RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/9/1 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第11戦
ペンシルバニア州デルモント/スティールシティ・レースウェイ
天気 気温 観客
晴れのち曇り一時雨 29度 不明

チャンピオン決定後も衰えずダンジーが完勝!




 アメリカ東部にはヨーロッパ的なコースが多く、ディープサンドのサウスウィック、ナチュラルテレインのユナディラなどがその典型だが、その2会場の次に控えているスティールシティ・レースウェイは、アメリカ的なコースとして知られる名門の一つだ。緩やかな窪地にレイアウトされたコースには、ブラインドセクションが全くなく、ほぼ全周が見渡せる。今年は大小53個のジャンプがあり、ダブルでクリアすることを踏まえれば、実際に飛ぶ回数はほぼ半分にはなるが、それでもジャンプの多さは特筆すべきだ。
 路面は全周にわたって掘り起こされているので、午前中に行われるプラクティス中はザクザクとしたワダチが多く、午後の決勝レースが進行すると固まった走行ラインが元来の硬質土に変化する。ワダチの見極めと逆バンクでのスロットルワークが問われる、非常にテクニカルなコースだ。今大会は雷雨予報が出ていたが、450クラスのヒート2開始と同時に雨が降り出し、路面がウェットになった。
 
 450クラスのヒート1では、好スタートを切ったライアン・ダンジー(KTM)が、序盤からハイペースで飛ばした。ダンジーは予選で思うようにタイムを切り詰めることができず、前戦でタイトルを獲得した影響かという憶測もあったが、それが杞憂であったことを決勝レースで示してくれた。ダンジーの後にはアンドリュー・ショート(ホンダ)、マイク・アレッシ(スズキ)、デイビー・ミルサップス(ヤマハ)、ニコ・イズィ(ヤマハ)が続いた。
 レース中盤になると、ダンジーは約10秒のリードを蓄えてレースの主導権を握る。上位のライダーは各々単独走行となり、ダンジー、ショート、アレッシで順位が確定。今季15勝目を挙げたダンジーであった。4位には転倒で脱落したイズィに替わり、ジョシュ・グラント(カワサキ)が入った。
 
 450クラスのヒート2は、ちょうど見計らったように降り出した雨の中でスタートした。ホールショットのアレッシを先頭に、グラント、ジェイク・ワイマー(カワサキ)、ダンジーがトップグループにつける。次第に強まる雨を受けてハードパックの表面がツルツルになったが、滑りやすい路面を慎重に進むダンジーは4周目に2位まで浮上した。
 中盤はアレッシvsダンジーの一騎打ちとなったが、雨が止む25分頃には完全なテールtoノーズになり、11周目にアレッシをかわしたダンジーが先頭でチェッカー。チャンピオン決定戦ユナディラと同じように、ここデルモントでもパーフェクトウィンを飾ったダンジーであった。


トマックが完全優勝でランキング2位に躍進!



 250クラスのヒート1では、ポイントリーダーのブレイク・バゲット(カワサキ)がホールショットを取ったが、すぐにジャスティン・バーシア(ホンダ)が先行。さらにケン・ロクスン(KTM)、イーライ・トマック(ホンダ)がバゲットに襲いかかり、3周目にはバーシア、トマック、ロクスン、バゲットというオーダーになった。バゲットのポイントリードは、バーシアに対して24点、トマックに対して28点。残り4レースで優位に立ってはいたが、思うようにペースが上がらないまま、ロクスンの後塵を浴びていた。
 バーシアとトマックは付かず離れずの1-2態勢をキープしたまま、3位ロクスンを徐々に引き離していく。チームメイト同士なので一時はこのままフィニッシュするかと思われたが、30分をすぎたところでスパートをかけたトマックが、バーシアをかわしてトップに躍り出る。そしてラスト2周を逃げ切ったトマックがヒート1を制した。4位にとどまったバゲットの貯金は、バーシアに対して20点、トマックに対して21点と減少した。
 
 250クラスのヒート2では、ホールショットのジェレミー・マーティン(ヤマハ)がかわされて、トマック、ロクスン、バーシアというヒート1のトップ3がオープニングラップから前に出る。バゲットはスタートに失敗し、1周目8位と出遅れた。上位は序盤から縦に広がり、レースリーダーのトマックは早々と独走態勢を築く。中盤8周目には自らのミスでロクスンの接近を許したが、再加速したトマックが逃げきり、パーフェクトウィンを引き寄せる優勝。2位ロクスン、3位バーシアに続き、後方から追い上げたバゲットが4位に入った。
 トップ3によるチャンピオン争いは、トマックが躍進した今大会終了時点で、首位バゲット(今季9勝472ポイント)、2位トマック(今季8勝458ポイント)、3位バーシア(今季4勝454ポイント)となっている。1〜2位は14点差、2〜3位は4点差という接戦。3人のうち誰が勝っても初の快挙となるチャンピオン決定は、次週カリフォルニア州レイクエルシノアで行われるシリーズ最終戦に持ち越される。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '37.39.681 DUNLOP user
2 29 A・ショート L&Mc Racing Honda +31.495 DUNLOP user
3 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +37.139 DUNLOP user
4 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki +53.258 DUNLOP user
5 18 D・ミルサップス Toyota JGR Yamaha +58.591  
6 28 T・ラトレイ Monster Energy Kawasaki +1.03.415 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '36.24.773 DUNLOP user
2 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +2.021 DUNLOP user
3 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki +41.431 DUNLOP user
4 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki +50.953 DUNLOP user
5 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +56.765 DUNLOP user
6 715 P・ニコレッティ Eleven 10 Mods Honda +1.15.149 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Powersports Honda '37.14.319 DUNLOP user
2 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +3.477 DUNLOP user
3 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +16.306 DUNLOP user
4 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +19.971 DUNLOP user
5 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +57.272 DUNLOP user
6 37 M・スチュワート JDR J-Star KTM KTM +1.26.462 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Powersports Honda '35.20.155 DUNLOP user
2 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +10.076 DUNLOP user
3 20 J・バーシア Geico Powersports Honda +16.852 DUNLOP user
4 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +24.250 DUNLOP user
5 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +46.055 DUNLOP user
6 58 W・ハーン Geico Powersports Honda +59.561 DUNLOP user

第11戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 530 DUNLOP user
2 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 409 DUNLOP user
3 29 A・ショート L&Mc Racing Honda 333 DUNLOP user
4 21 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki 327 DUNLOP user
5 25 B・ティックル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 309 DUNLOP user
6 33 J・グラント Jeff Ward Racing Kawasaki 262 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 12 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 472 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Powersports Honda 458 DUNLOP user
3 20 J・バーシア Geico Powersports Honda 454 DUNLOP user
4 70 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 427 DUNLOP user
5 38 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 368 DUNLOP user
6 58 W・ハーン Geico Powersports Honda 282 DUNLOP user