っていた。基本的なコースレイアウトは変わっていないが、近年はタイトすぎるS字を廃止したり、ジャンプを大型化するアレンジが施されてきた。昨年はチャド・リード(ホンダ)が空中でマシンと離ればなれになったビッグジャンプが話題となったが、スプリングクリークの一番の名所と言えば長いサンドフープスである。今年は例年よりも山の間隔が開いて高速化したこともあって、サンドフープスでバランスを崩したマシンが、コースアウトして川に落ちるアクシデントもあった。
 
 450クラスのヒート1、オープニングラップのオーダーは、マイク・アレッシ(スズキ)、ジェイク・ワイマー(カワサキ)、カイル・リーガル(ヤマハ)、マイケル・バーン(スズキ)、ライアン・ダンジー(KTM)。ポイントリーダーのダンジーは、5位から徐々にポジションを上げ、7周目にはアレッシと入れ替わりトップに立った。
 ハーフウェイポイントでリーダーになったダンジーの後に、ワイマーとアレッシというトップ3が固まるが、ここからのダンジーの逃げ足は速かった。ラップタイムを比較すると、ダンジーの2分10秒台に対し、ワイマーは2分13秒台。瞬く間に独走状態になったダンジーは、ワイマーに23秒差をつけて優勝した。
 
 450クラスのヒート2では、ダンジー、アレッシ、リーガル、バーンが揃って好スタート。1コーナーではタイラ・ラトレイ(カワサキ)の転倒もあったが、上位陣にアクシデントはなかった。序盤にリーガルとバーンが相次ぎ脱落し、3位にはワイマーが浮上したが、前を行くダンジーとアレッシはすでに単独走行に入っていた。早々とリードを広げたダンジーは、2位アレッシに48秒もの大差をつけてチェッカー。地元ミルビルで今季の連勝記録を10としたダンジーであった。
 前大会ブキャナンからマイク・ブラウン(KTM)、ジョン・ダウド(カワサキ)らベテラン勢の参戦も話題となったが、今回ブラウンは18位/12位、ダウドは19位/13位でポイント獲得を果たした。なお、前戦カムバックしたジェイムズ・スチュワート(スズキ)は、コンディションが不十分だったために今大会から再度休場している。


トマックが総合優勝!バゲット首位安泰



 250クラスのヒート1では、ホールショットのジャスティン・バーシア(ホンダ)に続き、ケン・ロクスン(KTM)、カイル・ピータース(ヤマハ)、ウィル・ハーン(ホンダ)が好スタートを切った。ポイントリーダーのブレイク・バゲット(カワサキ)は、なんと1コーナーでコースアウト後、そのまま走ってコースイン。1周目8位に合流した。2周目にはスタート5位だったイーライ・トマック(ホンダ)が3位に浮上し、上位3台による接近戦が始まる。
 レース後半になると、後方から猛追してきたバゲットがトップグループに追いつき、バーシア、ロクスン、トマック、バゲットによるトップ争いが展開された。この中から抜け出したのがバゲットで、13周目にリーダーになるとそのまま逃げきりゴール。バゲットは今シーズン7勝目となるヒート優勝を果たした。2位バーシア、3位トマック。ワンミスが大きく響いたロクスンは4位でチェッカーを受けた。
 
 250クラスのヒート2では、バーシアがホールショットを取ったが、オープニングの攻防でトマックが前に出た。3位につけたバゲットは、4周目2位、6周目にはリーダーとなったが、翌周に転倒で7位まで後退。トマックが先頭に返り咲いた。
 レース後半は、トマックとバーシアによる1-2走行となったが、終盤バーシアのペースが衰えたこともあってトマックが独走。逃げきったトマックが今季4勝目を挙げた。3位にはロクスン、4位には再スタート後ポジションを挽回したバゲットが入賞。この結果、バゲット、バーシア、トマック、ロクスンというポイントランキング順位に変動はない。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '34.51.398 DUNLOP user
2 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +23.463 DUNLOP user
3 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +32.572 DUNLOP user
4 10 J・ブレイトン Honda Muscle Milk Honda +43.739 DUNLOP user
5 29 A・ショート L&Mc Racing Honda +49.779 DUNLOP user
6 28 T・ラトレイ Monster Energy Kawasaki +57.412 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '34.50.991 DUNLOP user
2 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +48.389 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +59.720 DUNLOP user
4 10 J・ブレイトン Honda Muscle Milk Honda +1.13.328 DUNLOP user
5 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1.23.972 DUNLOP user
6 29 A・ショート L&Mc Racing Honda +1.48.418 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.41.294 DUNLOP user
2 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +6.798 DUNLOP user
3 17 E・トマック Geico Powersports Honda +9.829 DUNLOP user
4 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +13.112 DUNLOP user
5 58 W・ハーン Geico Powersports Honda +53.032 DUNLOP user
6 956 B・ウォートン Rockstar Suzuki +56.396 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Powersports Honda '35.09.921 DUNLOP user
2 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +23.819 DUNLOP user
3 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +38.726 DUNLOP user
4 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +51.714 DUNLOP user
5 956 B・ウォートン Rockstar Suzuki +1.06.359 DUNLOP user
6 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +1.11.223 DUNLOP user

第7戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 336 DUNLOP user
2 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 256 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki 244 DUNLOP user
4 29 A・ショート L&Mc Racing Honda 209 DUNLOP user
5 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 187 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン Honda Muscle Milk Honda 167 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 315 DUNLOP user
2 20 J・バーシア Geico Powersports Honda 297 DUNLOP user
3 17 E・トマック Geico Powersports Honda 281 DUNLOP user
4 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 273 DUNLOP user
5 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 218 DUNLOP user
6 58 W・ハーン Geico Powersports Honda 191 DUNLOP user