RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/7/27 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第9戦
ミネソタ州ミルビル/スプリングクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
曇り 18度 不明

450クラス スチュワートが今シーズン初優勝!




 ミルビルのスプリングクリーク・モトクロスパークは、その名が示すように小川のほとりにある楽園で、低地のサンドフープスからアップダウンのハードパックに至るまで、バリエーションに富む路面が特徴の難コースだ。1コーナー付近には冷房完備のVIP席があり、設備の充実ぶりも話題となっていたが、皮肉にも今年は摂氏20度を下回る異常気象に見舞われた。雲に覆われたコースには雨がぱらつく時間帯もあったが、レース展開は涼しさとは正反対のデッドヒートの連続で、4レースとも激しいバトルに満ちていた。
 
 450クラスのヒート1では、ジャスティン・バーシア(ホンダ)がホールショットを取った。その後ろにはトレイ・カナード(ホンダ)、ライアン・ダンジー(KTM)、ジェイムズ・スチュワート(スズキ)が続く。1周目のサンドフープス手前では、ポイントリーダーのライアン・ビロポート(カワサキ)が転倒するハプニングがあった。ビロポートは再スタート後、28位でオープニングラップをクリアした。
 
 序盤はスチュワートがサンドフープスでのスピードを生かして突進。ダンジー、カナード、バーシアをかわして、8周目にはスチュワートがトップに躍り出た。一方ダンジーはスチュワートに抜かれた後、チェーン外れでストップする間に一時11位に後退した。レース後半はスチュワート、バーシア、カナードが三つ巴の接戦を繰り広げた。3人のうち誰が勝っても今季初優勝となるトップ争いだったが、ラスト3周にはカナードが2位に浮上。テールトゥノーズのままファイナルラップにもつれ込んだバトルはほぼ同着となったが、スチュワートの優勝、0.2秒差の2位にカナードという決着になった。ダンジーは5位、ビロポートは6位まで挽回した。
 
 450クラスのヒート2では、スチュワートがホールショットを決め、ダンジー、カナード、バーシアが続いた。ビロポートはオープニング10位と出遅れた。4周目にダンジーが前に出たが、6周目にはスチュワートが逆転。だが7周目にダンジーが再度リーダーになるとスチュワートは徐々に離されて、両者の差は2〜3秒まで広がる。ラスト3周にはカナードが2位に浮上したが、ダンジーが逃げ切り優勝。3位スチュワートに続いて、ビロポートが4位でチェッカーを受けた。


250クラス ロクスン痛恨の転倒。トマックがポイントリーダーに!



 250クラスのヒート1は、ウィル・ハーン(ホンダ)のホールショットで始まった。2位以下にはジェレミー・マーティン(ヤマハ)、ジャスティン・ボーグル(ホンダ)、ケン・ロクスン(KTM)、マービン・ムスキャン(KTM)、ジェイソン・アンダーソン(スズキ)らが続き、上位数台が僅差のまま序盤を消化する。ポイントリーダーのロクスンに1点差と迫っているイーライ・トマック(ホンダ)は、スタート14位から着々と挽回し、トップグループに追い付いた。
 
 5周目には2位に浮上したロクスンが単独転倒。ハイスピードセクションで地面に叩き付けられたため、ロクスンは再スタートできずにリタイアとなった。6周目からはハーンに代わって、地元のマーティンがレースリーダーとなったが、その背後には2位に浮上したトマックが迫ってくる。終盤13周目にトマックがマーティン攻略に成功すると、残る数周で独走を決め込みチェッカーを受けた。
 
 250クラスのヒート2では、またしてもホールショットアーティストのハーンがスタートから飛び出したが、2周目にはブレイク・バゲット(カワサキ)がトップに立った。ヒート1の勝者トマックは、オープニング10位と出遅れながらもポジションを挽回した。5周目にはロクスンがバゲットをかわしてリーダーになり、トップ争いのすぐ後ろには3位まで進出してきたトマックが接近。トップスリーのスピードに明かな差があり、9周目にはトマック、ロクスン、バゲットという順位が固まった。
 
 レースをほぼ掌握したトマックは、後半は独走態勢を維持してチェッカー。前戦ワシューガルから4ヒート連続となる優勝を果たした。今大会の見どころの一つとして、ロクスンvsトマックのタイトル争いがあった。両者を隔てていたのはわずか1ポイントという最少点差だったが、ロクスンがヒート1をリタイアしたことで首位が逆転した。今大会の得点はトマックが50(25+25)、ロクスンが22(0+22)なので、首位に躍り出たトマックのリードは27ポイント。次戦ユナディラでトマックは、今シーズン初めて赤いゼッケンプレートを付ける。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki '35.31.606 DUNLOP user
2 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +0.251 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +9.766 DUNLOP user
4 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +20.740  
5 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +23.703 DUNLOP user
6 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +25.994 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM '36.02.713 DUNLOP user
2 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +2.740 DUNLOP user
3 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki +5.912 DUNLOP user
4 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki +8.878 DUNLOP user
5 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +32.130 DUNLOP user
6 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +38.495 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '35.46.380 DUNLOP user
2 77 J・マーティン Star Racing Yamaha +8.977 DUNLOP user
3 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki +13.964 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +20.148 DUNLOP user
5 34 J・ボーグル Geico Honda Honda +28.387 DUNLOP user
6 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +33.276 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '35.57.965 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +13.023 DUNLOP user
3 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +21.613 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +30.465 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki +36.236 DUNLOP user
6 34 J・ボーグル Geico Honda Honda +39.027 DUNLOP user

第9戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 413 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 379 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda 307 DUNLOP user
4 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 269 DUNLOP user
5 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 263 DUNLOP user
6 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki 195 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda 405 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 378 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 334 DUNLOP user
4 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 295 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda 261 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Racing Suzuki 238 DUNLOP user