RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/9/6-9 第4戦 アジア ロードレース選手権 日本 Autopolis
天気 気温 観客
晴れ 25.8度 13,400人

母国レース、カワサキのホームコースで藤原選手がパーフェクトウイン


 

Race1
シリーズ後半戦となる第4戦は、藤原選手(カワサキ)・清成選手(ホンダ)・伊藤選手(ヤマハ)の母国日本ラウンド。藤原選手が所属するカワサキのホームコースである九州のオートポリスで開催された。
金曜のフリー走行からトップタイムをマークした藤原選手が予選でもトップタイムを記録し、ポールポジションからレースに臨んだ。レース1はオープニングラップで中段グループにアクシデントがあり赤旗中段、1周減算の10周で再スタートした。ホールショットを奪ったのは清成選手、藤原選手は3位で続くが第2ヘアピンで2台をあっさりパス、1周目からトップに立った。
清成選手、伊藤選手、カマルザマン選手(ホンダ)が追走するがラップごとに差を広げる快走を見せた。清成選手は徐々に後退するが終盤になってペースを取り戻し2位へ浮上、カマルザマン選手・伊藤選手と共にコース幅をフルに使う激しいバトルを展開する。しかしファイナルラップで4位に後退、独走の藤原選手、カマルザマン選手、伊藤選手に続く4位でレース1を終えた。
 
Race2
カマルザマン選手がホールショットを奪い、レース2がスタートした。オープニングラップを3位で通過した藤原選手は2周目にトップに立つ。伊藤選手、カマルザマン選手、小林選手(ホンダ)を従えてトップグループを形成するが、藤原選手と伊藤選手が抜け出し、2人のマッチレースへと移行していく。伊藤選手はファイナルラップまで藤原選手の背後をぴたりとマーク、プッシュし続ける。しかし藤原選手は冷静にレコードラインをしっかりキープしトップチェッカー、ホームコースの母国レースをパーフェクトウインで飾りランキングトップで第4戦を終えた。
 
藤原選手のコメント
「レース1は10周のレースとなりスタートから全てにおいてミスが許されなかった。各コーナーやストレートで完璧に走るよう心がけましたが、それ以上にエンジンが完璧に仕上がっていて優位にレースを走れました。しかしレース2ではマシンにチャタリングが出てしまい、とても難しくタフなレースになりました。後半の下りで最高速を維持するのが難しい状況で、その分前半セクションでレコードラインをしっかりトレースするように専念しました。多くのファンが声援を送ってくれたカワサキのホームコースで2勝できたことが最高に嬉しいです。ありがとうございました。」


2人の初優勝者が生まれた激戦のオートポリス

Race1
ポールポジションからスタートした尾野選手がトップでレースをリードしていく。レース終盤ではペースを上げてきた大久保選手と激しいトップ争いを展開していくが8周目にトップグループで多重クラッシュが発生、尾野選手も巻き込まれてしまう。再スタートをするがマシンのダメージが大きく我慢の走行で11位となった。アクシデントの混乱を抜け出したデニー・トリユゴ選手がトップへ浮上、しかし大久保選手がトップを奪いファイナルラップへ。最終コーナーまでトップを維持するが、コーナー立ち上がりでスリップから抜け出したデニー・トリユゴ選手が初優勝、大久保選手は2位でフィニッシュ、3位にはサシタレン・スクマラン選手が入った。
 
Race2
レース2ではジョシュア・フック選手がオープニングラップでトップに立つ。7台で形成するトップグループは激しいドッグファイトを展開し、順位を入れ替えながらラップを重ねていく。ジョシュア・フック選手がトップを維持しているが大久保選手が2位で続き、尾野選手は5から6番手でチャンスの時を待つ。激しいバトルのままレースはファイナルラップへ、接触で失速した大久保選手は維持の走りで3位へ浮上、尾野選手は2位で最終コーナーへ向かう。立ち上がりからフィニッシュラインにかけて最後の加速、ジョシュア・フック選手と尾野選手は横並びでチェッカーを受けジョシュア・フック選手が嬉しい初優勝。尾野選手との差は0.077秒だった。
母国レースでの優勝を逃した2人だったが、大久保選手がランキングトップ、尾野選手が15ポイント差の2位でシリーズ後半へ向かう。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 藤原 克昭 Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki `19.15.828 DUNLOP user
2位 Azlan Shah Kamaruzaman MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `19.19.488 DUNLOP user
3位 伊藤 勇樹 PETRONAS Syntium Moto Yamaha Yamaha `19.19.815 DUNLOP user
4位 清成 龍一 MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `19.20.035 DUNLOP user
5位 Md. Zamri Baba PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `19.23.485 DUNLOP user
6位 M. Fadli Imammuddin Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki `19.24.725 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 藤原 克昭 Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki `21.09.583 DUNLOP user
2位 伊藤 勇樹 PETRONAS Syntium Moto Yamaha Yamaha `21.10.986 DUNLOP user
3位 Azlan Shah Kamaruzaman MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `21.17.405 DUNLOP user
4位 Md. Zamri Baba PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `21.17.983 DUNLOP user
5位 小林 龍太 MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `21.18.321 DUNLOP user
6位 清成 龍一 MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda `21.24.180 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 Denny Triyugo Laksono インドネシア Honda `14.58.858 DUNLOP user
2位 大久保 光 日本 Honda `14.58.864 DUNLOP user
3位 Sasitharen Sukumaran マレーシア Honda `14.58.948 DUNLOP user
4位 Md. Fitri Ashraf Razali マレーシア Honda `14.59.040 DUNLOP user
5位 Iswandi Muis インドネシア Honda `14.59.879 DUNLOP user
6位 Joshua Frederick Hook オーストラリア Honda `15.06.314 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 Joshua Frederick Hook オーストラリア Honda `15.00.292 DUNLOP user
2位 尾野 弘樹 日本 Honda `15.00.369 DUNLOP user
3位 大久保 光 日本 Honda `15.00.467 DUNLOP user
4位 Md. Fitri Ashraf Razali マレーシア Honda `15.00.552 DUNLOP user
5位 Apiwat Wongthananon タイ Honda `15.00.564 DUNLOP user
6位 Iswandi Muis インドネシア Honda `15.01.658 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 藤原 克昭 Manual-Tech BEET Kawasaki Racing Kawasaki 162 DUNLOP user
2位 清成 龍一 MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda 136 DUNLOP user
3位 Md Zamri Baba PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha 124 DUNLOP user
4位 Azlan Shah Kamaruzaman MUSASHi Boon Siew Honda Racing Honda 112 DUNLOP user
5位 伊藤 勇樹 PETRONAS Syntium Moto Yamaha Yamaha 88 DUNLOP user
6位 Dimas Ekky Pratama Yamaha Indoprom TJM Yamalube KYT Yamaha 52 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 大久保 光 日本 Honda 140 DUNLOP user
2位 尾野 弘樹 日本 Honda 125 DUNLOP user
3位 Denny Triyugo Laksono インドネシア Honda 103 DUNLOP user
4位 Apiwat Wongthananon タイ Honda 99 DUNLOP user
5位 Joshua Frederick Hook オーストラリア Honda 98 DUNLOP user
6位 Iswandi Muis インドネシア Honda 85 DUNLOP user