FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/5/19 第4戦 フランス ル・マン
天気 気温 観客
曇り、雨 12度 80,530人

難しいコンディションの中、レディング選手がMoto2初優勝を決める






第4戦の舞台は、2輪&4輪の24時間レースで有名なル・マン。MotoGPでは公道は使わず、クローズド・サーキットで行われる。全長約4.1キロのコースは、ストレートとタイトなコーナーの連続するストップ・アンド・ゴー・タイプのレイアウトとなっている。
ダンロップは、フロントにはへレスと同じソフト&ミディアムタイヤを、リアには低温で性能を発揮するソフトタイヤ、高温でも耐久性のあるソフトタイヤと、2種類のソフトタイヤを供給した。
去年のル・マン戦は雨に見舞われたが、今年も天候が心配される中で走行が行われていった。
初日はドライコンディションとなったが、2日目は夕方に向けて天候が悪化。Moto2クラスの予選は、天候が悪化する中で行われた。そして、序盤に好タイムを出していた中上貴晶選手(KALEX)が初のポールポジションを獲得した。
「すぐに雨がぱらついてきて、厳しかったが、うまくタイムを出すことができた。やっとポールポジションを取れてうれしいです」と中上選手。
続いて、2位はS・レディング選手(KALEX)、3位に地元フランスのJ・ザルコ選手(SUTER)が入った。一方、首位のE・ラバット選手(KALEX)は4位2列目、P・エスパルガロ選手(KALEX)は7位3列目に並ぶ。
また、高橋裕紀選手(MORIWAKI)が23位となっている。
「雨が降ってきて、タイムアタックが難しかった。明日はポイント獲得を狙ってがんばります」と高橋選手。
 
決勝当日は、朝から小雨が降ったり止んだりする、難しいコンディションとなる。Moto2クラスの決勝は、少し濡れた部分があるものの、ほぼドライコンディションの中で始まった。
ホールショットを奪ったのは中上選手で、後ろからエスパルガロ選手、ザルコ選手、ラバット選手などが続く。レディング選手は出遅れて8位につける。
そして3周目に、なんと2、3位につけるエスパルガロ選手とラバット選手の2台がスリップダウン。これで中上選手が単独トップに立ち、後続に2秒半の差をつける。2位にD・アーゲター選手(SUTER)、3位にザルコ選手が続く。
ところが、トップを走っていた中上選手は7周目の5コーナーで転倒し、そのままリタイアしてしまう。
この後、トップにザルコ選手が上がり、レディング選手、X・シメオン選手(KALEX)、アーゲター選手、M・カリオ選手(KALEX)など7台がトップ争いを始める。9周目になると、レディング選手が先頭に立つが、後続を引き離すことはできない。
レース後半に入ると、トップのレディング選手が逃げ始める。ザルコ選手、シメオン選手、カリオ選手、アーゲター選手の4台は徐々に2位争いとなっていく。
レース終盤、トップのレディング選手から約1秒半後方で、2位争いグループが大混戦を展開。
ところが、残り4周になると雨がぱらつき出し、トップのレディング選手と2位集団はコンマ7秒差にまで接近。厳しいコンディションとなったところで、24周目に赤旗が提示されてレースは終了。22周終了時の結果が最終結果となり、レディング選手が初優勝を決めた。
「最後、雨が降ってきて後続が迫ってきていて焦ったよ。でも、すぐに赤旗が出てほっとした。いいフィーリングで走れていた。この調子で戦っていきたい」とMoto2クラス初のイギリス人ウィナーとなったレディング選手。
続いて2位集団をリードしていたカリオ選手が、2位表彰台に上がった。「スタートがうまくいって上位陣に加わることができた。最後は雨がぱらついて厳しかったが、2位を守ることができたよ」とカリオ選手。
3位にシメオン選手が入り、初の表彰台を獲得した。「今シーズンは、戦闘力があると思っていたけど、なかなか結果が出なくて。ようやく表彰台に上がれてよかった」とシメオン選手。
この結果、レディング選手がランキングトップに上がっている。
また、高橋選手は18位となった。
「ヘレスから投入したニューシャシーは、ル・マンに持ち込んだらセッティングが難しかった。いろいろなデータを取れているので、少しずつよくしていきたい」と高橋選手は語った。
転倒した中上選手は、「ラインを外して戻ろうとしたら、転んでしまった。僕のミスで、とても残念です」と肩を落としていた。


