RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/5/13 第1戦 アジア ロードレース選手権 マレーシア セパン
天気 気温 観客
晴れ - -

藤原選手600t開幕戦で優勝!


 

 

アジアロードレース選手権2012年シーズンの開幕戦は5月11日〜13日にマレーシア・セパンインターナショナルサーキットで開催された。 スーパースポーツ600tクラスのデフェンディングチャンピオン、藤原克明選手はファンの期待を裏切らなかった。
 
Race1
今シーズンもManual-Tech BEET Kawasaki Racingから参戦する藤原克昭選手は、12日のフリー走行3回目でコースレコードをマーク、予選でも見事ポールポジションを獲得した。今シーズンからフル参戦する清成龍一選手(MUSASHi Boon Siew Honda Racing)は4番手からのスタートになった。
藤原選手はホールショットを決めるが、4コーナーでババ選手と接触。ババ選手、藤原選手、清成選手、ファドリ選手、カマルザマン選手、フアド選手の順で1周目を終え、この6台が激しいバトルを展開していく。ファステストラップをマークした藤原選手がトップに立つが後続を引き離すまでにはいたらない。レース終盤では2位に上がってきた清成選手と日本人同士の激しいトップ争いに突入するが、藤原選手が逃げ切り初戦を勝利で飾った。清成選手は0.233秒差の2位、3位にはアズラン選手が入った。
 
Race2
ホールショットを決めたのは清成選手。藤原選手、スダルモノ選手、フアド選手続く。しかし3周目の4コーナーでフアド選手が他車の転倒に巻き込まれ転倒、6コーナーでは多重クラッシュが発生。レースは赤旗中断となった。
16周に短縮された再レース。今度は藤原選手がホールショット。カマルザマン選手、清成選手がトップグループを形成する。12周目まで3台の順位は変わらないが、常にテールトゥノーズの状態。そして13周目の1コーナー、カマルザマン選手が藤原選手をインからパス。しかし4コーナーでシフトミスする間に藤原選手、清成選手が浮上する。藤原選手、清成選手、カマルザマン選手の順でチェッカーを受け、藤原選手が見事ポールトゥダブルウィンの完璧なレースで開幕を飾った。
 
藤原選手のコメント
「まずチームに感謝したい。レースは非常にタフで、皆予選タイムを上回るペースでした。特に清成とアズランは速くて、レース中は常に接近戦でした。トップにたってからは順位を維持する事に集中しました。2012年の開幕レースをダブルウインで勝てて、非常にうれしいです。」
 
清成選手のコメント
「予選時のタイムから、全くトップグループに絡むことは想像していなかったのですが状況は好転し、前半ではザムリに迫る走りができました。しかし中盤以降は厳しいバトルの連続でした。でも開幕戦から表彰台に上ることが出来ましたので、レース自体は非常に良いレースだったと思いますし、チームやスポンサー、関係者に感謝しています。」


Road to Moto3の育成プログラム

アジアロードレース選手権の併催として今シーズンから開催の「アジアドリームカップ」。車両はホンダのCBR250Rをベースに、タイヤはダンロップを使用したワンメイクレースで、将来のWGPライダーを輩出するための育成プログラムとして導入された。日本を含むアジア12地域から選抜された15歳から25歳までのライダー20名で戦い、今期の最高賞には、Moto3ワイルドカード参戦枠が与えられる。
参戦する若手ライダーの指導に玉田誠、亀谷長純の両氏が派遣され、ライディングやマシンのセッティング、フィジカルやメンタル面でのサポートをする。日本からは、2010年の全日本ロードレース選手権J-GP3チャンピオンの大久保選手と、スペイン選手権やロードレース世界選手権を経験している尾野選手が参戦。事前テストの結果でゼッケンが決められ、大久保選手は1、尾野選手が2を付けて挑む。
 


 

 

Race1
マレーシアのセパンサーキットで開催された初戦、尾野選手がポールポジション、大久保選手が2位、オーストラリアのフック選手が3位でグリッドに並ぶ。ホールショットは大久保選手、しかし尾野選手が抜き返しフック選手は3位で続く。レース序盤はこの3台が順位を入れ替えながらトップグループを形成し、後続を引き離していく。終盤ではトップ大久保選手、2位尾野選手の順で3位以下を大きく離しマッチレースに。そして残り5周となる1コーナーで尾野選手が再びトップに立つと大久保選手との差を少しずつ離し、そのままトップチェッカー、初ウイナーの栄誉を手にした。
 
