RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/6/16 全日本モトクロス選手権シリーズ 第5戦 北海道大会 北海道 北海道オフロードパーク
天気 気温 観客
曇り一時晴れ 25度 5,500人(2日間)

ヒート2で、小方誠選手が2位、田中教世選手が3位!


全日本モトクロス選手権の今季第5戦は、年に一度の北海道大会。昨年からその会場となっている北海道オフロードパークは、火山灰質ディープサンド路面のハイスピードコース。走行によって、サンドならではのギャップやうねりが大量にできる、非常にタフなサーキットだ。決勝が行われた日曜日の天候は、午前中にときおり太陽が顔をのぞかせた程度の曇り空。金曜日から土曜日の正午にかけ、大量の雨が降ったが、水はけに優れた路面のため決勝日への影響はなく、むしろ朝から散水作業を続けてホコリの発生を抑える整備が続けられた。
 
IA1の決勝ヒート1。今大会にランキングトップで臨んだ小方誠選手(#6)は、1周目に田中教世選手(#13)の転倒に巻き込まれ、17番手からの追い上げレースに。また、小方選手と3ポイント差のランキング2番手で臨んだ昨年度王者の成田亮選手(#1)は、2周目に2番手へと浮上し、トップ争いを展開した。しかし成田選手は、7周目に4番手へと下がると、レース後半になって前の3台に引き離されてしまい、18周のレースを4位でゴール。小方選手は5位、1周目は15番手だった田中選手は7位まで追い上げてフィニッシュした。
 
決勝ヒート2では小方選手が好スタートを決め、1周目にトップへと浮上。2周目には、成田選手が2番手、田中選手が3番手に浮上した。レース序盤、田中選手は4番手に後退。小方選手と成田選手は順位を守ったが、中盤になって3番手へと順位を下げた成田選手は、その翌周にジャンプの着地で激しく転倒。大きなケガには至らなかったが、このヒートはリタイアに終わった。またレース後半になって、小方選手は後続の接近を許し、12周目に2番手へと後退。残り6周で再逆転を狙うも勝負には行けず、小方選手は2位となった。3位には、田中選手が入賞した。


ルーキーの渡辺祐介選手が両ヒートを制覇する快挙!


決勝ヒート1の1周目、IAルーキーながら前大会の決勝ヒート1で初優勝を達成した渡辺祐介選手(#03)を、ランキング2番手で大会に臨んだ竹中純矢選手(#39)が追った。2周目、渡辺選手は2番手以下よりも約4秒速い、驚異的な最速タイムを叩き出して逃げ切り態勢。一方の竹中選手は、2度の転倒で27番手まで順位を落とした。竹中選手の転倒もあって、この周に田中雅己選手(#113)が3番手、井上眞一選手(#16)が5番手に浮上。その後、田中選手は2番手浮上のチャンスをうかがった。そして5周目、田中選手が2番手に浮上。しかし、この段階で約17秒だった渡辺選手との差はその後も拡大し続け、最終的には渡辺選手が30秒も後続を引き離して勝利を収めた。2位には田中選手が入り、井上選手は4位でフィニッシュ。1周目12番手から追い上げた佐藤亮選手(#44)は、5位入賞を果たした。
 
また決勝ヒート2も、再び渡辺選手がオープニングラップを制する展開。これに須田純選手(#615)と竹中選手が続いた。佐藤選手は5番手で1周目をクリア。2周目、竹中選手はミスにより6番手に順位を下げ、須田選手は3周目以降に後退。4番手に浮上した佐藤選手は、4周目に1台をパスした。すると5周目、2番手を走っていたライダーが転倒リタイア。これにより、佐藤選手が2番手、竹中選手が4番手となった。さらに翌周、3番手走行中だったライダーが転倒し、これで渡辺選手、佐藤選手、竹中選手、小川孝平選手(#43)のダンロップユーザーが、上位を占める展開。その後、渡辺選手は後続を引き離す圧倒的な速さを披露。他の3選手は順位を守り、渡辺選手が優勝、佐藤選手がIA初表彰台となる2位、竹中選手が3位、小川選手が4位となった。なお田中選手は、序盤の転倒が響いて11位に終わった。


邵&竹内&安原のダンロップ勢が再び表彰台を占拠!

ホールショットを奪ったのは、ディフェンディングチャンピオンの邵洋子選手(#1)。この邵選手に、安原さや選手(#2)、延永若菜選手(#6)、竹内優菜選手(#4)が続いて、オープニングラップをクリアした。2周目、邵選手と安原選手は僅差のトップ争いを展開し、竹内選手は延永選手をパスして3番手に浮上。翌周には、竹内選手も加わってトップ集団は3台となった。そして4周目、安原選手のペースが落ち、竹内選手が2番手に上がった。
 
この段階で、邵選手と竹内選手の差は約2秒。するとここから邵選手がペースを上げ、5周目にはこのレースのファステストラップタイムを刻むなどして、竹内選手との差を拡大していった。そして、残りが2周となった7周目エンドの段階で、両者の差は約5秒に。終盤には竹内選手も粘りをみせたが、順位は変わらず。邵選手が今季3勝目を挙げ、竹内選手は2位となった。安原選手は単独3位でゴールし、ダンロップユーザーが表彰台を独占した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `32.50.447  
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `32.53.073  
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `33.06.463  
4位 成田 亮 TEAM HRC Honda `33.12.940 DUNLOP user
5位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.31.741 DUNLOP user
7位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `33.34.843 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `33.20.764  
2位 小方 誠 TEAM HRC Honda `33.23.369 DUNLOP user
3位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha `33.49.461 DUNLOP user
5位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki `33.57.184 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `35.06.654 DUNLOP user
11位 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off YSP浜北大橋 Yamaha `33.28.058 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 渡辺 祐介 チーム ピットイン Yamaha `33.14.084 DUNLOP user
2位 田中 雅己 TEAM HRC Honda `33.34.604 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 T.E.SPORT Honda `34.07.058  
4位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki `34.12.326 DUNLOP user
5位 佐藤 亮 N.R.T. Honda `34.15.319 DUNLOP user
7位 安原 志 名阪レーシング Yamaha `34.56.864 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 渡辺 祐介 チーム ピットイン Yamaha `32.24.828 DUNLOP user
2位 佐藤 亮 N.R.T. Honda `32.47.814 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki `32.54.593 DUNLOP user
4位 小川 孝平 Team ITOMO Honda `33.03.090 DUNLOP user
6位 安原 志 名阪レーシング Yamaha `33.17.627 DUNLOP user
8位 近藤 祐介 TEAM HAMMER ホンダ学園 Honda `33.25.763 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki `19.11.836 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda `19.14.349 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `19.29.732 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki `19.48.023  
5位 川村 真理子 KTMモトビルド神原 KTM `19.54.133 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki 199  
2位 小方 誠 TEAM HRC Honda 197 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 186  
5位 成田 亮 TEAM HRC Honda 174 DUNLOP user
6位 田中教世 YAMAHA YSP Racing Team Yamaha 157 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT Kawasaki 116 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 T.E. SPORT Honda 200  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング Kawasaki 195 DUNLOP user
3位 山本 鯨 TEAM YOUSPORT Honda 182  
4位 井上 眞一 K.R.T. Kawasaki 154 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAM HRC Honda 143 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 チーム ピットイン Yamaha 128 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda 106 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 104 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 95 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 82  
5位 延永 若菜 TEAM HAMMER Honda 62 DUNLOP user