RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/5/26 全日本モトクロス選手権シリーズ 第4戦 SUGO大会 宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
晴れ 24度 3,600人(2日間)

小方誠選手と成田亮選手がランキングトップ2を僅差で守る!


全日本モトクロス選手権の今季第4戦は、最終戦の舞台にもなる宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。このコースは、アップダウンに富む地形を生かしながら、硬めの路面にハイスピードセクションから低速コーナーまでをダイナミックにレイアウトしている。今大会は前戦に続いて天候に恵まれたが、大会前から降雨がかなり少なく、これにより路面は乾いて硬く締まり、土曜日には走行によって発生した大量の土ボコリでコースが包まれた。しかし日曜日は、深夜から続けられた散水作業により、午前中を中心にベストコンディションとなった。
 
最高峰クラスとなるIA1の決勝ヒート1。ダンロップタイヤを履くディフェンディングチャンピオンの成田亮選手(#1)は、レース序盤からライバルたちと激しいトップ争いを展開。レース中盤にトップを快走すると、終盤に入るところで順位は落としたものの2位でゴールした。しかし、ランキングトップで今大会を迎えた小方誠選手(#6)は、好スタートを切った直後に転倒を喫すると、追い上げていたレース中盤にも他車の幅寄せを受けて接触転倒。これにより9位に終わった。またこのヒートでは、北居良樹選手(#11)が1周目10番手から追い上げて6位入賞を果たした。
 
決勝ヒート2は、成田選手が3番手、小方選手が6番手でオープニングラップをクリア。2周目、成田選手は2番手にポジションを上げた。ところがその後、成田選手はペースが上がらず、さらにレース中盤の7周目からは大きくペースダウン。17周のレースを8位で終えた。一方の小方選手は、着実な追い上げをみせ、7周目には成田選手に代わって3番手に浮上。その後は、約4秒前にいる2番手を追った。しかし、あと数秒という差が最後まで詰まらず、小方選手は3位で表彰台に登壇した。今大会の結果、小方選手は同点2番手の成田選手と3ポイント差ながら、ランキングトップを守った。


最高峰クラスライセンス1年目の渡辺祐介選手が初勝利!


決勝ヒート1でホールショットを奪ったのは田中雅己選手(#113)。これを、井上眞一選手(#16)が2番手、IAルーキーの渡辺祐介選手(#03)が4番手、渡辺選手と同じく地元レースとなった佐藤亮選手(#44)が5番手で追った。2周目、田中選手は2番手、井上選手は6番手に順位を下げると、3周目には渡辺選手、4周目には佐藤選手が田中選手をパス。渡辺選手と佐藤選手はトップのライダーを追った。そして5周目、佐藤選手は転倒して8番手まで順位を下げたが、渡辺選手は昨年度王者を抜いてトップに浮上。その後、渡辺選手はコンマ数秒ずつリードを拡大した。そして、18周で終了となったレースの終盤にチャンピオンの追撃を受けるも、最後まで順位を守り切って、渡辺選手がIA初優勝を飾った。また田中選手は3位、1周目7番手から追い上げた竹中純矢選手(#39)は4位、井上選手は6位に入賞した。
 
決勝ヒート2では、好スタートを決めた佐藤選手が、1周目にトップへと浮上。3周目には2番手に後退したが、その後もトップ争いに加わった。さらに渡辺選手が4番手、竹中選手が5番手で、僅差のトップ集団の中で上位進出を狙った。レースが中盤に入った6周目、佐藤選手は3番手に後退すると、翌周のリズムセクションでミスして5番手にポジションダウン。これにより渡辺選手が3番手、竹中選手が4番手に順位を上げた。そしてレース後半、渡辺選手は2番手のライダーを猛追。しかし最後までパッシングには至らず、渡辺選手は3位で再び表彰台に登壇した。4番手争いでは、10周目に佐藤選手が竹中選手をパス。しかしラスト2周となった16周目に竹中選手が逆転し、佐藤選手と最後までバトル。竹中選手が4位、佐藤選手が5位となった。なお、スタートで大きく出遅れた田中選手は、6位入賞となった。


ダンロップタイヤが再び表彰台を独占!

邵洋子選手(#1)が好スタートを決め、1周目をトップでクリア。延永若菜選手(#6)が2番手、安原さや選手(#2)が4番手、竹内優菜選手(#4)が5番手で続いた。2周目、延永選手は転倒により7番手まで後退。安原選手が2番手、竹内選手が4番手に浮上した。この段階で、邵選手は安原選手を約7秒リード。その後はこう着状態が続き、レースが後半に入った5周目に安原選手がペースアップしたことで、その差は約5秒となった。
 
6周目のペースは邵選手と安原選手でほぼ変わらず、レースはラスト2周に。するとここで、周回遅れの転倒をかわそうとした邵選手が転倒。これにより安原選手がトップ、5周目に順位を上げていた竹内選手が2番手、邵選手が3番手となった。ラストラップに入る段階で、安原選手と竹内選手の差は約5秒、竹内選手と邵選手の差は約1秒半。しかし最後まで順位は変わらず、安原選手が今季2勝目を挙げ、竹内選手が2位、邵選手が3位となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `33.31.629  
2位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.39.725 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `33.48.858  
6位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.09.889 DUNLOP user
9位 小方 誠 TEAM HRC Honda `34.17.742 DUNLOP user
11位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `34.30.567 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `32.04.380  
2位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `32.08.760  
3位 小方 誠 TEAM HRC Honda `32.10.756 DUNLOP user
6位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `32.36.641 DUNLOP user
8位 成田 亮 TEAM HRC Honda `32.57.157 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `32.58.449 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 渡辺 祐介 チーム ピットイン Yamaha `33.34.940 DUNLOP user
2位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda `33.35.880  
3位 田中 雅己 TEAM HRC Honda `34.04.143 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki `34.05.070 DUNLOP user
6位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki `34.31.755 DUNLOP user
7位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT Kawasaki `34.34.037 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda `32.19.562  
2位 富田 俊樹 T.E.SPORT Honda `32.22.698  
3位 渡辺 祐介 チーム ピットイン Yamaha `32.23.707 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki `32.49.358 DUNLOP user
5位 佐藤 亮 N.R.T. Honda `32.49.826 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAM HRC Honda `32.55.546 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `17.38.032 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda `17.41.760 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki `17.42.740 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki `17.52.965  
5位 延永 若菜 TEAM HAMMER Honda `17.56.719 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小方 誠 TEAM HRC Honda 159 DUNLOP user
2位 成田 亮 TEAM HRC Honda 156 DUNLOP user
3位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 156  
6位 田中教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 123 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTM うず潮レーシング福山 KTM 92 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 88 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda 182  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki 165 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 T.E. SPORT Honda 164  
4位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki 136 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAM HRC Honda 111 DUNLOP user
6位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT Kawasaki 102 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 84 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda 84 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 70 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 64  
5位 久保 まな SRFスポーツwith KUBO RACING J:COM Suzuki 51 DUNLOP user