RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/10/6 関東大会 埼玉県 ウエストポイント オフロードヴィレッジ
天気 気温 観客
曇り時々晴れ 26℃ 8,000人(2日間)

成田亮選手が両ヒートを制覇。小方誠選手はヒート2で2位!


今季の全日本モトクロス選手権は、今大会を含めて残り2戦。秋の関東大会が、埼玉県川越市のウエストポイント オフロードヴィレッジで開催された。荒川と入間川に挟まれた、アップダウンがほとんどない河川敷の土地に設けられたコースは、以前よりもスピードがでるセクションが多いレイアウトに刷新。ジャンプの数もこれまで以上に増やされた。予選が行われた土曜日に雨が降ったことから、春の大会に続いて決勝はマディコンディションに。ただし日曜日の天候は曇り時々晴れで、午後になって路面状況は少しだけ改善された。

全日本最高峰となるIA1の決勝ヒート1。ダンロップ勢では、ランキング2番手で今大会に臨んだ小方誠選手(#6)が、スタート直後の1コーナーで他車に接触されて転倒し、再スタートまで1分近くも要する波乱。結局、小方選手は10位でゴールした。一方、トップと30ポイント差のランキング4番手で今大会を迎えた成田亮選手(#1)は、1周目を4番手でクリアすると、難しいコンディションの中でラインを巧みに見極めながら追い上げ、4周目にはトップへと浮上。16周でチェッカーとなったレースで、前大会ヒート2に続いて勝利を収めた。

また決勝ヒート2では、成田選手がオープニングラップからトップを走行。5周目には、後方から追い上げてきた小方選手が2番手に浮上し、ダンロップタイヤのワン・ツー態勢となった。レース中盤、小方選手はやや成田選手との差をやや縮めたが、成田選手もこのレースのファステスト・ラップタイムを叩き出すなどしながら逃げ、最終的には成田選手が再び優勝。小方選手が2位となった。今大会の結果、小方選手はトップと5ポイント差のランキング2番手、成田選手はトップと12ポイント差のランキング4番手で、最終戦に臨むことになった。


竹中選手が両ヒートで表彰台に登壇!



決勝ヒート1。トップとわずか3ポイント差のシリーズランキング2番手で今大会を迎えた竹中純矢選手(#39)は、1周目を6番手でクリア。2周目には4番手、3周目には3番手に浮上して、トップ争いを繰り広げた。レース後半、タイトル争いの直接的なライバルとなる2選手の後方で、チャンスをうかがっていた竹中選手は、12周目にまず1台を抜いて2番手にポジションアップ。ラスト2周となった14周目には、ついにトップへと浮上した。しかし最終ラップで、周回遅れに行く手を阻まれるなどの不運があり、竹中選手は3位でのゴールとなった。また、1周目を8番手でクリアした安原志選手(#46)は、レース中盤に追い上げて4位に入賞。オープニングラップで15番手と大きく出遅れていた小川孝平選手(#43)は、追い上げて6位入賞を果たした。田中選手は8位、岡野聖選手(#42)は11位に終わった。

また決勝ヒート2でも、再び竹中選手は好スタートを決め、オープニングラップを2番手でクリア。序盤、竹中選手はトップのライダーをしっかりとマークしながら走行を続けた。しかしレース中盤、周回遅れのパスにミスに時間を使って差を拡大されると、トップと再び約4秒差に詰めて迎えた残り2周でもバックマーカーの処理に手間取り、2位でのゴールとなった。また、ランキング5番手で今大会を迎え、決勝ヒート1では1周目の転倒が響いて15位でゴールしていた佐藤亮選手(#44)は、このヒートでは中盤から6番手を走行。最後まで諦めることなく追い上げを続け、最終ラップの最終コーナーで逆転に成功して5位入賞を果たした。田中選手は17位、岡野選手は18位と低迷。今大会の結果、竹中選手はトップと6ポイント差のランキング2番手で、最終戦での逆転タイトル獲得を目指す。


安原さや選手が2位、邵洋子選手が3位!


レディースクラスは、年間9戦のうち好成績を残した6戦分のポイントでシリーズランキングを競う、有効ポイント制が導入されている。今季はここまで、竹内優菜選手(#4)、邵洋子選手(#1)、安原さや選手(#2)のダンロップユーザーが、し烈なチャンピオン争いを繰り広げている。今大会の決勝レースでは、延永若菜選手(#6)が2番手、邵選手が3番手、安原選手が4番手で1周目をクリア。2周目、邵選手がミスにより4番手に順位を下げた。

レース中盤、安原選手が延永選手を抜いて2番手に浮上すると、トップを目指してさらなる追い上げ。一方で延永選手は4番手に順位を下げ、邵選手が3番手へと再浮上した。トップを追っていた安原選手は、終盤に2度の転倒を喫し、2位でゴール。邵選手は3位、竹内選手は転倒とスタックで17位に終わり、タイトル争いは最終戦で決着することになった。なおこのレースでは、川村真理子選手(#63)が4位、延永選手が5位に入賞している。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `33.33.931 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `33.42.150  
3位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS HONDA `33.43.270  
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `35.28.913 DUNLOP user
10位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `35.38.062 DUNLOP user
11位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.38.705 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `32.55.020 DUNLOP user
2位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `33.00.507 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `33.26.067  
6位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.48.647 DUNLOP user
12位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `33.37.209 DUNLOP user
15位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.56.637 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA `32.44.526  
2位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA `32.50.211  
3位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI `32.52.631 DUNLOP user
4位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `34.12.041 DUNLOP user
6位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `34.27.332 DUNLOP user
7位 矢野 和都 ダートスポーツRT with KTM中野 KTM `34.29.419 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA `32.44.824  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI `32.54.547 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA `33.06.045  
5位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA `34.05.824 DUNLOP user
7位 近藤 祐介 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `32.56.471 DUNLOP user
8位 渡邊 涼太 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.15.300 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 19:05.289  
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 19:29.231 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 19:52.093 DUNLOP user
4位 川村 真理子 KTM モトビルド神原 KTM 19:20.987 DUNLOP user
5位 延永 若菜 TEAM HAMMER HONDA 19:44.467 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH−Z YAMAHA 19:56.221 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 310  
2位 小方 誠 TEAM HRC HONDA 305 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 299  
4位 成田 亮 TEAM HRC HONDA 298 DUNLOP user
7位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 187 DUNLOP user
10位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 178 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA 320  
2位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI 314 DUNLOP user
3位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA 301  
4位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA 197 DUNLOP user
5位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 190 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAM HRC HONDA 177 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 138 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 135 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 134 DUNLOP user
5位 川村 真理子 KTM モトビルド神原 KTM 101 DUNLOP user
6位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI 91 DUNLOP user
7位 延永 若菜 TEAM HAMMER HONDA 87 DUNLOP user