RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/5/27 第4戦 SUGO大会 宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
晴れ 23度 3,600人(2日間)

成田亮選手がヒート1優勝でランキングトップを独走!


今季第4戦は、宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。このコースは、今大会だけでなく最終戦の舞台にも設定されている。大会の直前に、リズムセクションとジャンプ、フィニッシュライン前後などに改修が施され、よりライディング技術の差が出て、観客にとっては見どころが多いコースとなった。天候は土日ともに晴れ。気温は20度以上まで上昇し、絶好のモトクロス観戦日和となった。
 
全日本最高峰のIA-1では、今季からホンダに乗る昨年度王者の成田亮選手(#1)とダンロップタイヤが、開幕戦ヒート1から第3戦ヒート2までの6レース連続で、1周目からトップに立ってそのまま優勝。6連勝でこの地元大会を迎えた。そして決勝ヒート1では、再び成田選手が1周目からトップを走行。レース中盤、成田選手は2番手ライダーの追撃を許したが、約3秒のリードは保ったままトップを快走した。ところが、ラスト4周となった14周目にまさかの転倒を喫して2番手へと後退。それでも、成田選手は直後から鋭い追い上げをみせ、翌周には再びトップに立ち、今季7勝目を挙げた。北居良樹選手(#9)は、1周目7番手から7位、稲垣佳樹選手(#43)は2度のミスで順位を落として10位となった。
 
決勝ヒート2では、成田選手がスタートで出遅れてしまい、直後から積極的にライバルを抜くも1周目2番手と、今季初のパターンとなった。そして、2周目以降に成田選手はトップの座を脅かしたが、荒れた路面にやや苦戦し、4周目からは逆にトップの逃げ切りを許す展開に。そのまま2位でフィニッシュした。とはいえ、今回の獲得ポイント数は最多タイ。ランキングトップの座は守っている。またこのヒートでは北居選手が、レース中盤から終盤にかけ2台が何度も順位を入れ替える、白熱の3番手争いを繰り広げた。このバトルは、ラスト3周の15周目まで続いたが、ここで北居選手が転倒。北居選手は10位でのゴールとなった。この影響もあり、稲垣選手はラスト3周で4つ順位を上げて5位に入賞した。


田中雅己選手がヒート2で今季初表彰台の2位!


前戦に続き予選をトップで通過した田中雅己選手(#113)は、決勝ヒート1ではスタートでやや出遅れ、1周目を8番手でクリア。2周目以降、大集団となった混戦の3番手争いに加わった。そして6周目、田中選手は5番手にポジションアップ。さらにレース後半の10周目には、4番手に順位を上げた。終盤、田中選手は3番手ライダーとの距離を縮めたが、荒れた路面を完全攻略できず、ラスト3周には少しタイムを落とし、4位入賞となった。また、予選6番手と前日から好調な走りを続けていた竹中純矢選手(#57)は、1周目17番手と大きく出遅れてしまったが、その後に怒とうの追い上げを披露。レース時間がちょうど半分をすぎた8周目に8番手まで浮上すると、その後も順位を上げて6位入賞を果たした。
 
決勝ヒート2では、田中選手がホールショットを奪い、オープニングラップを2番手でクリアした。しかし竹中選手は、好スタートを決めるも新設されたリズムセクションで1周目に転倒し、1周目25番手からの追い上げとなった。2周目、田中選手は3番手へと順位を下げたが、その後も前を走るライバルをしっかりとマーク。4周目に再び2番手へとポジションを回復すると、その後は後続を引き離していった。そして、17周のレースをハイペースで走破して2位でゴール。今季初となる表彰台登壇を果たした。またこのヒートでは、レース序盤に4台が連なるし烈な4番手争いが繰り広げられ、ここに加わった岡野聖選手(#61)が、粘りの走りで6位に入賞。竹中選手は、11位まで追い上げてゴールした。


邵洋子選手が序盤から後続を離して連勝!

開幕2戦こそ不本意な結果に終わったが、前大会で今季初優勝を挙げて波に乗る邵洋子選手(#2)が、1周目に順位を上げてトップに浮上すると、このオープニングラップだけで2番手以下を約7秒も引き離した。さらに邵選手は、2周目にも約3秒、3周目には約5秒のアドバンテージを積み重ね、序盤で早くも独走態勢を築いた。後方では、1周目5番手から畑尾樹璃選手(#7)が追い上げ、3周目に3番手へとポジションアップ。2番手を狙った。
 
開幕戦で優勝、第2戦と第3戦では2位に入賞している安原さや選手(#20)は、ミスによりスタートで大きく出遅れ、1周目14番手からの追い上げレースに。それでも、2周目には早くも6番手、3周目には5番手、6周目には4番手へと順位を上げ、表彰台圏内でのゴールを狙った。終盤、畑尾選手と安原選手は2番手のライダーに接近したが、逆転のチャンスを得る前にレースは8周でチェッカー。圧倒的な速さで独走した邵選手が優勝、畑尾選手が3位表彰台登壇、安原選手が4位入賞となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `32.21.314 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `32.22.252  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `32.35.653  
7位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.04.906 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `33.17.775 DUNLOP user
10位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.28.429 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `32.55.195  
2位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.11.797 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `33.18.222  
5位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.24.523 DUNLOP user
8位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.30.507 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `33.33.561 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `33.02.262  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `33.09.714  
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `33.23.890  
4位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `33.29.255 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク
with ピュアテックレーシング
Kawasaki `33.32.055 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO Honda `33.43.394 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `33.30.805  
2位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `33.37.842 DUNLOP user
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `33.41.669  
6位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダース Suzuki `34.09.686 DUNLOP user
7位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki `34.12.220 DUNLOP user
8位 上田 康平 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `34.14.388 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki '18.16.549 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 SRFスポーツ with RED ZONE Suzuki '18.35.549  
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki '18.36.659 DUNLOP user
4位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha '18.45.648 DUNLOP user
5位 勝股 七海 BIKE SHOP JUN with 1WD Honda '19.01.329 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda 197 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 168  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda 143  
7位 小方 誠 TEAM HRC Honda 103 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 96 DUNLOP user
10位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 86 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 180  
2位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki 173  
3位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki 171  
4位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda 127 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki 111 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO Honda 103 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 87 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 75 DUNLOP user
3位 延永 若菜 グリーンクラブグリーンシャドウ Kawasaki 62 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 62 DUNLOP user
5位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha 61 DUNLOP user