RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ ルーカスオイルAMAプロモトクロス第12戦
カリフォルニア州レイクエルシノア/レイクエルシノア・モータースポーツパーク
天気 気温 観客
晴れ

37度

不明

450クラス ビロポートが圧倒的なスピードで完勝!




 シリーズ最終戦の会場は、レイクエルシノア・モータースポーツパーク。AMAプロモトクロスが行われるのは、昨年の初開催に続いて2度目となる。エルシノアの名は世界的なレジェンドだが、この湖を中心としたオフロードで行われるエルシノアグランプリが、On Any Sunday(映画:1971年)で紹介されたことがブームの発端になった。


  レイクエルシノア・モータースポーツパークには、プロ用から初心者用まで数多くのコースがあったが、2年前にオーナーが交代してからは、AMAプロモトクロスを誘致するためにレイアウトが全面的に改められた。大量の土を運び込んでリニューアルされたコースは、元来の平坦な土地に人工的なアップダウンやビッグジャンプを設けたものだ。今年は路面の掘り起こしと撒水をより入念に行ったため、乾くとハードに固まりやすい土もワダチができるほどルースに保たれていた。


  450クラスのヒート1、オープニングラップのオーダーはジョシュ・グラント(ヤマハ)、ジャスティン・バーシア(ホンダ)、ライアン・ビロポート(カワサキ)、ライアン・ダンジー(KTM)、トレイ・カナード(ホンダ)。この中からビロポートが2位に浮上した後、5周目にグラントをかわしてトップに立った。


  1週間前の第11戦で今季のチャンピオンに確定したビロポートは、グラントの失速もあって2周で10秒ものリードを作った。レース終盤になると、追っ手はグラントからダンジーに替わったが、すでに30秒ほどの独走態勢を築いていたビロポートには届かず、ビロポート、ダンジー、グラント、カナードの順でチェッカーとなった。


  450クラスのヒート2は、ビロポートの好スタートで始まった。直後にはバーシアとダンジーがつけていたが、3周目にはダンジーが2位に浮上し、ビロポートに対する6秒のビハインド挽回に努めた。3位バーシアの後方にはジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)、タイラ・ラトレイ(カワサキ)、ジェイク・ワイマー(カワサキ)が控えていたが、上位陣からは離されていった。


  レース中盤になると、ビロポートとダンジーの間には15秒以上の差が開き、ポジションが確定する。こうして圧倒的なハイペースで主導権を握ったビロポートが、今季24レース中18勝目となる優勝でシーズンのフィナーレを飾った。ダンジー、バーシアに続く4位には、ラトレイとのバトルに勝ったワイマーが入賞した。


250クラス 新チャンプのトマックが有終の美を飾る!



 250クラスのヒート1では、ザック・オズボーン(ホンダ)がホールショットを取ったが、1周目の競り合いでケン・ロクスン(KTM)、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)、イーライ・トマック(ホンダ)、マービン・ムスキャン(KTM)、クーパー・ウェブ(ヤマハ)が先行する。序盤から快走するロクスンは、1周目にして5秒リードと飛び出した。


  レースが折り返し点を過ぎる頃には、独走のロクスンをトマック、マーティン、ウェブが追う展開になった。ロクスンとトマックは2分10秒台とほぼ同等のペースだったが、大差が縮まらないままチェッカー。ロクスンが第7戦ヒート2以来となる久々の優勝を果たした。中盤からデッドヒートが注目された2〜4位争いは間隔が広がり、トマック、マーティン、ウェブの順でフィニッシュした。


  250クラスのヒート2では、オズボーンとホールショットを争ったウェブが、オープニングラップからトップに躍り出た。ヒート1の勝者ロクスンは、転倒でスタート12位と出遅れた。2周目にはブレイク・バゲット(カワサキ)がリーダーとなり、ルーキーのウェブはトップグループの熾烈なバトルにもまれていく。4周目にはトマックが2位に浮上したが、バゲットとの攻防は互いのミスなどもあって一進一退をたどった。


  450クラスのビロポート同様、1週間前にタイトルを獲得したばかりのトマックだが、このレースにおけるバゲットvsトマックは、新旧チャンピオンによるプライドの激突でもあった。手首の負傷で不本意なシーズンを送ったバゲットが、ゼッケン1番をつけて走る最後のレースで意地を見せると、しばし食い下がっていたトマックも徐々に引き離されていった。こうしてバゲットは13秒のリードをつけて真っ先にチェッカーを受けたのだが、赤十字フラッグが振られていたジャンプを飛んだかどで、2位に降格されるペナルティを受け、2位でゴールしたトマックが繰り上げ優勝となった。


  今大会でAMAのメジャーシリーズ(スーパークロス/モトクロス)が閉幕したが、ダンロップは全クラス制覇(SX450/SX250イースト/SX250ウエスト/MX450/MX250)を4年連続(2010〜2013)で達成。全世界が注目するアメリカのモトクロスシーンで、タイヤの優秀性を実証し続けている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.29.677 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +27.057 DUNLOP user
3 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +39.518  
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +48.368 DUNLOP user
5 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +1.00.579 DUNLOP user
6 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +1.03.194  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki '35.36.418 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +19.001 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda +45.574 DUNLOP user
4 12 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +52.434 DUNLOP user
5 800 M・アレッシ Motoconcepts Suzuki +1.03.020 DUNLOP user
6 28 T・ラトレイ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1.05.295 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM '35.39.614 DUNLOP user
2 17 E・トマック Geico Honda Honda +11.528 DUNLOP user
3 77 J・マーティン Star Racing Yamaha +20.167 DUNLOP user
4 175 C・ウェブ Star Racing Yamaha +26.617 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +44.434 DUNLOP user
6 19 W・ハーン Geico Powersports Honda +47.950 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda ' 36.20.017 DUNLOP user
2 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki   DUNLOP user
3 175 C・ウェブ Star Racing Yamaha +13.940 DUNLOP user
4 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda +17.214 DUNLOP user
5 77 J・マーティン Star Racing Yamaha +18.658 DUNLOP user
6 19 W・ハーン Geico Powersports Honda +25.797 DUNLOP user

第12戦終了時点

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 2 R・ビロポート Monster Energy Kawasaki Kawasaki 563 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 507 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Honda Muscle Milk Honda 411 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 332 DUNLOP user
5 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 289 DUNLOP user
6 12 J・ワイマー Monster Energy Kawasaki Kawasaki 275 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 E・トマック Geico Honda Honda 552 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 493 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 411 DUNLOP user
4 1 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 395 DUNLOP user
5 338 Z・オズボーン Geico Honda Honda 356 DUNLOP user
6 77 J・マーティン Star Racing Yamaha 300 DUNLOP user