Race2
レース2では尾野選手がホールショットを決め、大久保選手はやや出遅れてしまう。しかし大久保選手は次々に前車をパス、1周目最終コーナーまでに2位に浮上する。レース2ではこの2人に加えタイのアピワット選手の3台がレースをリード、中盤以降は後続を引き離し3台によるバトルに突入する。ほとんど差の無い超接近戦、時にはカウルが接触するほどのドッグファイトで順位を入れ替えながらファイナルラップへ。大久保選手がトップに立ったが、尾野選手が抜き返しトップへ。レース1と同じく尾野選手、大久保選手の順でフィニッシュ。尾野選手がパーフェクトウインで開幕戦を終えた。
 
尾野選手のコメント
「ワンメイクで、ライダーの腕で勝負できるというのが魅力のこのクラスから、また世界選手権を走れるようにしっかりとがんばりたいと思っています。プラクティスでは最速タイムを出せ、思っていた通りに進行できましたし、勝つことができて非常にうれしかったです。ここでチャンスをつかめるように、がんばって走りたいと思います。」
 
大久保選手のコメント
「初めての海外レースなので、とまどうことばかりでした。レース進行も全日本とは違い、あたふたしてしまうことが多かったですが、観客の盛り上がりにはびっくりしました。レースでは、尾野選手のペースについて行くのは簡単ではなかったです。彼は速く、リスクを負わないよう考えながら全力を尽くしました。最終的には2位で、これまで経験した中でも1番悔しいレースになりました。次は、優勝できるようにがんばります。」


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 藤原 克昭 Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki `27.49.221 DUNLOP user
2位 清成 龍一 MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `27.49.454 DUNLOP user
3位 Azlan Shah Kamaruzaman MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `27.50.922 DUNLOP user
4位 Md Zamri Baba PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `27.54.131 DUNLOP user
5位 Ahmad Fuad Baharudin Bike A.R.T - Kawasaki Racing Kawasaki `28.06.129 DUNLOP user
6位 M.Fadli Immammuddin Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki `28.06.185 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 藤原 克昭 Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki `18.59.222 DUNLOP user
2位 清成 龍一 MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `19.00.753 DUNLOP user
3位 Azlan Shah Kamaruzaman MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `19.17.858 DUNLOP user
4位 Md Zamri Baba PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `19.18.047 DUNLOP user
5位 Md Farid Badrul Hisham PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `19.31.728 DUNLOP user
6位 Dimas Ekky Pratama Yamaha Indoprom TJM Yamalube KYT Yamaha `19.31.863 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 尾野 弘樹 日本 Honda `19.04.693 DUNLOP user
2位 大久保 光 日本 Honda `19.04.900 DUNLOP user
3位 Apiwat Wongthananon タイ Honda `19.05.368 DUNLOP user
4位 Joshua Hook Frederick オーストラリア Honda `19.20.524 DUNLOP user
5位 Md Fitri Ashraf Razali マレーシア Honda `19.23.253 DUNLOP user
6位 Sasitharen Sukumaran マレーシア Honda `19.36.316 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 尾野 弘樹 日本 Honda `17.47.841 DUNLOP user
2位 大久保 光 日本 Honda `17.48.179 DUNLOP user
3位 Apiwat Wongthananon タイ Honda `17.48.297 DUNLOP user
4位 Denny Triyugo Laksono インドネシア Honda `17.59.222 DUNLOP user
5位 Sasitharen Sukumaran マレーシア Honda `18.13.367 DUNLOP user
6位 Iswandi Muis インドネシア Honda `18.13.455 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 藤原 克昭 Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki 50 DUNLOP user
2位 清成 龍一 MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda 40 DUNLOP user
3位 Azlan Shah Kamaruzaman MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda 32 DUNLOP user
4位 Md Zamri Baba PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha 26 DUNLOP user
5位 Md Farid Badrul Hisham PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha 18 DUNLOP user
6位 Thitipong Warakorn AP Honda Thailand Honda 15 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 尾野 弘樹 日本 Honda 50 DUNLOP user
2位 大久保 光 日本 Honda 40 DUNLOP user
3位 Apiwat Wongthananon タイ Honda 32 DUNLOP user
4位 Sasitharen Sukumaran マレーシア Honda 21 DUNLOP user
5位 Joshua Hook Frederick オーストラリア Honda 17 DUNLOP user
6位 Md Fitri Ashraf Razali マレーシア Honda 16 DUNLOP user