RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/7/1 第6戦 東北大会 岩手県 藤沢スポーツランド
天気 気温 観客
曇り一時雨 20度 2,600人(2日間)

リアにMX11を履いた成田亮選手が両ヒートで勝利!


2ヵ月間の長いインターバルを直後に控えた今季第6戦は、岩手県南部の一関市藤沢町にある藤沢スポーツランドで開催された。決勝が行われた日曜日の天候は曇り一時雨。しかし、前大会のような強い雨にはならず、さらにお昼前に雨は止んだ。路面はサンド質。例年よりも硬く締まった印象だったが、それでも日曜日午後を中心に、路面にはサンド特有の大きなギャップが多く発生した。
 
全日本最高峰となるIA-1の決勝ヒート1では、前大会で再び連勝記録をスタートした成田亮選手(#1)がホールショットを奪うと、翌周から徐々に後続との差を拡大。今大会では、ライダーによってタイヤの好みがかなり分かれたが、成田選手はフロントにソフト系、リアには市販品とまったく同じサンド路面用のMX11を選択。この組み合わせで路面の柔らかいラインを選んで走る作戦が成功し、レース後半までに大量リードを築いた。そして成田選手は、そのままトップでフィニッシュ。今季10勝目を挙げた。また、スタート直後に3番手争いに加わった小方誠選手(#40)は、レース終盤にマシントラブルで我慢の走りを強いられるも5位入賞。1周目11番手から追い上げた島崎大祐選手(#52)は6位入賞を果たした。
 
またヒート2でも、成田選手はホールショットを奪ってスタート直後からトップを走行。5周目までに早くも約7秒のアドバンテージを得ると、その後も安定した走りで単独走行を続け、前大会に続く両ヒート制覇を達成した。「上位勢でMX11をチョイスしたのは僕だけだったと思いますが、今日のような路面では、ラインをしっかり選べばかなりの武器になります」と、市販品MX11の性能を評価した成田選手。一方で、「2ヵ月のインターバルは国内でテストとトレーニングを重ね、第7戦近畿大会に備えます」と、早くも次のレースに目を向けていた。なおこのヒート2では、1周目8番手から追い上げた小方選手が6位入賞。同10番手と再び出遅れた島崎選手も、最後まで攻めの走りを続けて7位でゴールした。


田中雅己選手がIA初優勝と両ヒート制覇を達成!


決勝ヒート1では、岡野聖選手(#61)が2番手、田中雅己選手(#113)が4番手で1周目をクリア。ダンロップのサポートライダーではクラスでただひとり、リアにサンド路面用の市販版MX11をチョイスした田中選手は、レース序盤こそややペースが上がらずにいたが、中盤になってMX11の特性を最大限に生かせる柔らかいラインを走りながらペースアップ。岡野選手が8周目に5番手へと後退したことにより4番手に順位を回復すると、その後は4台による僅差のトップ争いに加わった。そして、13周目に2台が接触転倒した際にトップへと浮上。その後は後続を引き離し、IA昇格後初の全日本優勝を果たした。またこのヒートでは、1周目12番手から追い上げた小川孝平選手(#58)が5位、岡野選手が6位に入賞した。
 
決勝ヒート2では、田中選手がしっかりとスタートを決め、1周目を2番手でクリア。その直後からトップのライダーをマークすると、6周目に満を持してトップに立った。その後、田中選手はあまり後続を引き離せずにいたが、レースが後半に入ったころからアドバンテージを拡大。結局、17周のレースを危なげなく走破し、両ヒート制覇を達成した。「2大会連続で2位に入賞していたので、チャンスは来ると思っていましたが、両ヒートで勝てるとは思っていなかったので、ちょっと驚いています」と、田中選手は表彰台の中央で笑顔をみせた。なおこのヒートでは、レース終盤に小川選手、斉藤嵩選手(#911)、竹中純矢選手(#57)ら4名が激しい4番手争いを展開。ラスト2分で順位を上げた竹中選手が4位、斉藤選手が5位に入賞。小川選手は7位となった。


安原さや選手が優勝、邵洋子選手が2位!

安原さや選手(#20)が4番手、邵洋子選手はやや出遅れて7番手で1周目をクリア。しかし2周目、両者は順当な追い上げをみせ、安原選手がトップ、邵選手が2番手に浮上した。そして3周目以降、安原選手と邵選手は接近戦を展開。ミディアム系タイヤのMX51を履く安原選手と、ソフト系のMX31をチョイスした邵選手のラップタイムはほとんど変わらず、両者はレースが後半になってもなお僅差のトップ争いを繰り広げた。
 
するとここに、3周目に4番手へと浮上した畑尾樹璃選手(#7)までの2台が近づいてきて、終盤にはトップ争いが4台による接近戦に。しかし、順位が入れ替わることはなく、最後に邵選手をやや引き離した安原選手が今季2度目となる優勝。2位に邵選手、4位に畑尾選手が入賞した。「前戦はケガでリタイアしてしまったので、今回はとにかく自分らしい走りをして楽しむことを目指しました」と、表彰台の上で安原選手は笑顔をみせた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.07.410 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `33.15.108  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda `33.19.045  
5位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.37.627 DUNLOP user
6位 島崎 大祐 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.40.865 DUNLOP user
7位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.52.365 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.11.772 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `33.14.215  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda `33.17.406  
6位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.33.752 DUNLOP user
7位 島崎 大祐 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.38.962 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `33.47.411 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `34.04.278 DUNLOP user
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda `34.12.684  
3位 富田 俊樹 T.E.SPORT Honda `34.15.665  
5位 小川 孝平 Team ITOMO Honda `34.24.870 DUNLOP user
6位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダース Suzuki `34.25.760 DUNLOP user
7位 佐藤 亮 N.R.T. Honda `34.27.776 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda `33.57.728 DUNLOP user
2位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki `34.00.889  
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki `34.10.768  
4位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク
with ピュアテックレーシング
Kawasaki `34.12.261 DUNLOP user
5位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki `34.14.665 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO Honda `34.19.853 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `17.21.959 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki `17.24.118 DUNLOP user
3位 竹内 優菜 SRFスポーツ with RED ZONE Suzuki `17.24.633  
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki `17.24.868 DUNLOP user
5位 名井 由香里 KTMうず潮レーシング福山 KTM `17.51.252  

第6戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda 297 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. Kawasaki 239  
3位 平田 優 TEAM HRC Honda 227  
6位 小方 誠 TEAM HRC Honda 157 DUNLOP user
7位 稲垣 佳樹 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki 138 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 132 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 山本 鯨 Team SUZUKI Suzuki 254  
2位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS Honda 254  
3位 三原 拓也 K.R.T. Kawasaki 231  
4位 田中 雅己 TEAM ナカキホンダ×CRF Honda 217 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 グリーンクラブ成田MXパーク with
ピュアテックレーシング
Kawasaki 170 DUNLOP user
7位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 Suzuki 144 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 122 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 112 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 102 DUNLOP user
4位 竹内 優菜 SRFスポーツ with RED ZONE Suzuki 90  
5位 延永 若菜 グリーンクラブグリーンシャドウ Kawasaki 89 DUNLOP user