RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/7/21 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第8戦
ワシントン州ワシューガル/ワシューガル・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 28度 不明

アレッシがダンジーの連勝をストップ!




 アメリカ北西部ワシントン州にあるワシューガル・モトクロスパークは、針葉樹に覆われたマウンテンコースだ。全周の半分弱が木陰になっていることと湿度が低いために過ごしやすく、蒸し暑い東部を転戦した後に訪れると楽園のように感じる。自然の地形を利用したアップダウンが特徴で、中でも「ホースパワーヒル」と呼ばれる長い登り坂などの基本レイアウトは長年変わっていないが、スタート地点は初代から3度も移設されてきた。このため現在のスタート地点はフィニッシュラインの正反対の位置にあり、過去にはライダーとメカニックの間で残り周回数を誤解するハプニングもあった。
 路面の難易度は非常に高い。黒っぽい土なのでグリップが良さそうに見えて実は滑りやすい。ワシューガルのオーナーは他のモトクロスコースの補修と同様にサンドを運び込んでミックスしてきたが、土質改善は部分的に留まり全周には至っていない。今年はウィークデーに降った雨が適度な散水の代わりとなっていたが、レース当日には概ねドライコンディションとなった。木陰など一部にはウェットな部分が残ったが、ここにはワダチやギャップができていた。
 
 450クラスのヒート1は、マイク・アレッシ(スズキ)のホールショットで始まった。背後にはジョシュ・グラント(カワサキ)、ジェイク・ワイマー(カワサキ)、ライアン・ダンジー(KTM)らが続く。3周目にはグラントが転倒などによって、ダンジーが2位に浮上。リーダーのアレッシとダンジーの間には、早々と5秒強のマージンができていたが、数ラップのうちに両者はテールトゥノーズとなった。
 レース後半の10周目から14周目までは、コースの一部にイエローフラッグとレッドクロスフラッグが出される状態が続き、転倒者が救助されるまでは部分的なペースダウンを強いられた。これが焦りを呼んだのか、12周目のコーナーでダンジーがレールを外して転倒。追っ手の自滅により6秒ものマージンをプレゼントされたリーダーだったが、あろうことかアレッシもミスをしてしまい、両者は再び急接近。最後までダンジーの追撃を受け続けたが、逃げ切ったアレッシが2年ぶりのヒート優勝を飾った。
 
 450クラスのヒート2では、ダンジーがホールショットを獲得。2位アレッシの後には、アンドリュー・ショート(ホンダ)、トミー・ハーン(ホンダ)、ブロック・ティックル(カワサキ)が続いた。コースが荒れてきたため、ヒート1よりも2〜3秒落ちのペースではあったが、ダンジーはアレッシを徐々に引き離した。レース後半にはアレッシの勢いが衰えたこともあり、ダンジーが30秒以上の独走で優勝。連勝をストップされたアレッシに対し、早速のリベンジを果たしたダンジーであった。


バーシアとバゲットがヒート優勝!総合はバーシアが取る!



 250クラスのヒート1では、マービン・ムスキャン(KTM)がホールショット。2位以下にはジャスティン・バーシア(ホンダ)、イーライ・トマック(ホンダ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)、ケン・ロクスン(KTM)と役者が揃った。ムスキャンはタイムドプラクティスでも一番時計となる2分06秒027を出しており、2分08秒台だったバーシアとトマックに対して優位を保っていた。序盤のトップ争いは、バゲットと入れ替わり4位に浮上したロクスンも含め、4台による接近戦となった。
 レース後半になると、ムスキャンのペースに陰りが出てくる。そして迎えた12周目には、バーシアが仕掛けてトップに浮上。13周目にはトマックがムスキャンをかわし2位。これでバーシア、トマック、ムスキャンのトップ3が確定した。なお、ちょうど30分を経過する頃にはバゲットが転倒。追い上げが期待されたバゲットは6位でチェッカーを受けた。
 
 250クラスのヒート2では、ヒート1の勝者バーシアが好スタートを決めた。2位ジャスティン・ボーグル(ホンダ)を挟んで、バゲット、ムスキャン、そしてチーム事情により450から250にコンバートしたライアン・サイプス(ヤマハ)が続く。バーシア序盤に5秒ほどのリードを作ったが、3周目から2位に浮上したバゲットが猛烈な追い上げを開始した。
 ヒート間にタイヤチョイスを再考したバゲットは、コースコンディションの悪化を物ともせずにハイペースを発揮し、レース後半にはトップのバーシアに照準を定める。やがて周遅れが増えてきた大詰めの14周目には、バーシアをかわしてリーダーの座を奪取。総合優勝が確実のバーシアがペースダウンするのを尻目に、得意の全開走行を全うしたバゲットが優勝を果たした。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki '36.08.208 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +1.482 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +30.411 DUNLOP user
4 29 A・ショート L&Mc Racing Honda +34.120 DUNLOP user
5 10 J・ブレイトン Honda Muscle Milk Honda +55.632 DUNLOP user
6 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1.19.058 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '34.36.807 DUNLOP user
2 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +31.450 DUNLOP user
3 29 A・ショート L&Mc Racing Honda +41.541 DUNLOP user
4 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +49.603 DUNLOP user
5 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +53.218 DUNLOP user
6 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki +57.413 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 20 J・バーシア Geico Powersports Honda '34.26.575 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Powersports Honda +1.637 DUNLOP user
3 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +7.530 DUNLOP user
4 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +10.057 DUNLOP user
5 58 W・ハーン Geico Powersports Honda +33.770 DUNLOP user
6 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +36.033 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '34.38.271 DUNLOP user
2 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +21.034 DUNLOP user
3 17 E・トマック Geico Powersports Honda +29.761 DUNLOP user
4 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +40.790 DUNLOP user
5 49 J・ボーグル Geico Powersports Honda +50.891 DUNLOP user
6 956 B・ウォートン Rockstar Suzuki +1.01.576 DUNLOP user

第8戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 383 DUNLOP user
2 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 303 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki 280 DUNLOP user
4 29 A・ショート L&Mc Racing Honda 247 DUNLOP user
5 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 220 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン Honda Muscle Milk Honda 183 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 355 DUNLOP user
2 20 J・バーシア Geico Powersports Honda 344 DUNLOP user
3 17 E・トマック Geico Powersports Honda 323 DUNLOP user
4 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 305 DUNLOP user
5 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 256 DUNLOP user
6 58 W・ハーン Geico Powersports Honda 218 DUNLOP user