FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2012/8/5 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 MOTEGI 2&4 RACE
天気 気温 観客
晴れ 32.9度 16,000人

中本選手は無念のクラッシュ。大木選手が8位でゴール



鈴鹿8耐の翌週、ツインリンクもてぎで全日本選手権第5戦が開催された。
今回は4輪のフォーミュラー日本との併催で、J-GP2、J-GP3の2クラス開催となる。
真夏の暑さのなか、土曜日に公式予選が行われた。4輪の走行後ということで前日の練習走行から路面状況が変わり、難しいコンディションとなったが、中本郡選手(ヤマハ)は、好調な走りを披露。
予選2番手、フロントローからスタートすることになった。
「これほど路面状況が変わるとは思いませんでした。バイクのフィーリングが全く変わってしまいました。ベストタイムを単独で出せましたが、今ひとつ安定しないので、決勝朝のウォームアップで確認して決勝ではベストを尽くします」と中本選手。
ポイントリーダーの渡辺一樹選手(カワサキ)は、3番手につける。「金曜は違うセットを試したのですが外してしまったので開幕戦の状態に戻しました。シリーズを考えると関口選手が一番のライバルになると思うので負けないように頑張ります」とコメントした。
また、中本選手の弟、中本翔選手が同じMOTO BUM HONDAからエントリーして予選9番手。大木崇行選手(ホンダ)は11位に入った。
 
決勝当日は、気温30度、路面温度50度以上という厳しいコンディションとなった。
決勝レースがスタートすると、中本郡選手は好スタートを切り、トップを行く関口太郎選手(TSR)など上位陣に続いていた。ところが、中本郡選手はオープニングラップのビクトリーコーナーで無念のクラッシュ。すぐに再スタートを切るが、大きく遅れをとってしまう。
さらに、4周目には6位につけていた渡辺選手が転倒。弟の中本翔選手(ヤマハ)も上位グループに加わっていたが、5周目に転倒してしまう。
厳しいコンディションということで、転倒車が相次ぐ中、大木崇行選手(ホンダ)は中盤から8位につけていく。
順位を上げることはできなかったが、そのまま8位でチェッカーフラッグを受けた。
一方、再スタートした中本郡選手は、最後まで粘り強く走り続け13位でゴールした。


ベテランの仲城選手が、今季初優勝を決める




J-GP3の公式予選では、長島哲太選手(ホンダ)が2位、仲城英幸選手(ホンダ)が3位で、Projectμ7C HARCの2人が揃ってフロントローをゲットした。
「予選が始まった直後は、自分の思ったところで止まれず、まとまっていない感じでした。ラストアタックで何とか2番手に入れました。セッティングはいい方向に向かっています。オープニングラップは路面が汚れていそうなので気をつけますが、ガンガン行きたいですね」と長島選手。
仲城選手は「予選ではセッティングを変えて、いいところを伸ばす方向でやりました。マシンの状態はいいので、自信がありますね。トップ争いは、なるべく少ない台数にしたいので、レースを引っ張るかもしれませんね」とコメントした。
また、ポイントリーダーの山本剛大選手(ホンダ)は4番手、國峰啄磨選手(ホンダ)は5番手で2列目。森俊也選手(ホンダ)は10番手となった。
 
