RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/6/17 第5戦 北海道大会 北海道 北海道オフロードパーク
天気 気温 観客
17度 3,200人(2日間)

成田亮選手が再び連勝記録挑戦をスタート!


今季第5戦の舞台は、これが初の全日本開催となった北海道オフロードパーク。広くフラットな土地をぜい沢に使ってレイアウトされた、本来の土壌である軽石が砕かれたような白色系の砂に整備によって黒土が混ぜられた、火山灰質サンド路面のコースだ。決勝日の天候は早朝から雨。一時的に雨脚が強まり、コースの各所に水たまりができるマディコンディションでレースが行われた。
 
全日本最高峰のIA-1では、前大会のヒート2で、開幕から続いていた成田亮選手(#1)とダンロップタイヤの連勝がストップ。今大会から、新たな挑戦に向けてスタートを切ることになった。その成田選手は、決勝ヒート1では1周目にトップへと浮上。そのまま得意の先行逃げ切りパターンへと持ちこむかと思われた。ところが序盤はペースが上がらず、3周目には2番手に後退。さらにトップとの差を10秒以上にまで拡大される、苦しい展開となった。しかし、レース中盤の8周目になって自分のペースを取り戻した成田選手は、終盤の12周目には首位奪還に成功。その後は後続をやや引き離して、今季8勝目を挙げた。
 
また決勝ヒート2では、成田選手は1周目を2番手でクリア。翌周にトップへと浮上すると、その後は2台のライバルを従えたまま走行。レースを完全にコントロールしながら周回を重ね、そのままトップチェッカーを受けた。これにより成田選手は、今季4度目の両ヒート制覇を果たした。なおこのヒートでは、ヒート1ではスタート直後の転倒で出遅れて10位に終わった島崎大祐選手(#52)が、1周目8番手からレース終盤に追い上げて5位入賞。星野裕選手(#123)は、ヒート1に続き7位となり、両ヒート総合成績では島崎選手をひとつ上回る6位となった。ポイントランキングでは、成田選手がリードを39ポイントに拡大した。


田中雅己選手がヒート1で今季2度目の2位!


決勝ヒート1では、スタート直後のマルチクラッシュにより、レースが仕切り直しに。2度目となったスタートで、予選を3番手で通過した田中雅己選手(#113)は1周目7番手の位置を確保。2周目、上位陣がバタついている間に、1周目を3番手でクリアした岡野聖選手(#61)がトップへと浮上した。岡野選手は、5周目に2番手へと順位を下げたが、その後も2番手をキープ。その10秒以上後方では、田中選手が一度は転倒しながらも再び順位を上げ、7周目には3番手へと浮上した。そしてレース終盤にかけ、田中選手は岡野選手との差をじりじりと縮め、13周目にはついに逆転成功。しかしこのバトルで岡野選手が転倒して足を痛め、9位でゴールすることになった。そして、レースは16周でチェッカー。田中選手が2位表彰台に登壇した。
 
また決勝ヒート2では、ヒート1では序盤から上位を走行して5位入賞を果たした竹中純矢選手(#57)が6番手、田中選手が7番手でオープニングラップをクリア。3周目には、竹中選手が4番手、田中選手が5番手を走行していたが、翌周に田中選手が転倒を喫して16番手まで後退してしまった。しかしここから田中選手は、驚異的な追い上げを披露。わずか3周で8番手までポジションを回復すると、10周目には再び4番手をキープしていた竹中選手の背後にまで迫った。そして翌周、田中選手が4番手に浮上。この段階で上位3台との差が広がりすぎてしまっていたことから、田中選手は4位でフィニッシュとなった。さらに、竹中選手が5位に入賞。この結果、両ヒート総合成績では田中選手が3位、竹中選手が5位となった。


波乱続きのレースを制して邵洋子選手が3連勝!

安原さや選手(#20)が好スタートを切ったが、1周目にこれを邵洋子選手(#2)がパス。邵選手、安原選手、延永若菜選手(#5)、伊集院忍選手(#13)のダンロップ勢がトップ4を形成して2周目に入ると、ここで邵選手が転倒。これに巻き込まれるカタチとなった安原選手も転倒し、延永選手、安原選手、邵選手、伊集院選手の順となった。3周目、邵選手が再び転倒して一時4番手。延永選手を抜いてトップに立った安原選手も、直後に転んで後退した。
 
さらに、トップを走っていた延永選手も、5周目に転んで5番手まで後退。上位勢が混乱のレースを展開しているうちに、1周目8番手と出遅れた畑尾樹璃選手(#7)が追いつき、6周目には邵選手、畑尾選手、伊集院選手の順となった。そして最終の8周目、畑尾選手は邵選手の背後に迫ったが、順位は変わらず。邵選手が3連勝となる優勝、畑尾選手が2位、伊集院選手が全日本初表彰台となる3位に入賞し、ダンロップが表彰台を独占した。安原選手は、5周目に転倒してリタイアとなった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.28.352 DUNLOP user
2位 平田 優 TEAM HRC Honda `33.32.153  
3位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `33.40.577  
6位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `34.36.658 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `34.41.997 DUNLOP user
8位 小方 誠 TEAM HRC Honda `35.03.738 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.04.571 DUNLOP user
2位 平田 優 TEAM HRC Honda `33.08.574  
3位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki `33.10.170  
5位 島崎 大祐 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.57.542 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `34.28.574 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.47.270 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `33.41.279  
2位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `33.44.039 DUNLOP user
3位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `33.47.917  
5位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク
with ピュアテックレーシング
Kawasaki `34.19.421 DUNLOP user
7位 安原 志 YAMAHA Racing Youth with 名阪R Yamaha `34.26.291 DUNLOP user
9位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダース Suzuki `34.58.350 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `34.18.940  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `34.32.498  
3位 富田 俊樹 T.E.SPORT Honda `34.38.853  
4位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `35.06.341 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク
with ピュアテックレーシング
Kawasaki `35.17.209 DUNLOP user
8位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki `35.49.163 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki '19.54.048 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki '19.57.550 DUNLOP user
3位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha '20.10.140 DUNLOP user
4位 竹内 優菜 SRFスポーツ with RED ZONE Suzuki '20.33.904  
5位 延永 若菜 グリーンクラブ グリーンシャドウ Kawasaki '20.47.238 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda 247 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 208  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda 187  
7位 小方 誠 TEAM HRC Honda 126 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 118 DUNLOP user
9位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 113 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 222  
2位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki 214  
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki 198  
4位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda 167 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki 143 DUNLOP user
7位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki 116 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 100 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 87 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 84 DUNLOP user
4位 伊集院 忍 YAMAHA Racing Youth with RT鷹 Yamaha 81 DUNLOP user
5位 延永 若菜 グリーンクラブグリーンシャドウ Kawasaki 78 DUNLOP user