RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/6/22 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第5戦
メリーランド州メカニックスビル/バッズクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 29度 不明

ビロポートvsダンジー互角の争い、総合優勝はダンジーが獲得!




 首都ワシントンの南東、ポトマック川とチェサピーク湾に挟まれた半島にバッズクリーク・モトクロスパークがある。谷間に設けられているためアップダウンや逆バンクが多く、ジャンプのバリエーションも豊富な名門コースだ。土質は乾くとハードになるが、大会前にはほぼ全周にわたって掘り返されるので、ザクザクの路面にはやがて走行ラインが刻まれ、深いワダチへと表情を変える。コース幅の広い部分にはイン側に障害となる山を設け、インとアウトが公平になるような工夫が随所に盛り込まれていた。
 
 450クラスのヒート1は、マイク・アレッシ(スズキ)のホールショットで幕を開けたが、すぐにライアン・ビロポート(カワサキ)とライアン・ダンジー(KTM)が先行。ビロポートはオープニングラップ、2位ダンジーに対し3.5秒のリードをつけた。3位アレッシの後ろには、ライアン・サイプス(スズキ)、ジャスティン・バーシア(ホンダ)、ジェイムズ・スチュワート(スズキ)が控えていたが、3周目の低地にあった散水の水たまりでスチュワートが転倒し、15位まで後退した。
 レース中盤すぎには、トップ争いがビロポートとダンジーの2人に絞られた。15分頃になると周遅れの出現により、トップのビロポートがややペースダウン。両者のマージンは1秒差まで縮まったが、12周目にダンジーが転倒。再スタートに時間がかかったことで、ダンジーはビロポートに決定的な30秒以上のリードを与えた。終盤はビロポートが余裕の独走を決め込み、今季8勝目をゲット。大差の2位にダンジー、3位にアレッシが続いた。
 
 450クラスのヒート2では、アレッシが連続ホールショットを決めたが、すぐにダンジーがトップに躍り出た。3位以下にはアンドリュー・ショート(KTM)、ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)、チャド・リード(ホンダ)が続き、やや出遅れたビロポートがオープニングラップ6位につけた。ここから徐々にポジションアップを果たしたビロポートは、5周目には2位に浮上。だがこの段階でダンジーの逃げ足が速く、1周ごとに1秒引き離されていった。
 レース中盤、ビロポートの背後ではクラッシュが多発し、アレッシやスチュワートが後退。替わって9周目には、マルコム・スチュワート(ホンダ)が3位に躍進してきた。トップのダンジーは終盤になっても、20秒以上のリードを確保して独走を続け、今シーズン2勝目となるチェッカーを受けた。獲得ポイントはビロポートと同点ながら、ヒート2優先により総合優勝はダンジーが獲得した。


ディフェンディングチャンピオンのバゲットが今季初優勝!



 250クラスのヒート1では、マービン・ムスキャン(KTM)、ウィル・ハーン(ホンダ)、ジョーイ・サバッチー(KTM)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、ジェイソン・アンダーソン(スズキ)が好スタート。ディフェンディングチャンピオンのブレイク・バゲット(カワサキ)はスタート8位、ポイントリーダーのケン・ロクスン(KTM)は10位と出遅れた。ハーンはスーパークロス最終戦で負傷して以来のカムバック、そして新人のシアンサルーロは今大会がデビュー戦というフレッシュな上位陣だったが、様相は数周で一変する。
 トップのムスキャンはそのままだったが、5周目には2位にロクスン、7周目には3位にバゲットが躍進。当初は間隔が開いていた3台だが、レース後半になると徐々に接近し、10周目からはトップ争いが三つ巴のデッドヒートとなる。終盤になるとバゲットが持ち前のスパートを発揮し、14周目にはロクスンを抜いて2位、15周目にはムスキャンに替わってリーダーに浮上。最も自分らしいパターンで今季初勝利を飾ったバゲットであった。
 
 250クラスのヒート2では、ダリン・デュラム(カワサキ)が1周目から飛び出し、バゲット、ハーン、コール・シーリー(ホンダ)らがトップグループを形成した。ポイントリーダーのロクスンは、オープニング7位と出遅れた。デュラムとバゲットの1-2走行を見る限り、ヒート1を制したバゲットが優勢と思われていたが、ここに何とスタート13位と出遅れていたイーライ・トマック(ホンダ)が、猛然と追い上げ参入してくるのだ。
 7周目に3位に浮上した時、トマックの前には8秒ほどのギャップがあったが、10周目にはデュラム、バゲット、トマックが三つ巴となり、11周目には2台を一気に抜き去ったトマックがトップに躍り出る。明らかなスピード差を見せつけたトマックは、瞬く間に10秒以上の独走状態となってフィニッシュ。今シーズン3勝目を挙げた。この結果、総合優勝はバゲット(1位/2位)に決定。450/250ともに、ゼッケン1番が今大会のオーバーオールウィナーとなっている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '34.52.418 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +50.908 DUNLOP user
3 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +1.05.622 DUNLOP user
4 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +1.10.398 DUNLOP user
5 35 R・サイプス Rockstar Energy Racing Suzuki +1.17.559 DUNLOP user
6 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +1.25.914 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '35.06.733 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +17.787 DUNLOP user
3 32 M・スチュワート Troy Lee Designs Lucas Oil Honda +36.874 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +38.592 DUNLOP user
5 20 B・ティックル RAM Sycuan Suzuki Suzuki +1.02.465 DUNLOP user
6 49 P・ニコレッティ N-Fab TiLube Yamaha +1.02.785 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki '35.26.494 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +4.347 DUNLOP user
3 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +6.534 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki +41.768 DUNLOP user
5 17 E・トマック Geico Honda Honda +45.642 DUNLOP user
6 19 W・ハーン Geico Powersports Honda +50.463 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '35.15.365 DUNLOP user
2 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +10.229 DUNLOP user
3 44 D・デュラム Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +36.564 DUNLOP user
4 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +41.508 DUNLOP user
5 19 W・ハーン Geico Powersports Honda +43.226 DUNLOP user
6 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +43.629 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 240 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 224 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda 179 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 153 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 136 DUNLOP user
6 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 122 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 220 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Honda Honda 211 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 199 DUNLOP user
4 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 188 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda 149 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki 128 DUNLOP user