ヴィニャーレス選手が2連勝を果たす






ダンロップは前回と同じ、フロントにミディアム&ハードタイヤ、リアにソフト&ミディアムタイヤを供給した。
予選はドライコンディションで行われ、前戦のウィナーで首位のM・ヴィニャーレス選手(KTM)が、今季初のポールポジションを獲得する。
「今週はうまくいっている。天候が心配だけど。明日は混戦になると思うが、全力を尽くすよ」とヴィニャーレス選手。
2番手にM・オリヴィエーラ選手(MAHINDRA)、3番手にJ・フォルガー選手(KALEX KTM)が入った。
また、渡辺陽向選手(FTR HONDA)は33位となった。「自分の課題はクリアできた。レースに向けてしっかりと準備していきたい」と渡辺選手。
 
ウェットパッチはあるものの、ほぼドライコンディションで決勝レースはスタート。好ダッシュを決めたのはヴィニャーレス選手で、フォルガー選手、A・リンス選手(KTM)、L・サロム選手(KTM)、オリヴィエーラ選手などが続く。ヴィニャーレス選手とフォルガー選手がトップを入れ替えていくが、後続も離されずについていく。コンディションが難しいだけに、トップ集団は慎重なペースで走っていく。
5周目に入るとオリヴィエーラ選手が転倒して脱落。この後、上位陣は、フォルガー選手、ヴィニャーレス選手、リンス選手、サロム選手の4台となる。
9周目に入るとヴィニャーレス選手がトップに浮上するが、フォルガー選手、リンス選手もピタリと後ろにつけ、サロム選手はコンマ5秒遅れながらも食い下がっていく。
12周目にフォルガー選手はコースアウトするも4番手でコース復帰。この後、ヴィニャーレス選手とリンス選手がトップ争い、サロム選手とフォルガー選手が3位争いにかわる。
レース終盤に向けて、サロム選手が徐々にトップ2台との差を詰め、ヴィニャーレス選手、リンス選手、サロム選手の3台がトップ争いを開始。フォルガー選手は1秒以上離れて単独4位となっていく。残り3周に入ると、トップのヴィニャーレス選手がラストスパート。リンス選手、サロム選手も食い下がるが、ヴィニャーレス選手はコンマ7秒のリードを奪い、リンス選手とサロム選手は2位争いとなっていく。
ヴィニャーレス選手はそのまま逃げ切って、2勝目を達成した。
「タフなレースだったが、とにかく集中して走った。コースの最後の方は路面が濡れていて、難しかったけど、うまく走れたよ」とヴィニャーレス選手。
続いて、2位はリンス選手が、僅差でサロム選手を抑えきった。
リンス選手は「前回のヘレスで転倒したから、2位に入れてよかった。とにかくプッシュしていったんだ」とコメント。
3位のサロム選手は「昨日転倒して手を傷めていたから、大変だった。最後はアタックしたかったけど、リスクが大きすぎたから無理に攻めなかった」と語った。
この結果、首位のヴィニャーレス選手は、ランキング2位のサロム選手との点差を13に広げた。
また、渡辺選手は終盤転倒したが、再スタートして25位となった。
「中盤、前の集団に追いついたけど、目の前のアクシデントを避けようとして転倒してしまった」と渡辺選手は振り返っていた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 S.Redding Marc VDS Racing Team Kalex '36.43.583 DUNLOP user
2位 M.Kallio Marc VDS Racing Team Kalex '36.44.673 DUNLOP user
3位 X.Simeon Desguaces La Torre Maptaq Kalex '36.44.817 DUNLOP user
18位 高橋 裕紀 IDEMITSU Honda Team Asia Moriwaki '37.43.469 DUNLOP user
リタイヤ 中上 貴晶 Italtrans Racing Team Kalex '10.07.233 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 M.Vinales Team Calvo KTM '42.05.448 DUNLOP user
2位 A.Rins Estrella Galicia o,o KTM '42.06.712 DUNLOP user
3位 L.Salom RedBull KTM Ajo KTM '42.06.835 DUNLOP user
25位 渡辺 陽向 La Fonte Tascararacing FTR Honda '42.25.552
-1 lap
DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 S.Redding Marc VDS Racing Team Kalex 76 DUNLOP user
2位 E.Rabat Tuenti 40HP Kalex 52 DUNLOP user
3位 M.Kallio Marc VDS Racing Team Kalex 47 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 M.Vinales Team Calvo KTM 90 DUNLOP user
2位 L.Salom Red Bull KTM Ajo KTM 77 DUNLOP user
3位 A.Rins Estrella Galicia o,o KTM 61 DUNLOP user