FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/5/5 第3戦 スペイン ヘレス
天気 気温 観客
晴れ 26度 111,259人

地元のラバット選手が初優勝を決める






中東カタール、アメリカと転戦してきたMotoGP世界選手権は、本場ヨーロッパに戻り第3戦スペインを迎えた。スペイン南部、アンダルシア地方にあるヘレスは、毎年10万人以上の観客を集めるレースのメッカだ。約4.4キロのコースは、メインストレートが約600メートルと短めで、13の中低速コーナーが続くテクニカルなレイアウトとなっている。
ヘレスでは事前テストが行われており、ダンロップはテスト走行のデータを元に、Moto2クラスのタイヤを選択した。フロントには、ソフトタイヤと、昨年のシーズン終盤に使用したミディアムタイヤ。リアには、ソフト&ミディアムのタイヤを準備した。
 
初日は曇り空だったが、予選当日は晴天に恵まれ、気温28度と初夏を思わせる暑さの中での走行となった。
初日から好調な走りを見せていた地元スペインのE・ラバット選手(KALEX)が、初のポールポジションを獲得した。
「いいセッティングができて、いいタイムを出せたよ。明日のレースに向けて、安定していいタイムで走れるようにセッティングを洗い直したい。暑くなるようだから、タフなレースになると思う」とラバット選手。
続いて、S・レディング選手(KALEX)が2位、中上貴晶選手(KALEX)が3戦連続のフロントロー3位につけた。
「フロントローに並べてよかった。まだまだ弱いところがあるが、そこを補っていいレースをしたい」と中上選手。P・エスパルガロ選手(KALEX)は4番手となる。
また、高橋裕紀選手(MORIWAKI)は21位となった。
「新しい車体が今日やっと届いてシェイクダウンした。午後はいいセッティングにしたつもりが、外してしまって。いつもどおりのポジションになって悔しいです。マシンはよくなっている」と高橋選手は語った。
 
決勝当日は晴天に恵まれ、初夏を思わせる気温の中で決勝を迎えた。
レースがスタートすると、ラバット選手が好ダッシュ。後ろからレディング選手、中上選手、エスパルガロ選手などが続く。
トップのラバット選手はすぐさま引き離しにかかり、5周目に1秒以上のリードを奪う。単独2位はレディング選手、中上選手は約1秒遅れの3番手につける。また、エスパルガロ選手はペースが上がらず4位を走行していく。
レース中盤、ラバット選手はリードを約3秒と広げる。2位レディング選手と3位中上選手の差も2秒に広がり、それぞれが単独走行。約1秒半後方に4位エスパルガロ選手が続き、徐々に差を詰めていく。残り10周になると3位中上選手と4位エスパルガロ選手は、接近戦を始める。
終盤に入っても、トップは依然としてラバット選手が快走し、約3秒のリードをキープ。レディング選手も単独2位を守っていく。中上選手とエスパルガロ選手は残り3周でテールトゥノーズ状態に。あと2周というところで中上選手のマシンがコーナーで振られ、この隙にエスパルガロ選手が前に出る。
トップのラバット選手は約4秒とリードを広げて、そのまま地元で初優勝を達成した。
「ここヘレスで、初優勝できて最高の気分だよ。今回は走り出しから調子がよかった。レースではスタートから全力でプッシュしていったんだ」とラバット選手。
続いて、レディング選手が単独2位でチェッカー。「今週は鼻がつまる状態が続いて。だからレースでは息が苦しくて集中するのが大変だった。ラバット選手に追いつきたかったけど、後半は離されてしまったよ」とレディング選手。
そして、エスパルガロ選手が、中上選手を抑えきり3位表彰台を死守した。「セッティングがうまくいかなくて、きつかった。何位になれるのか分からなかったけど、必死で走った。中上選手を抜いて表彰台に上がれたことは、チャンピオンシップを考える上ではすごくよかったよ」とエスパルガロ選手。
この結果、首位にラバット選手が上がり、1点差の2位にレディング選手、エスパルガロ選手は首位に11点差の3位となっている。
続いて、中上選手が惜しくも4位でゴールした。
「今週はずっと厳しい状態だった。エスパルガロ選手に抜かれて4位になってしまったが、いいレースはできたと思う。最後まで全力で走ったのでうれしい4位です」と中上選手。
また、高橋選手は23位に入っている。「新しい車体のセッティングをする時間が足りなかった。路面温度が上がって、対処することもできず苦戦してしまった」と高橋選手は振り返っていた。


