RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/4/22 第2戦 関東大会 埼玉県 ウエストポイント オフロードヴィレッジ
天気 気温 観客
曇り 13度 10,500人【2日間】

成田亮選手&ダンロップが2大会連続のパーフェクトウィン


今季第2戦の関東大会は、埼玉県にあるウエストポイント オフロードヴィレッジで開催された。荒川および入間川の河川敷にあるこのコースは、高低差がない土地に多数のジャンプとタイトなターンをレイアウトした、全体的にコース幅が狭い、スーパークロスコースを長くしたようなセッティングを特徴とする。天候は土日ともに曇り。気温は低めで、降雨が心配されたが、各クラスの決勝はドライコンディションで行われた。最高峰クラスとなるIA1は、今シーズンからホンダファクトリーチームに移籍し、開幕戦でいきなり両ヒート優勝を達成した成田亮選手(#1)が、この大会でも絶好調。予選を単独走行のトップで通過すると、決勝ヒート1でもスタート直後からトップに立った。そして、序盤からリードを築いた成田選手は、一度も先頭の座を譲ることなく、そのまま独走して優勝した。
 
また決勝ヒート2では、成田選手はスタート直後に順位を上げて、再び1周目をトップでクリア。ヒート1と同様、序盤から積極的にリードを拡大し、開幕から2大会連続となる両ヒート優勝を達成した。「優勝への期待がとくに大きいコースなので、走る前は緊張しました」という成田選手だが、終わってみれば圧巻のレース内容となった。またダンロップ勢では、今年が全日本最高峰クラスへの参戦初年度となる稲垣佳樹選手(#43)が健闘。ヒート1では、1周目から4番手を走行し、6周目には3番手に浮上した。そして、ラスト3周となった18周目に1台の先行を許したものの、4位でフィニッシュした。このヒート1では、北居良樹選手(#9)も追い上げと粘りの走りで5位に入賞している。またヒート2では、小方誠選手(#40)が2番手争いを展開。最終ラップにふたつ順位を落としたが、5位入賞を果たした。


竹中純矢選手が両ヒートを5位でまとめる


ダンロップ勢では、活躍が予想された池谷優太選手(#48)が、予選前の練習走行で転倒して手を負傷。今大会を欠場した。決勝ヒート1。IA2年目のシーズンを戦う竹中純矢選手(#57)が、1周目を7番手でクリア。2周目に6番手、3周目には5番手へとポジションを上げた。4周目以降、竹中選手は4台の先頭集団からはやや引き離されてしまったが、逆に6番手以下との差を拡大。レース後半は単独走行での5番手キープを続け、20周のレースを5位でフィニッシュした。また6位には、1周目10番手から追い上げた斉藤嵩選手(#911)が入賞。田中雅己選手(#113)は、1周目16番手と大きく出遅れたが、パッシングポイントが少ないコースで7位まで追い上げでゴールした。
 
決勝ヒート2では、田中選手が好スタートを切って1周目を2番手でクリア。ヒート1では8位に入った佐藤亮選手(#70)は、6番手の位置を確保した。竹中選手は出遅れ、10番手からの追い上げ。2周目に9番手、5周目には一気に6番手まで順位を上げたが、その後は集団の中で7番手前後の走行が続いた。田中選手は、4周目に3番手、9周目に4番手へと後退して以降も、粘りの走りを続けたが、レース終盤の15周目に5番手となると、翌周に転倒を喫して9番手にダウン。その順位のままゴールした。竹中選手は、レース終盤には6番手を走行し、ラスト3周の18周目にひとりを抜いて再び5位に入賞。1周目13番手から追い上げた斉藤選手が6位、佐藤選手は7位でフィニッシュした。


延永若菜選手が優勝し、ダンロップが再び表彰台を独占!

スタート直後の1コーナーで、5台によるマルチクラッシュが発生。予選をトップ通過し、優勝候補に挙げられていた邵洋子選手(#2)は、これにより完全に出遅れてしまった。1周目をトップでクリアしたのは延永若菜選手(#5)。畑尾樹璃選手(#7)と安原さや選手(#20)がこれに続いた。2周目、安原選手が畑尾選手を抜いて2番手に浮上。3周目以降、延永選手と安原選手が、3番手以下を引き離していった。
序盤は思うようにペースが上がらなかった安原選手は、延永選手のリードを許したが、中盤になってリズムを取り戻して延永選手へと接近。ラスト3周となった8周目には、ついに逆転を果たした。ところがその直後、安原選手は単独転倒を喫して再び2番手へと後退。この結果、延永選手が昨年第9戦以来となる自身2度目の全日本優勝を達成した。2位に安原選手、3位には畑尾選手が入り、ダンロップタイヤは開幕戦に続いて表彰台を独占。さらに、3台によるバトルの結果、4位に伊集院忍選手(#13)、5位に山本泉選手(#3)が入賞し、ダンロップユーザーがトップ5を占めた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `32.32.026 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `32.37.246  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda `32.44.684  
4位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `32.49.305 DUNLOP user
5位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `32.55.607 DUNLOP user
8位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.00.504 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `32.26.247 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `32.34.405  
3位 増田 一将 kazu Racing Project×Westwood Honda `32.35.411  
5位 小方 誠 TEAM HRC Honda `32.37.372 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `33.05.911 DUNLOP user
10位 島崎 大祐 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.12.096 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `32.31.966  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `32.32.925  
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `32.34.904  
5位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki `33.18.001 DUNLOP user
6位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki `33.36.422 DUNLOP user
7位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `33.51.300 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `32.15.700  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `32.21.464  
3位 富田 俊樹 T.E.SPORT Honda `32.25.179  
5位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki `32.41.619 DUNLOP user
6位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki `32.50.690 DUNLOP user
7位 佐藤 亮 N.R.T. Honda `32.51.146 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 延永 若菜 グリーンクラブグリーンシャドウ Kawasaki '17.45.408 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha '17.52.765 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki '18.02.728 DUNLOP user
4位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha '18.07.012 DUNLOP user
5位 山本 泉 TEAM HAMMER Honda '18.10.959 DUNLOP user

第2戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda 100 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 77  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda 74  
5位 小方 誠 TEAM HRC Honda 59 DUNLOP user
9位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 47 DUNLOP user
10位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 46 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 91  
2位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki 88  
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki 83  
5位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki 55 DUNLOP user
6位 佐藤 亮 N.R.T. Honda 54 DUNLOP user
7位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki 53 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 47 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 42 DUNLOP user
3位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha 34 DUNLOP user
4位 延永 若菜 グリーンクラブグリーンシャドウ Kawasaki 33 DUNLOP user
5位 竹内 優菜 SRFスポーツ with REDZONE Suzuki 30