RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/5/12 全日本モトクロス選手権シリーズ 第3戦 中国大会 広島県 グリーンパーク弘楽園
天気 気温 観客
晴れ 25度 4,000人【2日間】

成田亮選手がヒート1で勝利し、小方誠選手が総合優勝!


今季第3戦の舞台は、ハードパック路面でハイスピードレイアウトのグリーンパーク弘楽園。これまで、広島県東部にあるこのコースを使った全日本は、春と秋の年2回開催だったが、今季は春のみとなった。前日から降った雨は、各クラスの予選が行われた土曜日の朝まで残ったが、その後は天候が回復。降雨量が多くなかったことから、コースに与えた影響は少なく、予選はベストコンディションでの開催となった。さらに日曜日は、朝から快晴。気温は25度まで上昇し、今季初めてドライコンディションでの決勝レースとなった。
 
IA1決勝ヒート1では、小方誠選手(#6)がホールショット。序盤は後続を引き離していった。昨年度王者の成田亮選手(#1)はやや出遅れ、ショートカット設定の1周目を7番手でクリア。翌周以降、徐々に順位を上げていった。そして6周目、成田選手は2番手に上がると、13周目には小方選手を抜いてトップに浮上した。その後、小方選手は成田選手を猛追したが、順位は変わらず。20周のレースで成田選手が優勝、小方選手が2位となった。スタート直後にライバルの転倒に巻き込まれて出遅れた田中教世選手(#13)は、ほぼ最後尾から追い上げて5位に入賞した。
 
また決勝ヒート2では、成田選手がホールショット。しかしその後、成田選手はリズムに乗れずに順位を落とし、10位でレースを終えた。ヒート1で2位表彰台に登壇した小方選手は、1周目8番手とやや出遅れてしまったが、序盤から積極的に追い上げ、6周目には2番手にポジションアップ。トップのライダーは逃がしてしまったが、再び2位入賞を果たした。また田中選手は、ヒート1に続いて出遅れ、1周目14番手の厳しい展開。しかしレース中盤に4番手まで順位を上げると、ラスト3周でも1台を抜き、3位表彰台に上がった。


竹中純矢選手が両ヒートで2位、田中雅己選手はヒート2で3位!


決勝ヒート1。ダンロップ勢では佐藤亮選手(#44)が2番手、井上眞一選手(#16)が4番手、岡野聖選手(#42)が6番手で1周目をクリア。田中雅己選手(#113)と竹中純矢選手(#39)は出遅れ、田中選手が10番手、竹中選手が12番手から上位進出を狙った。レース序盤、鋭い追い上げをみせたのは竹中選手。8周目には佐藤選手を抜いて3番手までポジションを上げた。レース後半、竹中選手はさらに追い上げを続け、11周目に2番手へと浮上。その勢いを保ったまま、トップへと接近していった。レース終盤、竹中選手はトップまで約2秒と迫ったが、その後にミスして再び3秒以上にまで差が拡大。それでも諦めずに逆転優勝を狙ったが、わずか約1.4秒届かず、2位となった。また、最終ラップには佐藤選手と田中選手が5位争いを展開し、田中選手が逆転して5位、佐藤選手は6位となった。
 
決勝ヒート2では、田中選手がホールショット。竹中選手も好スタートを決め、1周目を3番手でクリアした。2周目、竹中選手は近藤祐介選手(#48)をパスして2番手に浮上。4番手には佐藤選手が着けた。3周目、竹中選手が田中選手をパスしてトップに。近藤選手はトップ集団から脱落し、佐藤選手が3番手となったが、その佐藤選手もレース中盤にミスして大きく後退。竹中選手と田中選手が、後続をけん引した。9周目、田中選手はライバルに抜かれて3番手にダウン。竹中選手はトップを守っていたが、レースが後半に入ったところでライバルの接近を許してしまった。そして終盤、優勝を賭けた激しいバトルを展開。しかし手の不調でアクセルが握れなくなった竹中選手は2位でのゴールとなった。田中選手は3位となり、今季初の表彰台登壇。5位には、1周目11番手から追い上げた岡野選手が入賞した。


トップ4をダンロップタイヤが独占!

スタートで前に出たのは、ディフェンディングチャンピオンの邵洋子選手(#1)。2周目に入る段階で、一度はトップの座を明け渡したが、すぐにポジションを取り戻し、徐々に後続との差を拡大していった。その後方では、レース中盤に竹内優菜選手(#4)が2番手にポジションアップ。さらに安原さや選手(#2)もこれに続いた。邵選手と竹内選手のタイム差は、最大で約4秒に拡大。しかしその後、両者は2〜3秒差で周回を重ねた。
 
邵選手、竹内選手、安原選手の3名が約3秒ずつの差を保った緊迫の展開は、10周目最終ラップまで継続され、ここで竹内選手がスパート。しかし逆転には至らず、邵選手が今季2勝目を挙げ、竹内選手が2位、安原選手が3位となった。また、スタート直後は3番手を走行し、中盤に順位を落としながらラスト2周で順位をひとつ回復した延永若菜選手(#6)が4位でフィニッシュ。この結果、上位4台はすべてダンロップタイヤ装着車となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.26.001 DUNLOP user
2位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.27.616 DUNLOP user
3位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `33.41.729  
5位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `33.59.536 DUNLOP user
7位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.17.258 DUNLOP user
11位 島崎 大祐 Team DUNLOP MX Honda `34.25.337 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `32.21.003  
2位 小方 誠 TEAM HRC Honda `32.27.757 DUNLOP user
3位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `32.37.022 DUNLOP user
5位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `32.39.732 DUNLOP user
9位 島崎 大祐 Team DUNLOP MX Honda `33.03.403 DUNLOP user
10位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.04.846 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda `33.25.005  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki `33.26.410 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブTEAM MOTOBOY Kawasaki `34.03.551  
5位 田中 雅己 TEAM HRC Honda `34.16.276 DUNLOP user
6位 佐藤 亮 N.R.T. Honda `34.16.737 DUNLOP user
7位 岡野 聖 Team SUZUKI Suzuki `34.17.011 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda `32.33.028  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki `32.44.946 DUNLOP user
3位 田中 雅己 TEAM HRC Honda `32.54.640 DUNLOP user
5位 岡野 聖 Team SUZUKI Suzuki `33.15.034 DUNLOP user
7位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki `33.31.893 DUNLOP user
8位 上田 康平 SRF Teamブルーイーグルス Suzuki `33.37.963 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki `18.45.769 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda `18.46.223 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `18.52.070 DUNLOP user
4位 延永 若菜 TEAM HAMMER Honda `19.09.257 DUNLOP user
5位 高橋 絵莉子 T.E.SPORT Yamaha `19.09.665  

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小方 誠 TEAM HRC Honda 127 DUNLOP user
2位 成田 亮 TEAM HRC Honda 121 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 112  
6位 田中教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 99 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTM うず潮レーシング福山 KTM 68 DUNLOP user
10位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 66 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda 135  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki 129 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 T.E. SPORT Honda 126  
4位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki 107 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAM HRC Honda 76 DUNLOP user
6位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT Kawasaki 76 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda 62 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 59 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 50 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 46  
5位 久保 まな SRFスポーツwith KUBO RACING J:COM Suzuki 39 DUNLOP user