RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/7/14 全日本モトクロス選手権シリーズ 第6戦 東北大会 岩手県 藤沢スポーツランド
天気 気温 観客
晴れのち曇り 29℃ 3,000人(2日間)

ヒート1で成田亮選手が3位。小方誠選手はランキング2位を守る!


サマーインターバル直前の大会となる全日本モトクロス選手権の今季第6戦は、岩手県の藤沢スポーツランドで開催された。かつてコース整備のために運び込まれた上質なサンドを含んだ路面と、アップダウンが豊富で幅が広いハイスピードレイアウトを特徴としたこのコースは、見た目の美しさも備えている。今大会は、レースウィークに降り続いた雨の影響で、予選が行われた土曜日は小雨混じりのマディコンディション。さらに土曜日夕方から日曜日早朝にかけても激しく雨が降り、日曜日の決勝レースもマディでのスタートとなった。
 
決勝ヒート1。ダンロップ勢はスタートでやや出遅れ、田中教世選手(#13)が5番手、ランキング2番手の小方誠選手(#6)が6番手、前大会終了後に手首の骨折が判明した成田亮選手(#1)が9番手で1周目をクリア。ここから成田選手が着実な追い上げをみせ、レース中盤には4番手まで順位を上げた。しかし、田中選手は2周目に9番手まで順位を落とし、小方選手も転倒して9番手まで後退した。レース終盤、成田選手はペースを上げて3番手に接近。最終ラップに逆転して3位でゴールした。小方選手は6位、田中選手は7位となった。
 
また決勝ヒート2では、成田選手が好スタートを決めてオープニングラップを2番手でクリア。レース序盤でのトップ浮上を狙った。ところが2周目、成田選手は転倒により5番手に後退。その後は田中選手と僅差のバトルを展開した。小方選手は、2周目に3番手へと浮上すると、その後は4台によるトップ争いに加わったが、5周目に転倒を喫してこの集団から大きく遅れてしまった。またこの周に、田中選手が成田選手を抜いて5番手に浮上した。そして15周で終了となったレースを、小方選手が4位、田中選手が5位、成田選手が6位でゴールした。


ヒート1で井上眞一選手、ヒート2で小川孝平選手が優勝


決勝ヒート1。道脇右京選手(#52)が好スタートを決め、1周目をトップでクリア。安原志選手(#46)が3番手、佐藤亮選手(#44)が4番手、渡辺祐介選手(#03)が5番手で続いた。レース序盤、佐藤選手がトップに浮上し、道脇選手とトップ争いを展開。しかしレースが中盤に入ると、道脇選手は徐々に後退し、佐藤選手も2番手に順位を落とした。レース後半、1周目7番手から追い上げてきたマディレースを得意とする井上眞一選手(#16)が、佐藤選手の背後に迫り、8周目に2番手へと浮上。さらにペースを上げた井上選手は、ラスト3周となった11周目にはついに、トップへと浮上した。そしてそのまま逃げ切り勝利を手にした。佐藤選手は3位に入賞して、2大会連続で表彰台に。渡辺選手は4位、1周目11番手から追い上げた竹中純矢選手(#39)は5位、安原選手は6位に入賞した。
 
また決勝ヒート2では、佐藤選手と小川孝平選手(#43)が好スタートを決め、オープニングラップに4台で構成されたトップグループに加わると、2周目には小川選手が2番手、佐藤選手が3番手を走行。ヒート1は1周目にスタックして12位に終わったが、予選から速さをみせていた小川選手は、トップのライダーをしっかりマークし続けた。レース中盤、佐藤選手は4番手に順位を下げたが、小川選手はなおもトップと僅差の2番手をキープ。そしてレース時間が残り10分を切ったところで、満を持してパッシングを試みて、ついにトップへと浮上した。小川選手は、そのまま後続を引き離してトップでゴール。IA昇格3年目でうれしい全日本初勝利を得た。佐藤選手は4位、竹中選手はヒート1に続いて5位に入賞。両ヒート総合成績では、佐藤選手が2位、ヒート2は10位だった井上選手が3位となった。


竹内優菜選手が初優勝。7位までが全車ダンロップを装着!

ホールショットを奪ったディフェンディングチャンピオンの邵洋子選手(#1)に、いまだ未勝利ながらランキングトップで臨んだ竹内優菜選手(#4)が続いて、オープニングラップをクリア。邵選手と竹内選手は接戦を繰り広げ、3周目に竹内選手が邵選手を抜いてトップに立った。その後方では、久保まな選手(#13)と伊集院忍選手(#5)が僅差の3番手争いを展開。竹内選手に抜かれた邵選手を吸収し、3台による2番手争いへと発展した。。
 
この中から、レースが後半に入ってまず久保選手が抜け出し、ラスト2周となった8周目には邵選手が伊集院選手をパスして3番手に順位を回復。竹内選手は独走を続けた。そして、竹内選手が自身初となる全日本優勝を達成し、久保選手が全日本初表彰台登壇となる2位でゴール。邵選手が3位、伊集院選手が4位となった。5位には安原さや選手(#2)、6位には川村真理子選手(#63)、7位には本田七海選手(#12)が入り、ダンロップ勢が上位を独占した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI Suzuki `32.56.119  
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI Suzuki `33.01.275  
3位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `33.07.270 DUNLOP user
6位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `33.52.961 DUNLOP user
7位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `34.05.876 DUNLOP user
10位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `35.10.884 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `33.59.622  
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `34.04.575  
3位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `34.19.906  
4位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `34.22.253 DUNLOP user
5位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `34.53.190 DUNLOP user
6位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `35.26.999 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI `33.23.010 DUNLOP user
2位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA `33.26.867  
3位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA `33.37.013 DUNLOP user
4位 渡辺 祐介 チーム ピットイン YAMAHA `33.40.344 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI `33.47.954 DUNLOP user
6位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `33.49.997 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `33.05.346 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA `33.09.938  
3位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA `33.31.933  
4位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA `33.32.587 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI `33.46.634 DUNLOP user
7位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `33.53.498 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda `18:18.585 DUNLOP user
2位 久保 まな SRF スポーツ with KUBO RC J:COM Suzuki `18:48.117 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美 Suzuki `18:58.778 DUNLOP user
4位 伊集院 忍 RF NARIMASU Yamaha `18:59.558 DUNLOP user
5位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `19:08.233 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 249  
2位 小方 誠 TEAM HRC HONDA 230 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 226  
5位 成田 亮 TEAM HRC HONDA 209 DUNLOP user
6位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 187 DUNLOP user
9位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 138 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA 235  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI 227 DUNLOP user
3位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA 224  
4位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 190 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAM HRC HONDA 160 DUNLOP user
6位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA 147 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda 131 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 120 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 115 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 82  
5位 久保 まな SRF スポーツ with KUBO RC J:COM Honda 81 DUNLOP user