RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ ルーカスオイルAMAプロモトクロス第11戦
ユタ州ソルトレイクシティ/ミラー・モータースポーツパーク
天気 気温 観客
晴れ

36度

21,500人

450クラス ビロポートがタイトル奪回に成功!




 第11戦の会場は今年初めてシリーズに組み込まれたミラー・モータースポーツパーク。AMAロードレースが行われるサーキットのインフィールドに、大量の土を搬入して作られた特設コースだ。勾配や連続ジャンプがふんだんに設けられたレイアウトにより、元の平坦な地形を感じさせない演出がなされている。土質は概ねハードパックだが、崩れた土が粒状になった路面やサンドセクションもあった。
 

 ユタ州ソルトレイクシティ郊外にあるミラー・モータースポーツパークは海抜約1,300mの高地にあるため、約1,700mのサンダーバレーに次ぐ難所がシリーズに加わったことになる。気圧の低さと高温は、マシンセッティングやライダーの体調管理にどのような影響を及ぼすか…。各チームの臨戦態勢には若干の差があったが、モンスターエナジー・カワサキとガイコ・ホンダは、各々チャンピオン決定に備えてゼッケン1をあしらったジャージを用意していた。
 

 450クラスのヒート1では、ポイントリーダーのライアン・ビロポート(カワサキ)がホールショットを取った。ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)、トレイ・カナード(ホンダ)、ライアン・ダンジー(KTM)、ジェイムズ・スチュワート(スズキ)も好位置につけたが、ビロポートは1周毎に4秒差のハイペースで後続を突き放し、早々とレースの主導権を握った。その後2位のライダーはカナード、そしてダンジーと入れ替わったが、ビロポートが独走のままフィニッシュした。
 

 450クラスのヒート2は、ライアン・サイプス(スズキ)のホールショットで始まった。背後からのプレッシャーを受けるサイプスは、1周目からビロポート、ダンジーの先行を許した。両者による一騎打ちの形がオープニングラップのうちにできたため、ヒート1のような独走には至らなかったが、ビロポートは少しずつダンジーを引き離していく。ダンジーも必死に食い下がったが、レース終盤には15秒ほどの貯金を蓄えたビロポートが逃げ切り、ゆっくりとチェッカーを受けた。
 

 この結果、ビロポートとダンジーのポイント差が50点となり、最終戦でビロポートが0点、ダンジーが25点/25点を加算して同ポイントとなったとしても、優勝回数で上回るビロポートのタイトルが確定。一昨年以来2度目となる450チャンピオンに返り咲いた。


250クラス トマックが初めてアウトドアを制しチャピオン!



 250クラスのヒート1、オープニングラップのオーダーは、ザック・オズボーン(ホンダ)、ジャスティン・ボーグル(ホンダ)、マーティン・ダバロス(カワサキ)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、イーライ・トマック(ホンダ)。トマックとタイトルを争っているケン・ロクスン(KTM)は、スタート14位と出遅れてしまった。
 

 トップグループ内では激しい入れ替えが行われ、3周目にはトマックが先頭に、5周目にはシアンサルーロが2位に浮上する。トマックは中盤、6〜7秒のリードを維持しながら優位にレースを進めた。13周目にはディフェンディングのブレイク・バゲット(カワサキ)が2位に進出してきたが、余裕で逃げ切ったトマックが優勝。2位バゲット、3位シアンサルーロに続き、4位にロクスンが入賞した。
 

 250クラスのヒート2は、好スタートを切ったボーグルにダリン・デュラム(カワサキ)、オズボーン、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)、マービン・ムスキャン(KTM)が続く形となった。タイトル争いが注目されるロクスンは6位、トマックは9位とやや出遅れた。序盤はボーグルがリーダーを務める展開となったが、7周目にはロクスンがトップ、8周目はトマックが2位に浮上。ここからはテールトゥノーズのバトルが延々と続いた。
 

 トップ争いに決着が付いたのは14周目。トマックがロクスンをかわして前に出る。3位にはスタート12位から追い上げてきたバゲットがいたのだが、ラスト2周でロクスンに急接近。ここでロクスンの順位次第でトマックのチャンピオンが決まるか否かという緊迫した状況になった。両者のポイント差は、トマックが優勝してロクスンが2位だったら49点、ロクスンが3位だった51点となる。
 

 先にチェッカーフラッグを受けたトマックは、後ろを振り返って2人がほぼ同着でフィニッシュするシーンを見届けた。判定は0.074秒差で2位バゲット、3位ロクスン。この瞬間トマックが初めてのアウトドア250チャンピオンに輝いた。両クラスにおいて、最終戦を待たずにタイトルが確定したシーズンだった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '34.59.395 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +26.674 DUNLOP user
3 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +45.551 DUNLOP user
4 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +54.909 DUNLOP user
5 46 W・パイク Hyper-X Suzuki +1.03.672 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン JGR Toyota Yamaha Yamaha +1.09.112  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.18.493 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +11.372 DUNLOP user
3 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +1.07.611 DUNLOP user
4 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +1.20.444 DUNLOP user
5 46 W・パイク Hyper-X Suzuki +1.25.218 DUNLOP user
6 12 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.28.193 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '35.30.898 DUNLOP user
2 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +13.042 DUNLOP user
3 292 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +24.468 DUNLOP user
4 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +30.676 DUNLOP user
5 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +37.759 DUNLOP user
6 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +43.091 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda '36.04.720 DUNLOP user
2 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +5.710 DUNLOP user
3 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +5.784 DUNLOP user
4 34 J・ボーグル Geico Honda Honda +31.125 DUNLOP user
5 44 D・デュラム Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +33.734 DUNLOP user
6 77 J・マーティン Star Racing Yamaha +35.968 DUNLOP user

第11戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 513 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 463 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda 375 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 303 DUNLOP user
5 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 289 DUNLOP user
6 12 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki 244 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda 505 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 454 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 388 DUNLOP user
4 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 373 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda 322 DUNLOP user
6 34 J・ボーグル Geico Honda Honda 268 DUNLOP user