ヴィニャーレス選手が今季初優勝を達成






Moto3クラスのタイヤには、前回のテキサス戦と同じ、フロントにミディアム&ハードタイヤ、リアにソフト&ミディアムタイヤを供給した。
予選では、前戦のウィナーで地元のスペインのA・リンス選手(KTM)が好調の走りを披露。予選中に転倒があったものの、その後すぐに再スタートして、見事に2戦連続のポールポジションを獲得した。
「ハードにプッシュしすぎて転倒してしまった。すぐにスタッフがマシンを直してくれて、残り15分で再スタートできた。いい感じで走れたのでいいタイムが出たんだ。明日は混戦になると思うが、優勝を狙ってがんばるよ」とリンス選手。
続いて、M・ヴィニャーレス選手(KTM)が2位、L・サロム選手(KTM)が3番手となる。
また、渡辺陽向選手(HONDA)は33番手となった。「コーナーの走りを変えて少しスピードを上げることができた。明日はひとつ前の集団に加わってレースしたいです」と渡辺選手は語った。
 
スタートが切られるとリンス選手がホールショット。後ろからヴィニャーレス選手、サロム選手、J・フォルガー選手(KALEX KTM)などが続く。
序盤からリンス選手、ヴィニャーレス選手、サロム選手、フォルガー選手の4台が先頭集団を形成し、5位以下を離していく。3周目からヴィニャーレス選手が先頭に上がるが、他の3台もぴたりと後ろにつける。
レース中盤に入っても、ヴィニャーレス選手、リンス選手、サロム選手、フォルガー選手の4台は接近戦を繰り広げていく。
そして、11周目に2番手につけていたリンス選手がクラッシュしてしまう。この後、フォルガー選手が徐々に遅れ始め、トップ争いはヴィニャーレス選手、サロム選手の2台に絞られる。レース中盤、中段でも転倒者が相次ぐ中、レースは終盤へ向かう。
ヴィニャーレス選手、サロム選手の2台はテールトゥノーズ状態。ヴィニャーレス選手は引き離すことができない。
そして、上位陣が17周目に入ったころ、16位につけていたA・テシェ選手(TSR HONDA)が激しく転倒したため赤旗が出される。レース距離の3分の2以上を走行していたため、レースはこのまま終了。15周終了時点の結果が最終結果となった。
トップに立っていたヴィニャーレス選手が、今季初優勝を決めた。
「勝ててよかった。セッティングもだんだんとよくなってきたし、走りもよくなってきたと思う。次のル・マン戦もがんばるよ」とヴィニャーレス選手。
2位はサロム選手。「ラストラップでアタックしようとしていたから、レースが途中で終わってしまってがっかりだよ。でも、いいレースはできたと思う」とサロム選手。
3位にフォルガー選手が入った。「予選ではいいタイムがでるんだけど、レースタイムで差がつく状態が続いている。レース用のセッティングを作っているんだけど、今回も終盤はペースを保てなかった」とフォルガー選手。
この結果、ポイントテーブルでは、ヴィニャーレス選手がトップに立ち、4点差で2位にサロム選手がつけている。
また、渡辺選手は24位となった。
「スタートは決まったんですが、自分のペースを作ることができずに前のグループに離されてしまった」と渡辺選手は話した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 E.Rabat Tuenti 40HP Kalex '45.04.450 DUNLOP user
2位 S.Redding Marc VDS Racing Team Kalex '45.08.711 DUNLOP user
3位 P.Espargaro Tuenti 40HP Kalex '45.11.967 DUNLOP user
4位 中上 貴晶 Italtrans Racing Team Kalex '45.12.171 DUNLOP user
23位 高橋 裕紀 IDEMITSU Honda Team Asia Moriwaki '46.07.826 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 M.Vinales Team Calvo KTM '26.57.338 DUNLOP user
2位 L.Salom RedBull KTM Ajo KTM '26.57.601 DUNLOP user
3位 J.Folger Mapfre Aspar Team Moto3 Kalex KTM '27.01.813 DUNLOP user
24位 渡辺 陽向 La Fonte Tascararacing Honda '27.59.491 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 E.Rabat Tuenti 40HP Kalex 52 DUNLOP user
2位 S.Redding Marc VDS Racing Team Kalex 51 DUNLOP user
3位 P.Espargaro Tuenti 40HP Kalex 41 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 M.Vinales Team Calvo KTM 65 DUNLOP user
2位 L.Salom Red Bull KTM Ajo KTM 61 DUNLOP user
3位 A.Rins Estrella Galicia o,o KTM 41 DUNLOP user