RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/4/21 全日本モトクロス選手権シリーズ 第2戦 関東大会 埼玉県 ウエストポイント オフロードヴィレッジ
天気 気温 観客
雨のち曇り 11度 7,500人【2日間】

小方誠選手が悲願の最高峰クラス初優勝!


今季第2戦となる関東大会は、今年で7年連続の全日本開催となる、埼玉県のウエストポイント オフロードヴィレッジを舞台に行われた。各クラスの予選が行われた土曜日の午後から、かなりまとまった量の降雨があり、開幕戦に続いてマディコンディションでの決勝レースとなった。最高峰クラスとなるIA1では、スターティンググリッドの選択順を決める予選レースで、昨年度チャンピオンの成田亮選手(#1)がミスを重ねて14番手となる波乱。一方で田中教世選手(#13)は、これをトップ通過して好調をアピールした。
 
決勝ヒート1では、その成田選手は大外のグリッドを選択する賭けに出たが、1周目8番手と出遅れてしまった。逆に絶好のスタートを切ったのは、チームメイトの小方誠選手(#6)。1周目を2番手でクリアすると、レース中盤にトップ浮上。2番手に戻ってからもトップを追撃し、ラスト3周で再び先頭に立った。そして最後は、余裕の単独チェッカー。IA昇格から13年目で、ついに最高峰クラスでの勝利を手にした。成田選手は、レース中盤から3番手を走行したが、ラスト2周で他車と接触。田中選手に次ぐ6位でゴールした。
 
雨が止み、泥が重くなりつつある状況の中でスタートした決勝ヒート2では、真ん中より若干イン側のグリッドを選択し、気合十分で臨んだ成田選手が、1周目を2番手でクリア。小方選手がこれに続いた。レース序盤、成田選手はややペースが上がらず、小方選手の追撃を許す展開。そしてレースが中盤に入った6周目、小方選手2番手に浮上した。3番手にダウンした成田選手は、ここから逆にペースを上げ、3番手をキープ。小方選手はトップを追ったが、序盤に広げられてしまったリードが大きく、小方選手が2位、成田選手が3位でゴールした。


竹中純矢選手はヒート1で2位、井上選手は両ヒート3位!


決勝ヒート1では、開幕戦ヒート2でIA初優勝を達成した竹中純矢選手(#39)が2番手、マディレースを大得意とする井上眞一選手(#16)が3番手で1周目をクリア。2周目、井上選手は4番手に後退した。レース中盤に一度はトップから引き離された竹中選手は、その差を徐々に詰め、レースが後半に入ってすぐの段階で、背後に迫った。しかし、飛び散る泥の影響などもありパッシングには至らず。レース終盤は、視界確保のためにゴーグルを外したことでリズムを崩し、2位でゴールとなった。井上選手は、3番手ライダーがレース後半に転倒した際に順位を上げて3位フィニッシュを果たし、表彰台に上がった。また、5位には1周目8番手から追い上げた安原志選手(#46)、6位には後半に粘った近藤祐介選手(#48)が入賞した。
 
決勝ヒート2では、井上選手と須田純選手(#615)のベテラン勢が好スタートを切り、井上選手が2番手、須田選手が3番手で1周目をクリア。その後は両者とも、ポジションをキープした。ところが、レースが残り約5分となったころ、須田選手が転倒により後退。さらに井上選手も、ラストラップにミスで大幅にタイムをロスしてしまった。そして、井上選手は3位でフィニッシュ。1周目6番手から追い上げた竹中選手が4位、1周目7番手から追い上げた岡野聖選手(#42)が5位、須田選手が6位となった。なお、活躍が期待されたホンダファクトリーライダーの田中雅己選手(#113)は、予選レース中に肩を脱臼するケガを負い、かろうじて決勝に進んだものの、ヒート1を10位、ヒート2を13位で終えた。


安原さや選手が逆転で今季初優勝!

雨は止んだが、コースは依然としてヘビーマディ。レディースクラスのマシンは、パワーが少なめでタイヤ径も小さく、さらにライダーも小柄かつ非力とあって、スタート直後から各所で多くのスタック車両が発生した。昨年度の女王で、今年もダンロップタイヤを履き開幕優勝も遂げた邵洋子選手(#1)も、1周目に深い泥だまりにマシンを入れてストップ。ここから抜けだすのにレース時間の半分以上を使い、完全に順位争いから脱落してしまった。
 
逆に、スタート直後から快調な走りをみせたのは、こちらもダンロップユーザーの安原さや選手(#2)。1周目を2番手でクリアすると、中盤にトップ浮上。すぐにその座を明け渡したが、その後も先頭ライダーをマークした。そして最終ラップ、安原選手の約2秒前にいたトップのライダーが転倒。これにより、バトルを演じることなく安原選手は勝利を手にした。また2位には、1年半ぶりに全日本へと復活した川村真理子選手(#63)が、1周目7番手から追い上げて入賞した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小方 誠 TEAM HRC Honda `34.10.437 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `34.31.035  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `35.34.227  
5位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `36.23.227 DUNLOP user
6位 成田 亮 TEAM HRC Honda `34.33.503 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `34.35.528 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `33.59.292  
2位 小方 誠 TEAM HRC Honda `34.11.771 DUNLOP user
3位 成田 亮 TEAM HRC Honda `34.17.672 DUNLOP user
7位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `34.58.778 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `35.18.340 DUNLOP user
11位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `35.33.581 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda `33.43.580  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki `33.47.528 DUNLOP user
3位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki `34.19.683 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング Yamaha `35.51.972 DUNLOP user
6位 近藤 祐介 TEAM HAMMER ホンダ学園 Honda `35.54.521 DUNLOP user
7位 岡野 聖 Team SUZUKI Suzuki `36.36.968 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 T.E. SPORT Honda `34.08.022  
2位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda `35.02.991  
3位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki `35.05.957 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki `35.25.381 DUNLOP user
5位 岡野 聖 Team SUZUKI Suzuki `34.14.015 DUNLOP user
6位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT Kawasaki `34.21.478 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `19.57.343 DUNLOP user
2位 川村 真理子 KTMモトビルド神原 KTM `20.03.509 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki `20.12.471  
4位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda `21.17.713 DUNLOP user
5位 本田 七海 TEAM KOH-Z Yamaha `23.39.232 DUNLOP user

第2戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda 85 DUNLOP user
2位 小方 誠 TEAM HRC Honda 83 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki 74  
6位 田中教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 63 DUNLOP user
8位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 50 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTM うず潮レーシング福山 KTM 48 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 T.E. SPORT Honda 90  
2位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda 85 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki 85 DUNLOP user
4位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki 80 DUNLOP user
5位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT Kawasaki 53 DUNLOP user
6位 小川 孝平 Team ITOMO Honda 51 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda 40 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 40  
3位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 39 DUNLOP user
4位 久保 まな SRFスポーツwith KUBO RACING J:COM Suzuki 29 DUNLOP user
5位 本田 七海 TEAM KOH-Z Yamaha 26 DUNLOP user