FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/5/26-27 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 SUPER 2&4 RACE in Autopolis
天気 気温 観客
晴れ 23.4度 5,455人(26日)、11,650人(27日)

中冨選手が、レース1、2とも、2位表彰台を獲得






第4戦は、4輪のフォーミュラーニッポンとの共催で、ST600クラスのみが開催された。
初日の26日土曜日の午前中に予選が行われた。
ノックアウト形式で、ノックアウト1の結果でレース1のグリッド、ノックアウト2の結果でレース2のグリッドに並ぶ。
ノックアウト1の結果は、中冨伸一選手(ヤマハ)は5位。國川浩道選手(ホンダ)は12位、佐藤裕児選手(ヤマハ)14位、伊藤勇樹選手(ヤマハ)19位となる。
続くノックアウト2は、中冨選手5位、佐藤選手10位、國川選手15位、伊藤選手20位に入った。
 
<決勝レース1>
土曜日の午後3時半から、レース1が始まった。中冨選手は序盤から先頭集団に加わり5番手につけていく。
6周目、3番手につけていた津田拓也選手(スズキ)のマシンが白煙を吹いてエンジンブロー、そのままリタイアとなる。
この後、タイ・ヤマハのタイ人ライダーふたりが1、2体制となり、3位小林龍太選手(ホンダ)の後方で、中冨選手は渡辺一馬選手(ホンダ)と4位争いを演じていく。
レース中盤、中冨選手は渡辺選手の先行を許すが、終盤に向けて追い上げを図っていく。中冨選手、渡辺選手の2台は、3位小林選手に接近。終盤は、この3台が3位争いを繰り広げていく。
小林選手、中冨選手、渡辺選手は何度も順位を入れ替えながら激戦を展開。中冨選手は、残り2周で渡辺選手をパス、ラストラップには小林選手を抜き去ることに成功する。
そしてラストラップに前方2位のC・ポラマイ選手(ヤマハ)がクラッシュ。これで中冨選手が2位となって、チェッカーを受けた。
「レース序盤は小林選手が速いペースだったので、離されないように頑張っていたのですが、津田選手のマシンがトラブルでオイル吹いたときに、転倒しそうになってしまい、ペースを上げられなくなってしまった。渡辺選手に抜かれてから、後ろに付いていって、いいペースだったので引っ張ってもらいました。走っているうちに、オイルがついた部分が大丈夫ということが分かったのが大きかったです。残り周回数と差を見て、前に追い付いてから動こうと思っていました」と中冨選手は語った。
また、佐藤選手は7位、伊藤選手は8位でゴール。國川選手は他車が出したオイルに乗り転倒、レース序盤にリタイアした。
 
<決勝レース2>
朝から晴天に恵まれた日曜日。午後12時45分からレース2が始まった。
中冨選手は好スタートを決めると、1周目にD・クライサルト選手(ヤマハ)、大崎誠之選手(ヤマハ)の後ろ3番手につける。
2周目に入ると、中冨選手は大崎選手を抜き去り2位に浮上。トップのクライサルト選手の後ろにぴたりとつける。
序盤から、トップのクライサルト選手、中冨選手、大崎選手、井筒仁康選手(カワサキ)の4台がトップ集団を形成。僅差の戦いを見せていく。
中盤になると、後方から津田拓也選手(スズキ)が追いつきトップ集団は5台にふえる。中冨選手はトップのタイ人ライダー、クライサルト選手の後方2番手につけて前にでるチャンスをうかがっていく。
そして、11周目の1コーナーで中冨選手はクライサルト選手をパスして先頭にでる。しかし、すぐに抜き返されて再び2番手となる。
レース終盤になっても、上位の5台は僅差の戦いは続いていく。
中冨選手は、最後までトップのクライサルト選手の隙をうかがっていくが、前にでることはできず。とはいえ、後方から迫る井筒選手のアタックを抑えると、2位でチェッカー。
中冨選手はレース2も2位表彰台を獲得した。
「レースのペースは、昨日(レース1)より速くなかったのでついていくことができたけれど、抜くところまでなかなかいけませんでした。一度、前に出てみたのですが、すぐに抜かれてしまったので、レース終盤に仕掛けたかったけれど、何もできなかったです。チームもダンロップさんも全力で頑張ってくれているので、後半戦で何とか勝ちにいきたいです」と中冨選手は語った。
また、佐藤選手は、レース序盤から第2集団の先頭6位をキープ。稲垣誠選手(ヤマハ)、手島雄介選手(ホンダ)などに追われていくが、最後まで後続を抑えきり6位でゴールした。
「序盤でペースが上がらず、トップグループと差が開いてしまいましたが、最後の最後まで全力で走りました」と佐藤選手はコメントした。
伊藤選手は10位。國川選手はレース1の転倒で肺挫傷と脳震盪などを負い、体調不良のために欠場している。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 D.Kraisart Yamaha Thailand Racing Team Yamaha '30.33.183  
2位 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha '30.35.770 DUNLOP user
3位 小林 龍太 MuSASHi RT ハルクプロ Honda '30.35.947  
7位 佐藤 裕児 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha '30.51.930 DUNLOP user
8位 伊藤 勇樹 DOG FIGHT RACING YAMAHA Yamaha '30.52.445 DUNLOP user
リタイヤ 國川 浩道 HiRaNo Hou You Honda '9.40.131 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 D.Kraisart Yamaha Thailand Racing Team Yamaha '30.40.525  
2位 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha '30.40.987 DUNLOP user
3位 井筒 仁康 RS-ITOH & ASIA Kawasaki '30.41.101  
6位 佐藤 裕児 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha '30.50.147 DUNLOP user
10位 伊藤 勇樹 DOG FIGHT RACING YAMAHA Yamaha '31.00.575 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 D.Kraisart Yamaha Thailand Racing Team Yamaha 92  
2位 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 74 DUNLOP user
3位 井筒 仁康 RS-ITOH & ASIA Kawasaki 56  
9位 伊藤 勇樹 DOG FIGHT RACING YAMAHA Yamaha 46 DUNLOP user
10位 佐藤 裕児 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 45 DUNLOP user
16位 國川 浩道 HiRaNo・HouYou Honda 21 DUNLOP user