RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/4/8 開幕戦 第1戦 九州大会 熊本県 HSR九州
天気 気温 観客
晴れ 19度 7,800人【2日間】

成田亮選手がダンロップを履く新たな相棒で完全勝利!


昨シーズン王者の成田亮選手(#1)が、今季はホンダのファクトリーチームへと移籍。これまでと同様にダンロップタイヤを履く新たなパートナーを駆り、450cc以下の4ストマシンが走る全日本モトクロスの最高峰クラスで、2年連続のタイトル獲得を目指す。また昨年はIA2に参戦した小方誠選手(#40)が、今季はIA1へと復帰。こちらもホンダファクトリーチーム入りを果たし、ランキング上位を狙う。さらに今季は、IA2の参戦に年齢制限が設けられたことなどもあり、稲垣佳樹選手(#43)、島崎大祐選手(#52)、星野裕選手(#123)、須田純選手(#615)など、多くの実力派ライダーがIA1へとステップアップ。北居良樹選手(#9)、沼田誠司選手(#10)、芹沢翔悟選手(#13)、小島太久摩選手(#935)なども、昨年に続きこの最高峰クラスにエントリー。これまで以上にハイレベルな戦いが期待できる。
 
今大会の決勝では、新体制でのデビューウィンに向けて気合十分で臨んだ成田選手が、両ヒートでオープニングラップからトップに立つ好スタート。「本当は、コンクリート路面でのスタートに少し苦手意識がある」という成田選手だが、ダンロップタイヤのグリップ力を最大限に引き出し、レースを有利に進めた。そして両ヒートとも、その後は一度もトップの座を明け渡すことなく走破して優勝。タイトル防衛に向け、絶好のシーズンインを果たした。また小方選手は、ヒート1は1周目8番手から追い上げて5位に入賞。ヒート2は好スタートを決めるも序盤のペースが悪く、7位でのフィニッシュとなった。なおヒート1では、KTMで2年目のシーズンを戦う北居良樹選手(#9)が、1周目を3番手でクリア。最終ラップに転倒したこともあり最終的には7位となったが、健在ぶりをアピールした。


小川孝平選手が両ヒートをまとめて総合5位


4スト250ccマシンにより競われるIA2クラスは今季、2012年末の段階で24歳以下のライダーのみが参戦できるという、年齢制限が設けられた。決勝ヒート1。活躍が期待された田中雅己選手(#113)は、前日の練習走行で手を痛める厳しい状況の中、1周目を7番手でクリア。IA2年目となる小川孝平選手(#58)は、9番手からの追い上げを狙った。その小川選手は、2周目に6番手までジャンプアップすると、さらに翌周もポジションを上げ、5番手での走行を続けた。田中選手は、小川選手の先行を許すも7番手をキープ。そしてレースは19周でチェッカーとなり、小川選手が5位、後半に1台を抜いた田中選手が6位に入賞した。
また午後のヒート2では、小川選手が1周目を3番手でクリア。ヒート1ではミスもあって12位に終わった池谷優太選手(#48)は12番手と、再び大きく出遅れてしまった。レース序盤から中盤にかけ、小川選手は3番手をキープしながらトップ争いを展開。しかしライバルの前に出ることはできず、後半になってトップ2台から遅れてしまった。池谷選手は順調に追い上げを続け、7周目には8番手までポジションアップ。さらなる上位進出を狙った。レース時間が残り約3分となったところで、小川選手は惜しくも4番手に後退。これにより小川選手は、表彰台圏内にあと一歩の4位でゴール。池谷選手が6位に入賞した。


安原さや選手がケガからの復帰レースで優勝!

昨シーズンの第3戦以降、足のケガによる欠場を続けていた安原さや選手(#20)が、この開幕戦から全日本に復帰。決勝レースでは、スタート直後からトップに立ち、いきなりの快走を見せた。2番手には、同じくダンロップタイヤを履く昨年度ランキング2位の邵洋子選手(#2)。3周目には、これが地元大会となる熊本出身の畑尾樹璃選手(#7)が3番手に浮上し、翌周にはさらに伊集院忍選手(#13)もポジションを4番手へと上げ、ダンロップタイヤがレース序盤から上位を独占した。
安原選手は、ブランクを感じさせない走りで序盤から後続との差をどんどん拡大。3周目までに8秒近いアドバンテージを築くと、9周となったレースを独走で優勝。表彰台の頂点で、「お待たせしました、安原さやは完全復活です」と高らかに宣言した。2位には、5周目に邵を抜いた畑尾が入り、邵は悔しい3位。ダンロップタイヤが、表彰台を独占した。「復活を諦めそうになったときも、周りが全力でサポートしてくれました。今年は絶対にシリーズタイトルを獲ります」と、安原選手はうれし涙を見せた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.05.442 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `33.10.154  
3位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `33.11.917  
5位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.24.177 DUNLOP user
7位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.34.168 DUNLOP user
8位 小島 太久摩 TEAM KOH-Z Yamaha `33.36.667 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.06.921 DUNLOP user
2位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `33.11.090  
3位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `33.13.189  
7位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.41.394 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `33.42.165 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.45.792 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `33.26.821  
2位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `33.32.336  
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `33.35.228  
5位 小川 孝平 Team ITOMO Honda `33.58.676 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `34.16.675 DUNLOP user
7位 佐藤 亮 N.R.T. Honda `34.18.456 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `33.38.052  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `33.42.371  
3位 富田 俊樹 T.E.SPORT Honda `33.54.326  
4位 小川 孝平 Team ITOMO Honda `34.05.451 DUNLOP user
6位 池谷 優太 Team SRM with マウンテンライダース Suzuki `34.31.438 DUNLOP user
7位 上田 康平 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `34.45.191 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `18.32.410 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki `18.45.829 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki `18.55.417 DUNLOP user
4位 竹内 優菜 SRFスポーツ with REDZONE Suzuki `18.56.349  
5位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha `18.59.402 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda 50 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 40  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 37  
6位 小方 誠 TEAM HRC Honda 30 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 26 DUNLOP user
11位 小島 太久摩 TEAM KOH-Z Yamaha 22 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 47  
2位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki 45  
3位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki 38  
5位 小川 孝平 Team ITOMO Honda 34 DUNLOP user
6位 佐藤 亮 N.R.T. Honda 27 DUNLOP user
7位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda 25 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 25 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 22 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 20 DUNLOP user
4位 竹内 優菜 SRFスポーツ with REDZONE Suzuki 18  
5位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha 16 DUNLOP user