RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/10/20 第51回MFJ-GPモトクロス大会 宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
15℃ 3,870人(2日間)

成田亮選手が逆転チャンピオン。小方誠選手がランキング2位!


いよいよ今季最終戦を迎えた全日本モトクロス選手権。ダイナミックなコースレイアウトが施され、上り急こう配ロングストレートの「大坂」などを特徴とする宮城県のスポーツランドSUGOで、シリーズチャンピオンを賭けた最後のバトルが展開された。予選が行われた土曜日は曇りだったが、日曜日早朝から雨が降りだし、路面コンディションは徐々に悪化。昼前から雨脚は強くなり、マディレースが多かった今シーズンを象徴するかのような、IAライダーですら1レースで何度も転倒を喫するヘビーマディ状態となった。

全日本最高峰となるIA1では、小方誠選手(#6)がトップと5ポイント差のランキング2番手、成田亮選手(#1)がトップと12ポイント差のランキング4番手で、今大会を迎えた。また、モトクロス世界選手権ライダーのマキシミリアン・ナグル選手(#12)とエフゲニー・ボブリシェフ選手(#777)がスポット参戦した。決勝ヒート1は、序盤こそ成田選手ら日本人勢が上位を占めたが、すぐにナグル選手とボブリシェフ選手がワン・ツー態勢を築き、そのまま後続を引き離してゴール。成田選手が3位、小方選手は1周目9番手と出遅れながらも5位となった。

ヒート1の結果により、小方選手がランキングトップ、成田選手が小方選手と3ポイント差の同3番手で迎えたヒート2。このレースで優勝すれば、小方選手の順位にかかわらずタイトル獲得が決まる成田選手は、序盤からトップを快走。小方選手がこれに続いた。ナグル選手は、小方選手をマークしながら3番手をキープ。ボブリシェフ選手は転倒によりリタイアした。レース後半、小方選手と成田選手は転倒やミスを重ね、ナグル選手がトップ、成田選手が2番手、小方選手が3番手に。ラスト2周で小方選手が4番手に後退したため、成田選手が1ポイント差でシリーズタイトルを手にした。


竹中純矢選手はランキング3位で今季を終了



決勝ヒート1。トップと6ポイント差のランキング2番手で今大会を迎えた竹中純矢選手(#39)は、1周目を3番手でクリア。しかし2周目には、5番手へと順位を下げた。代わって3番手に浮上したのは田中雅己選手(#113)。田中選手は安定したペースで周回を続け、レースが中盤に入った6周目には2番手へと浮上した。また竹中選手も、3周目に4番手へと回復してからは、順位をキープした。レースが後半に入ると、田中選手が走りのリズムを崩し、10周目には3番手、12周目には竹中選手に抜かれて4番手に後退。逆に表彰台圏内へと戻った竹中選手は、すぐ前を走るランキングトップの選手を追った。しかしわずか3秒ほど届かず、竹中選手は3位となった。4位には田中選手、5位には岡野聖選手(#42)、6位には小川孝平選手(#43)が入賞。竹中選手は、トップと8ポイント差でシーズン最後のレースに臨むことになった。

そしてその決勝ヒート2では、竹中選手は1周目を7番手でクリア。3周目には6番手へと順位を上げた。ところが4周目、竹中選手のマシンにトラブルが発生。これによりリタイアとなり、竹中選手はランキング3位でシーズンを終えることになった。レースは、昼前から雨が強くなり、コースコンディションがさらに悪化したことから、転倒者やスタック車両が続出するサバイバルマッチに。この中、大ベテランならではのテクニックを披露したのが須田純選手(#615)。好スタートを切り、1周目を4番手でクリアした須田選手は、大きくタイムを落とすことなく周回を重ね、レースが後半に入った7周目には3番手、その翌周には2番手にポジションを上げた。そしてレース終盤、トップの背後へと接近。最後はわずかに届かず、逆転は果たせなかったが、久々の表彰台登壇となる2位でゴールした。


川村真理子選手が優勝。チャンピオンは邵洋子選手!


レディースクラスは、年間9戦のうち好成績を残した6戦分のポイントでシリーズランキングを競う、有効ポイント制が導入されている。この最終戦まで、竹内優菜選手(#4)、邵洋子選手(#1)、安原さや選手(#2)のダンロップユーザーが、し烈なチャンピオン争いを繰り広げてきた。今大会の決勝レースでは、1周目を2番手でクリアした川村真理子選手(#63)が、レース後半までトップを追走。一方でタイトルがかかった3選手は、いずれもスタートで出遅れた。

そして、1周目6番手だった竹内選手は、2周目に12番手へと後退してタイトル争いから脱落。レース中盤、安原選手が3番手、邵選手が4番手に追い上げ、両者のうち先にゴールしたほうがチャンピオンになることに。迎えた最終ラップ、先行した安原選手が周回遅れのパスに手間取り、ここで邵選手が3番手浮上。そのままゴールして、2連連続チャンピオンに輝いた。安原選手は転倒して6位。レースは、最終ラップで逆転した川村選手が優勝した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 M.Nagl Honda World Motocross Team HONDA `33.41.668 DUNLOP user
2位 E.Bobryshev Honda World Motocross Team HONDA `33.51.096 DUNLOP user
3位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `34.35.512 DUNLOP user
5位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `35.05.300 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `35.36.491 DUNLOP user
13位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `35.03.353 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 M.Nagl Honda World Motocross Team HONDA `37.08.796 DUNLOP user
2位 成田 亮 TEAM HRC HONDA `38.37.375 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `38.41.839  
4位 小方 誠 TEAM HRC HONDA `39.03.543 DUNLOP user
7位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `41.10.145 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `38.54.193 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA `32.25.559  
2位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA `32.28.805  
3位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI `32.32.099 DUNLOP user
4位 田中 雅己 TEAM HRC HONDA `32.42.323 DUNLOP user
5位 岡野 聖 Team SUZUKI SUZUKI `33.01.895 DUNLOP user
6位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `33.08.256 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA `33.45.863  
2位 須田 純 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `33.47.850 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA `34.19.825  
4位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `35.35.706 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 チーム ピットイン YAMAHA `35.55.172 DUNLOP user
8位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `36.49.577 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 川村 真理子 KTM モトビルド神原 KTM `18:52.630 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `19:09.020  
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI `19:27.574 DUNLOP user
4位 延永 若菜 TEAM HAMMER HONDA `20:41.921 DUNLOP user
5位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI `21:47.909 DUNLOP user
6位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `22:01.026 DUNLOP user

第9戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 TEAM HRC HONDA 350 DUNLOP user
2位 小方 誠 TEAM HRC HONDA 349 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 340  
7位 星野 裕 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 216 DUNLOP user
11位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 187 DUNLOP user
12位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 176 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 T.E.SPORT HONDA 372  
2位 山本 鯨 TEAM YOU SPORT HONDA 361  
3位 竹中 純矢 グリーンクラブピュアテックレーシング KAWASAKI 339 DUNLOP user
4位 佐藤 亮 N.R.T. HONDA 225 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 214 DUNLOP user
6位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 213 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 140 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 138 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 134 DUNLOP user
5位 川村 真理子 KTM モトビルド神原 KTM 117 DUNLOP user
6位 延永 若菜 TEAM HAMMER HONDA 101 DUNLOP user
7位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI 100 DUNLOP user