決勝レースが始まると、長島選手、仲城選手、山本選手がトップ3につける。さらに、國峰選手も上位グループに加わる好スタートを切る。
3周目になると、長島選手、山本選手、徳留真紀選手(ホンダ)、仲城選手、國峰選手、ポールシッターの山田誓己選手(ホンダ)の6台がトップ集団を作り、接近戦を繰り広げていく。
5周目、長島選手がヘアピンで転倒。他の5台はその後も激しいつばぜり合いを続けていく。
7周目になると仲城選手がトップに浮上。國峰選手、山田選手、山本選手、徳留選手も遅れずについていく。
仲城選手は翌周、いったん國峰選手に抜かれるがすぐにトップを奪回。後続を抑えていく。
後半に入っても、トップ5台が激戦を展開。仲城選手はトップを守っていくが、國峰選手、徳留選手がぴたりと続く。さらに山本選手、山田選手もポジションをアップを狙ってついていく。
残り2周になるとトップの仲城選手がラストスパート。後続を圧倒していくと、そのまま今季初優勝を決めた。
「今シーズンこれまでの2戦で、なかなか自分の走りができず、フラストレーションが溜まっていました。今回は、やっといい感触が戻ってきたか感じです。金曜の走行でいいタイムを刻めていたので手応えはありました。バイクは、これまでよりトップスピードが伸びるようになったし、車体や足回りがよくなった。これまでの2戦は足回りのセッティングを大幅に変えて探っていたけど、どうしても自分のイメージと違って、勝負できないつらいレースが続いていました。今回のレースを走って、だいたいの感じはつかめましたし、バイクも安定して走るようになったので後半戦が楽しみです」と仲城選手。
一方、國峰選手は2番手についていたが、最終ラップでベテランの徳留選手に抜かれてしまう。とはいえ、3位を守りきって表彰台を死守した。
「また表彰台に上れてよかった。前回の筑波で転倒したのが大きかったので、今回は1位を狙って頑張って走ったのですが、後半に抜かれてしまいました。また抜こうと思いましたが、トップからは、ちょっと離れていたので勝負できませんでした。せめて2位を保とうと思いましたが最後に90度コーナーで徳留さんに抜かれてしまい、(山本)剛大さんも来ていたので、がんばって3番手を守りました。今回は安定して走れなかったのが敗因です。コーナーでミスして追いつかれていたので、それがなければ、トップを狙えたと思う。レース中はファステストラップも出せたので自信になりました」と國峰選手は語った。
また、4番手につけていた山本選手は、最終コーナー手前でオーバーラン。山田選手に抜かれて5位でチェッカー。森選手は7位に入った。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 関口 太郎 Team TARO PLUS ONE TSR '34.46.421  
2位 野佐根 航汰 ウェビックチームノリックヤマハ Yamaha '34.56.118  
3位 野田 弘樹 テルル&イー・モバイル★Kohara RT TSR '35.05.368  
8位 大木 崇行 MOTO BUM HONDA Honda '35.30.757 DUNLOP user
13位 中本 郡 リリカAMENA with Out Run Yamaha '35.33.988
-1 lap
DUNLOP user
リタイヤ 中本 翔 リリカAMENA with Out Run Yamaha '7.56.981 DUNLOP user
リタイヤ 渡辺 一樹 RS-ITOH&ASIA kawasaki '5.58.275 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 仲城 英幸 Projectμ7C HARC Honda '30.46.001 DUNLOP user
2位 徳留 真紀 MuSASHi RT ハルクプロ Honda '30.46.209  
3位 國峰 啄磨 JARIRacing+ENDURANCE Honda '30.46.751 DUNLOP user
5位 山本 剛大 Team NOBBY Honda '30.54.746 DUNLOP user
7位 森 俊也 Team NOBBY Honda '31.06.939 DUNLOP user
リタイア 長島 哲太 Projectμ7C HARC Honda '8.17.725 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 関口 太郎 Team TARO PLUS-ONE TSR 63  
2位 岩田 悟 CLUB PLUS ONE Honda 49  
3位 野田 弘樹 テルル&イー・モバイル★Kohara RT TSR 48  
4位 渡辺 一樹 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 47 DUNLOP user
8位 中本 郡 リリカAMENA with Out Run Yamaha 41 DUNLOP user
9位 大木 崇行 MOTO BUM HONDA Honda 40 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 徳留 真紀 MuSASHi RT ハルクプロ Honda 60  
2位 仲城英幸 Projectμ7C HARC Honda 58 DUNLOP user
3位 山本 剛大 Team NOBBY Honda 56 DUNLOP user
5位 森俊也 Team NOBBY Honda 41 DUNLOP user
7位 國峰 啄磨 JARIRacing+ENDURANCE Honda 40 DUNLOP user
11位 長島 哲太 Projectμ7C HARC Honda 25 DUNLOP user