RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/7/20 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第8戦
ワシントン州ワシューガル/ワシューガル・モトクロスパーク
天気 気温 観客
曇りのち晴れ 27度 不明

450クラス ビロポートが地元ワシューガルで初優勝!




 AMAモトクロスの会場としては最も高緯度にあり、針葉樹林の中を巡るコースレイアウトがユニークなワシューガル・モトクロスパーク。地形的にアップダウンに富んでいるが、最も長い登り坂には「ホースパワーヒル」というニックネームが付けられていて、数々の名勝負の舞台となってきた。路面は滑りやすい黒土がベースだが、さらに日向と日影で含水量の異なる土質の差が、林間コースならではの難しさとなっている。今大会は朝から昼すぎまで曇っていたこともあって、摂氏21〜22度という涼しさに満ちていたが、午後になってからようやく太陽が顔を出し気温も平年並みに上昇した。

  450クラスのヒート1のホールショットは、ライアン・ダンジー(KTM)がゲットした。ジャスティン・バーシア(ホンダ)、ジェイムズ・スチュワート(スズキ)、アンドリュー・ショート(KTM)、ライアン・ビロポート(カワサキ)らが、先頭のダンジーを追いかける。4周目には2位走行中だったバーシアが転倒し、スチュワートとビロポートに先行された。トップのダンジーは序盤、3〜4秒のリードを蓄えてレースの主導権を握る。

  地元ファンの大歓声を浴びるビロポートは、早くからスチュワート攻略を試みていたが、10周目になってようやく成功。2位に浮上したビロポートは、次にダンジーに狙いを定めたが、この時すでに6秒のビハインドを背負っていて苦戦。結局ダンジーがスタートトゥフィニッシュでヒート優勝を決め、ビロポート、スチュワートの順で続いてチェッカーを受けた。

  450クラスのヒート2では、オープニングラップから上位の顔ぶれがヒート1と同じになった。ダンジー、ビロポート、スチュワートの3人はスタート直後こそ僅差だったが、徐々にスチュワートが離されて、ダンジーvsビロポートの一騎打ちとなる。テールトゥノーズのトップ争いがしばらく続いた後、5周目に満を持して仕掛けたビロポートがダンジーを抜き去ると、そこから先は瞬く間に独走劇となった。
 レース後半ビロポートのリードは、ダンジーの粘りもあって7〜8秒に落ち着いたが、独走を守りきって優勝。この結果ビロポートが総合優勝(2位/1位)、ダンジーが同点2位(1位/2位)となった。ビロポートにとって今回の優勝は、地元ワシューガルにおける初めての勝利だった。意外だが2006年のプロデビュー以来、ヒート優勝であれば何度も経験してきたが、ワシューガルでの総合優勝は皆無だった。


250クラス トマックが初のパーフェクト!首位ロクスンに1点差と迫る!



 250クラスのヒート1では、ジャスティン・ボーグル(ホンダ)がホールショットを決めた。すぐ後ろにはイーライ・トマック(ホンダ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)、マービン・ムスキャン(KTM)らが続く。ポイントリーダーの証である赤ゼッケンを付けるケン・ロクスン(KTM)、スタートに失敗して1周目9位と出遅れた。2周目にはトマックがリーダーに浮上し、2位ボーグルをぐいぐい引き離していった。

  レース中盤になると、ボーグルを捕まえたバゲットが2位に浮上したが、13周目にマシントラブルでリタイア。終盤に差しかかるとボーグルの背後には、ポジションを挽回してきたロクスンが迫り、ラスト3周で逆転。そしてボーグルはムスキャンにも走行を許した。トップのトマックは大量リードを保ったママフィニッシュ。2位ロクスン、3位ムスキャン、4位ボーグルが続いてチェッカーを受けた。

  250クラスのヒート2では、ウィル・ハーン(ホンダ)がホールショットを取ったが、リーダーはすぐにボーグル、そしてトマックと入れ替わる。4位につけたザック・オズボーン(ホンダ)も含め、ガイコ・ホンダが1〜4位を占める好スタートを切った形だ。ここに割って入ったのがロクスンで、2周目にはトマックに次ぐ2位までジャンプアップしてみせた。しかしここでもトマックの逃げ足は速く、ロクスンに対するマージンはじわじわと広がったいった。レース後半になるとロクスンのペースに衰えが目立つようになり、対照的にトマックのリードが拡大した。

  最終的には20秒の大差をつけたトマックが優勝し、2位ロクスン、3位オズボーン、4位ムスキャンというリザルトになった。今シーズン初めてのパーフェクトウィン(1位/1位)を達成したトマックだが、この結果ポイントランキングはロクスンの首位に変わりはないものの、2位トマックがが1ポイント差まで急接近し、俄然タイトル争いが白熱してきた。接戦が続く250クラスでは、パーフェクトの例が開幕戦のロクスンと今大会のトマックの2回しかない。残る4戦8ヒートが星の取り合いになるのか、あるいはどちらかが連勝によってアドバンテージを築くのか、予想するのは難しい。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM KTM '36.32.077 DUNLOP user
2 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.315 DUNLOP user
3 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki Suzuki +29.966 DUNLOP user
4 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +52.207 DUNLOP user
5 33 J・グラント Honda Muscle Milk Yamaha +57.756  
6 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +59.419  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '36.49.329 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +8.575 DUNLOP user
3 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki +50.144 DUNLOP user
4 12 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.07.442 DUNLOP user
5 20 B・ティックル RAM Sycuan Suzuki Yamaha +1.12.186 DUNLOP user
6 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +1.16.353 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '34.41.857 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +19.739 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +20.954 DUNLOP user
4 34 J・ボーグル Geico Honda Honda +25.336 DUNLOP user
5 317 J・ヒル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +55.805 DUNLOP user
6 292 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1.05.637 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '34.55.212 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +20.021 DUNLOP user
3 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +27.688 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +30.337 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki +35.076 DUNLOP user
6 34 J・ボーグル Geico Honda Honda +41.283 DUNLOP user

第8戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 380 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 338 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda 271 DUNLOP user
4 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 224 DUNLOP user
5 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 219 DUNLOP user
6 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 199 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 356 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Honda Honda 355 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 298 DUNLOP user
4 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 260 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda 239 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki 202 DUNLOP user