RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/7/6 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第7戦
ミシガン州ブキャナン/レッドバッド
天気 気温 観客
曇り 28度 不明

ビロポートがパーフェクトウィン! ダンジーを突き放す




 アメリカ独立記念日のウィークエンドに合わせた開催が定例となっているレッドバッドは、会場全体に漂うテンションが非常に高い大会である。コースレイアウトはビッグジャンプやフープスなどに加え、高速から低速までバリエーションが豊富なコーナーで構成されている。ほぼ全周にわたって深く掘り返された路面は、土質を改善するためにサンドを混ぜたこともあってレースの進行とともにワダチが深くなるが、これがパッシングチャンスを生み出している。レッドバッドでは、一昨年と昨年はテレビ中継の都合に合わせて250クラスから先にスタートしたが、今回は他のラウンドと同様に450→250の順でレースが行われた。
 
 450クラスのヒート1では、ジョシュ・グラント(ヤマハ)、トレイ・カナード(ホンダ)、ライアン・ダンジー(KTM)、アンドリュー・ショート(KTM)らが好スタートを切った。このトップグループに割って入ったのが、オープニングラップ7位のライアン・ビロポート(カワサキ)で、4周目にはグラントをかわしてリーダーとなった。
 レース中盤にはカナードの転倒などもあって、上位はビロポート、ダンジー、そしてスタート5位から浮上したジェイムズ・スチュワート(スズキ)というオーダーに変わった。ビロポートは約20秒の独走態勢を築いていたが、終盤になって接近してきたダンジーが12周目にエンストによって痛恨のリタイア。これでビロポート、スチュワート、グラントの順位が確定しチェッカーとなった。
 
 450クラスのヒート2では、スチュワートがホールショットを取り、グラント、ビロポート、ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)、ダンジーらがトップグループを形成した。3周目には、スチュワート、ビロポート、ダンジーに絞られたトップスリーが4位以下を引き離す形となる。スチュワートはビロポートのアタックをしのぎつつトップの座をキープしていたが、6周目にはビロポートが前に出た。7周目にはダンジーもポジションを上げ、ビロポート、ダンジー、スチュワートというオーダーに入れ替わったが、3台は僅差のまま周回を続けた。
 30分が経過し、ラスト2周に突入したところで、ビロポート攻略を焦ったダンジーが転倒。これでスチュワートの先行を許し、ビロポート、スチュワート、ダンジーの順でチェッカーとなった。第5戦、第6戦とダンジーに総合優勝を許していたビロポートだが、久々のパーフェクトで首位固めに成功した。このところビロポートに対して優勢だったダンジーにとっては、手痛い敗戦となった。


ロクスンvsトマック互角の首位争いが続く



250クラスのヒート1では、ホールショット賞を獲得したウィル・ハーン(ホンダ)をかわしたイーライ・トマック(ホンダ)が、オープニングラップのリーダーとなった。その後ろにはジェレミー・マーティン(ヤマハ)、マービン・ムスキャン(KTM)、ケン・ロクスン(KTM)が控えていたが、2周目にはムスキャンが2位、6周目にはロクスンが2位と入れ替わった。
 トップを行くトマックはレース前半で12秒ほどのリードを蓄え、ロクスンの追撃に対し圧倒的な優位に立っていた。トマックは予選でも2分18秒007というトップタイムを記録していたが、これは予選2位以下にひしめいていたロクスンやムスキャンらの2分21秒台より3秒も速い、驚異的なタイムだった。レース終盤になると、トマックがロクスンをさらに引き離して独走優勝。ロクスンの後には3位ムスキャン、4位マーティンが続いた。
 
 250クラスのヒート2では、ザック・オズボーン(ホンダ)がオープニングのリーダーとなり、マーティン、ムスキャン、ロクスン、トマック、ハーンが続いた。3周目にはトマックがチームメイトのオズボーンと絡んで転倒。トップに立ったロクスンは、マーティン、ムスキャンに大差をつけて独走した。転倒後9位まで後退していたトマックだが、ヒート1同様の猛ペースで失地を挽回。10周目には3位、11周目には2位まで到達した。終盤はリーダーのロクスンとトマックのマージンが注目されたが、最大14秒差を7秒差まで追い詰めたところでチェッカーとなった。
 この結果ロクスン(2位/1位)が総合優勝、トマック(1位/2位)は同点2位。マーティン(4位/3位)が総合3位で初のポディアム登壇を果たした。ディフェンディングチャンピオンのブレイク・バゲット(カワサキ)は、総合9位(8位/10位)と低迷した。第5戦バッズクリーク以降の1位/2位、2位/8位というリザルトからも好不調の波がうかがえるが、今回は両ヒートともスタートの出遅れを挽回できないまま終わってしまった。次戦までのインターバルをきっかけに巻き返しを図りたいところだ。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.09.126 DUNLOP user
2 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki +27.860 DUNLOP user
3 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +39.531  
4 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +46.841  
5 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +48.423 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン JGR Toyota Yamaha Yamaha +51.168  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '37.02.488 DUNLOP user
2 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki +32.519 DUNLOP user
3 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +58.876 DUNLOP user
4 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +1.01.644 DUNLOP user
5 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +1.08.657  
6 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +1.15.432 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '35.04.632 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +18.322 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +24.674 DUNLOP user
4 77 J・マーティン Star Racing Yamaha +24.913 DUNLOP user
5 43 C・シーリー Troy Lee Designs Lucas Oil Honda +47.241 DUNLOP user
6 175 C・ウェブ Star Racing Yamaha +58.561 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM '35.09.484 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Honda Honda +7.038 DUNLOP user
3 77 J・マーティン Star Racing Yamaha +24.643 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +31.549 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +35.526 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki +39.448 DUNLOP user

第7戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 333 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 291 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda 249 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 200 DUNLOP user
5 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 184 DUNLOP user
6 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 170 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 312 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Honda Honda 305 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 260 DUNLOP user
4 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 247 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda 212 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki 176 DUNLOP user