RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/9/8 全日本モトクロス選手権シリーズ 第7戦 近畿大会 奈良県 名阪スポーツランド
天気 気温 観客
雨のち曇り一時晴れ 23℃ 6,600人(2日間)

ヒート2で成田亮選手が復活勝利。小方誠選手は両ヒート総合で優勝!


約2ヵ月の夏休みが終わり、全日本モトクロス選手権はシーズン終盤へ。第7戦近畿大会が、奈良県の名阪スポーツランドで行われた。高低差が大きい東西にわかれた土地にレイアウトされたコースは、サンド質の路面。今大会は天候に恵まれず、大会前から雨が多く降り、決勝が行われた日曜日も朝から降雨となった。水はけのよい土質に助けられ、コースコンディションが大きく悪化することはなかったが、路面が水を吸ったことで、コース各所に深いギャップやワダチが発生しやすくなり、より攻略が難しい状況となった。

全日本最高峰となるIA1の決勝ヒート1。ダンロップ勢では、ランキング2番手で今大会に臨んだ小方誠選手(#6)が4番手、第3戦ヒート1以降は勝利から遠ざかっていた成田亮選手(#1)が7番手で1周目を通過。しかし成田選手は、3周目に転倒。再スタートに時間を要し、15番手まで後退してしまった。小方選手は、レース中盤に2番手まで追い上げると、トップのライダーへと肉迫。しかし、速いラインが限定的なコース状況の中で、逆転のチャンスを得られずにいた。そして小方選手は2位でゴール。成田選手は7位でフィニッシュした。

また決勝ヒート2では、スタート直後にマルチクラッシュが発生したが、成田選手と小方選手はこれに巻き込まれることなく、成田選手が5番手、小方選手が6番手で1周目をクリア。成田選手が小方選手を引っ張るカタチで追い上げを続け、3周目には成田選手が2番手、小方選手が3番手にポジションを上げた。そしてトップに迫った成田選手は、レースが中盤を迎えた6周目に、満を持してトップに浮上。その後は終盤まで約5秒のアドバンテージを保ち、最後はその差を拡大してトップでゴールした。また小方選手も、3位入賞を果たした。


竹中選手がヒート2で勝利。安原志選手はIA初表彰台に!



決勝ヒート1。IAルーキーの佐々木雅哉選手(#01)が2番手、竹中純矢選手(#39)が3番手、須田純選手(#615)が4番手、田中雅己選手(#113)が5番手、安原志選手(#46)が6番手で1周目をクリア。ここから、3周目に竹中選手が2番手に浮上。4周目には、田中選手が転倒してリタイアし、須田選手がミスにより5番手に後退した。前を走るライダーをマークし続けた竹中選手は、8周目にトップ浮上。その後、2番手以下との差を拡大していった。ところがラスト3周となった16周目、竹中選手はエンジン不調によりラップタイムを落としてポジションダウン。これにより安原選手も順位を上げ、2位でゴールしてIA初表彰台に登壇した。竹中選手のマシンは、最終ラップにだいぶ調子を取り戻し、僅差で後続を抑えて3位フィニッシュ。須田選手が5位、佐々木選手が6位に入賞した。

また決勝ヒート2では、佐藤亮選手(#44)が好スタート。田中選手が2番手、竹中選手が3番手でこれに続いた。2周目以降、田中選手はヒート1で負ったケガの影響でペースが上がらず、少しずつポジションダウン。代わって、今回がケガからの復帰レースとなった岡野聖選手(#42)が、上位勢に加わってきた。4周目、竹中選手が佐藤選手を抜いてトップに浮上。レース中盤、佐藤選手はややペースを落として後退。竹中選手はアドバンテージを拡大し、岡野選手は4番手で走行を続けた。レース終盤、岡野選手はひとりをパスして表彰台圏内に。5番手争いを展開していた田中選手、佐藤選手、渡辺祐介選手(#03)のうち、田中選手がクラッシュし、この影響で佐藤選手も転倒してしまった。そしてレースは、竹中選手が勝利。岡野選手が3位、渡辺選手が5位、佐藤選手が6位となった。


竹内優菜選手が連勝でランキングトップをキープ!


前大会で全日本初優勝を決めた、シリーズランキングトップの竹内優菜選手(#4)がホールショット。ランキング2番手の安原さや選手(#2)と同3番手の邵洋子選手(#1)は出遅れ、邵選手が1周目8番手、安原選手が9番手からの追い上げレースとなった。2周目、その邵選手がコーナーで転倒。この影響で安原選手もストップしたが、この周を安原選手が6番手、邵選手が8番手でクリア。翌周、安原選手は4番手にポジションアップした。

レースが中盤に入っても、竹内選手は危なげない走りでトップを快走。後続との差を拡大していった。安原選手は、川村真理子選手(#63)らを抜いて2番手にポジションアップ。終盤になって邵選手も追い上げ、4番手に浮上した。そしてレースは、竹内選手が独走により優勝。2位には安原選手が入賞し、邵選手は4位、川村選手は5位でのゴールとなった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS HONDA `32.18.807  
2位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `32.22.028 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI HONDA `32.41.932  
6位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.56.952 DUNLOP user
7位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `32.58.337 DUNLOP user
12位 池谷 優太 Team SRM with マウンテンライダース SUZUKI `34.03.171 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `33.11.438 DUNLOP user
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `33.17.033  
3位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `33.19.641 DUNLOP user
10位 尾崎 友哉 RIDEZ Muc-Off YSP浜北大橋 YAMAHA `33.47.517 DUNLOP user
11位 池谷 優太 Team SRM with マウンテンライダース SUZUKI `34.10.281 DUNLOP user
18位 小林 雅裕 Honda緑陽会熊本レーシング HONDA `33.57.865 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 能塚 智寛 グリーンクラブTEAM MOTOBOY KAWASAKI `33.50.969  
2位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `34.05.219 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI `34.07.989 DUNLOP user
5位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `34.16.042 DUNLOP user
6位 佐々木 雅哉 HSR HONDA `34.21.750 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `34.22.973 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位
竹中 純矢
グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI `32.09.936 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA `32.18.168  
3位 岡野 聖 Team SUZUKI SUZUKI `32.22.240 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 チーム ピットイン YAMAHA `32.56.209 DUNLOP user
6位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA `33.04.971 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `33.15.061 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda `18:29.751 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha `18:40.383 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Suzuki `18:50.102  
4位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki `19:02.678 DUNLOP user
5位 川村 真理子 KTM モトビルド神原 KTM `19:13.625 DUNLOP user
6位 山本 泉   Honda `19:14.168 DUNLOP user

第7戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 278  
2位 小方 誠 TEAM HRC HONDA 272 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 266  
4位 成田 亮 TEAM HRC HONDA 248 DUNLOP user
6位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 187 DUNLOP user
10位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 153 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA 275  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI 272 DUNLOP user
3位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA 254  
4位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 190 DUNLOP user
5位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA 175 DUNLOP user
6位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 170 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER Honda 138 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 Suzuki 133 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング Yamaha 128 DUNLOP user
4位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY Kawasaki 102  
5位 久保 まな SRF スポーツ with KUBO RC J:COM Honda 87 DUNLOP user
6位 川村 真理子 KTM モトビルド神原 KTM 83 DUNLOP user