RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/6/29 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第6戦
マサチューセッツ州サウスウィック/モトクロス338
天気 気温 観客
晴れ 30度 不明

最後のサウスウィック、ダンジーが総合優勝を果たす!




 サウスウィックのモトクロス338は、AMAプロモトクロス開催地の中でも屈指の名コースだが、今シーズン限りで閉鎖されることになった。今回が最後のナショナルとあって、地元のレジェンドライダー、ジョン・ダウド(43歳)が息子のライアン・ダウド(15歳)と一緒に出場を果たしたが、ライアンは予選で敗退し決勝のスターティンググリッドには並べなかった。モトクロス338の土質はディープサンドと呼ばれるが、オランダやベルギーのような底なしのサンドと比べると、意外に硬く締まっている。そのため荒れてくるとギャップからの跳ね返りがきつくなり、注意深いライディングが求められる難コースだ。今週末は雷雨の予報が出ていたが、ウィメンズのヒート2の間に降られた以外は晴れたり曇ったりという天気だった。
 
 450クラスのヒート1では、ジェイムズ・スチュワート(スズキ)がホールショットを取り、アンドリュー・ショート(KTM)、フィル・ニコレッティ(ヤマハ)、そしてスポット参戦のブレット・メットカーフ(カワサキ)が上位につけた。1コーナーではマルチクラッシュがあり、これに巻き込まれたライアン・ビロポート(カワサキ)は1周目30位というハンディキャップを背負った。トップのスチュワートは早々と独走態勢を作り、10秒ほどのリードを確保したが、10周目に転倒リタイア。この機にショートがトップに立った。
 終盤になると、スタート10位から追い上げたライアン・ダンジー(KTM)、同じく15位から挽回してきたジャスティン・バーシア(ホンダ)が上位に迫ってくる。30分を経過する頃には、ショートvsダンジーのトップ争い、メットカーフvsバーシアの3位争いに超人的なスピードで最後尾近くから追い上げてきたビロポートも加わった。白熱したバトルを制したのは、ラスト2周でトップに立ったダンジー。2位ショート以下、バーシア、ビロポートが僅差でチェッカーを受けた。
 
 450クラスのヒート2では、ビロポートを先頭にダンジー、バーシア、スチュワートらが好スタートを切った。序盤はビロポートとダンジーが1〜2秒差を保ったまま周回を重ねたが、後半になるとダンジーのペースが鈍り、ビロポートの独走態勢が確かなものとなる。最終的にビロポートがダンジーを14秒引き離してフィニッシュ。この結果、ダンジーが総合優勝(1位/2位)を果たし、ランキング首位ビロポート(4位/1位)に対し12ポイント差に詰め寄る形となっている。


オーバーオールウィナーのトマックがロクスンに急迫!



 250クラスのヒート1では、イーライ・トマック(ホンダ)、ウィル・ハーン(ホンダ)、ジミー・デコティス(ホンダ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)らがスタート直後のトップグループを占めた。1コーナーではマービン・ムスキャン(KTM)が転倒し、後方集団からの追い上げを強いられる。またポイントリーダーのケン・ロクスン(KTM)も、オープニングラップ11位と不利なポジションからのレースになった。序盤から飛ばすトマックはチームメイトのハーンに対し、4周で12秒もの大差をつける。5周目には転倒を喫したトマックだったが、すぐに再スタートして事なきを得た。
 序盤2位につけていたハーンは、ホールショット賞を取るほど乗れていたが、マシントラブルでリタイア。替わって2位に浮上したバゲット、そして3位まで挽回してきたロクスンがトマックを追いかける形となった。しかしトマックのハイペースは、バゲットやロクスンよりも2秒以上も速く、周回を重ねるごとにトマックの独走が際立つばかりだった。バゲットとロクスンは後半になっても1秒差の接戦を続けていたが、25分すぎにロクスンが転倒したことでバトルに終止符が打たれた。レースはトマックの圧勝に終わった。
 
 250クラスのヒート2は、オープニングからロクスンとムスキャンが1-2フォーメーションを披露した。3位以下にはザック・オズボーン(ホンダ)、ジェイソン・アンダーソン(スズキ)、そして地元の大声援を受けてマサチューセッツ州出身のデコティスが5位につけた。ヒート1の勝者トマックは、スタート11位と出遅れたが、毎周ポジションを上げて来る。スタート直後はロクスンとムスキャンがランデブー走行を見せたが、わずか5周で2人の間隔は20秒もの大差になった。
 6周目にはオズボーンが2位に浮上し、9周目にはトマックがアンダーソンをかわして3位に迫る。トマックの猛烈な追い上げが後半戦の焦点となったが、11周目に2位に上がった時点でロクスンのリードが25秒もあり、逆転は難しそうだった。結局ロクスンが貯金を使いながら余裕で10秒差の優勝。トマック、オズボーン、アンダーソンが続いてチェッカーを受けた。この結果、トマックが総合優勝(1位/2位)。シリーズポイントリーダーのロクスンに、現在ランキング2位につけるトマックが7ポイント差と迫り、両クラスともチャンピオン争いが激化してきた。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '34.32.094 DUNLOP user
2 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +0.634  
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +2.123 DUNLOP user
4 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +3.398 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Metty 24 Racing Kawasaki +10.457 DUNLOP user
6 49 P・ニコレッティ N-Fab TiLube Yamaha +32.172 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.46.652 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +14.592 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +56.823 DUNLOP user
4 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki +1.06.630 DUNLOP user
5 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +1.10.448 DUNLOP user
6 24 B・メットカーフ Metty 24 Racing Kawasaki +1.12.086 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '34.21.661 DUNLOP user
2 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +16.359 DUNLOP user
3 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +37.878 DUNLOP user
4 34 J・ボーグル Geico Honda Honda +43.844 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +44.871 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki +53.058 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM '34.43.386 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Honda Honda +10.103 DUNLOP user
3 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +15.870 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki +20.985 DUNLOP user
5 38 K・カニンハム Star Racing Yamaha +37.695 DUNLOP user
6 77 J・マーティン Star Racing Yamaha +43.840 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 283 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 271 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda 219 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 169 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 158 DUNLOP user
6 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 140 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 265 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Honda Honda 258 DUNLOP user
3 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 223 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 222 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda 185 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki 161 DUNLOP user