RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/5/13 第3戦 中国大会 広島県 グリーンパーク弘楽園
天気 気温 観客
晴れ 21度 7,150人(2日間)

成田亮選手&ダンロップが3大会連続完全制覇!


今季第3戦の舞台は、広島県のグリーンパーク弘楽園。例年、ここを会場とした中国大会は、春と秋の年2回開催となっている。コースは、ハード路面で、幅が広めでストレートが長い高速レイアウト。今大会は土日とも晴天に恵まれ、このため各クラスの予選が行われた土曜日には、大量の土ボコリが舞った。しかし日曜日は、繰り返し行われた散水作業の結果、ホコリは大幅に減少した。
 
全日本最高峰のIA-1では、今季ここまで2大会4ヒートすべてのレースで、ダンロップタイヤを履く成田亮選手(#1)が1周目からトップに立つ展開で勝利。迎えた今大会決勝ヒート1でも、成田選手はホールショットを奪ってスタート直後からトップを走行した。レース中盤、成田選手はライバル数台のマークを許したが、一度もその座を明け渡すことなく周回を続け、レースは19周でチェッカーに。成田選手が僅差で逃げ切り、今季5勝目を挙げた。またこのレースでは、1周目3番手と好スタートを決めた北居良樹選手(#9)が6位入賞。地元大会となった島崎大祐選手(#52)は、1周目11番手から追い上げ8位でゴールした。
 
さらに決勝ヒート2でも、再び成田選手がホールショット。また稲垣佳樹選手(#43)が1周目4番手と好スタートを切った。島崎選手は9番手から、3周目までに5番手へと順位を上げた。成田選手は、レース中盤になっても2台のライバルを引き離すことができず。それでも、一度もトップの座を明け渡すことなく周回を重ねた。レース終盤、さらにライバルに詰め寄られた成田選手だったが、結局は最後までポジションを死守。今季負けなしの6勝目を挙げた。また島崎選手は6位に入賞。稲垣選手は、転倒により7周目にリタイア。スタート直後に転倒して最後尾から追い上げた北居選手は、11位でゴールした。


田中雅己選手が両ヒートで4位入賞!


予選で圧倒的な速さを披露したのは田中雅己選手(#113)。予選をトップで通過した田中選手のベストラップタイムは、IA-1最速の成田亮選手からわずか0.244秒遅れ。決勝での活躍が期待された。決勝ヒート1、その田中選手は好スタートを切ると、1周目を小川孝平選手(#58)に次ぐ4番手でクリア。3周目に、小川選手が4番手、田中選手が5番手に後退して以降も、トップ集団が見える位置で周回を重ねた。レース後半の11周目、田中選手は小川選手を抜いて4番手に浮上。しかしその後は、前を走るライダーに勝負をかけられず、19周のレースを4位でフィニッシュした。5位に小川選手、6位には1周目23番手と大きく出遅れながらも追い上げた竹中純矢選手(#57)が入賞した。
 
また決勝ヒート2では、竹中選手が4番手、田中選手が6番手で1周目をクリア。しかし小川選手は17番手と、大きく出遅れてしまった。2周目、田中選手は5番手にポジションアップ。翌周には1台に抜かれて再び6番手に後退したが、超接近戦を繰り広げる2番手集団の最後尾に着けた。そして6周目、竹中選手が5番手に後退する一方で、田中選手は4番手へとジャンプアップ。その後、トップから竹中選手までの5台は、やや縦長の集団へと変化していった。この中、さらなる上位進出を狙った田中選手と竹中選手だったが、最後まで順位は変わらず。田中選手が4位、竹中選手が5位に入賞した。6位には1周目9番手から追い上げた上田康平選手(#60)が入り、小川選手は7位でフィニッシュした。


邵洋子選手が勝利。ダンロップが3大会連続で表彰台独占!

昨年度は最終戦までチャンピオン争いを繰り広げながら、今季はこれまで苦戦が続いていた邵洋子選手(#2)が好スタート。1周目に山本泉選手(#3)を抜いてトップに浮上した。安原さや選手(#20)は1周目7番手、延永若菜選手(#5)は1周目9番手と、開幕戦と第2戦のウィナーはいずれもやや出遅れる苦しい展開。それでも安原選手は、2周目に5番手、3周目に3番手へとポジションを上げ、勝利に向けて追い上げを開始した。
 
レース中盤、邵選手は山本選手との差を徐々に拡大してトップを堅守。2番手山本選手の背後には、安原選手と畑尾樹璃選手(#7)が迫った。そして、安原選手が5周目に山本選手をパスし、2番手へと浮上。畑尾選手も8周目に山本選手を抜いた。そしてレースは9周でチェッカー。序盤に築いたアドバンテージを守った邵選手が、今季初優勝を達成。2位には安原選手が入った。最終ラップで畑尾選手が転倒したため、山本選手が3位でゴール。4位に勝股選手、5位に延永選手が入賞し、ダンロップユーザーがトップ5を占めた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `32.04.246 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `32.05.042  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda `32.05.129  
6位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `32.24.600 DUNLOP user
8位 島崎 大祐 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `32.27.222 DUNLOP user
9位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `32.29.273 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `32.24.670 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `32.25.198  
3位 増田 一将 kazu Racing Project×Westwood Honda `32.25.685  
6位 島崎 大祐 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `32.49.194 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `32.54.589 DUNLOP user
9位 小方 誠 TEAM HRC Honda `32.55.583 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `32.05.700  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `32.10.066  
3位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `32.14.079  
4位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `32.25.361 DUNLOP user
5位 小川 孝平 Team ITOMO Honda `32.40.310 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki `32.46.063 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `32.37.255  
2位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `32.40.621  
3位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `32.45.860  
4位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `32.50.603 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki `32.58.207 DUNLOP user
6位 上田 康平 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.26.866 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki '17.15.769 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha '17.17.820 DUNLOP user
3位 山本 泉 TEAM HAMMER Honda '17.26.046 DUNLOP user
4位 勝股 七海 BIKE SHOP JUN with 1WD Honda '17.41.081 DUNLOP user
5位 延永 若菜 グリーンクラブグリーンシャドウ Kawasaki '17.42.225 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda 150 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 121  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda 110  
7位 小方 誠 TEAM HRC Honda 80 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 71 DUNLOP user
10位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 59 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki 133  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 133  
3位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki 130  
5位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda 87 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki 86 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO Honda 77 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 69 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 50 DUNLOP user
3位 延永 若菜 グリーンクラブグリーンシャドウ Kawasaki 49 DUNLOP user
4位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha 47 DUNLOP user
5位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 42 DUNLOP user