FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

全日本ロードレース
CATEGORY
■ 2013/4/14 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦 SUZUKA 2&4レース
天気 気温  
薄曇り 15.5度 29,000人
観客

加賀山選手が、今季初の表彰台3位を獲得!






開幕戦から2週間後、第2戦は鈴鹿サーキットで行われた。今回は、4輪のスーパーフォーミュラと併催で行われる鈴鹿2&4レース。2輪の全日本選手権は、JSB1000クラスのみ行われる。

開幕戦もてぎは雨天となったが、第2戦は予選からドライコンディションで走行が始まった。
チームカガヤマの加賀山就臣選手(SUZUKI)は、まだ右膝のケガの状態が思わしくないが、それでも6番手2列目を獲得する。
また、今野由寛選手(SUZUKI)は10位。続いて藤田拓哉選手(YAMAHA)は11位、吉田光弘選手(HONDA)が17位となる。
今回、鈴鹿8耐を見据えて、全53台がエントリーし、上位44台が予選を通過した。ダンロップ勢では、エヴァRT初号機シナジーフォースTRICKSTARの出口修選手(KAWASAKI)が予選13位、稲垣誠選手(SUZUKI)が16位につけた。

決勝当日は朝から曇り空。ドライコンディションで決勝レースを迎えた。スタートが切られると、加賀山選手は1周目を7位で通過。出口選手は10位、藤田選手は11位、今野選手は13位につける。

ところが、2周目に200Rで多重クラッシュが発生し、パーツなどが散乱したためセーフティカーが入る。セーフティカーが走行中は、順位を変えずに安全走行を続けなくてはならない。
そして、5周目に入ったところでセーフティカーがピットに戻り再スタート。加賀山選手はすぐにペースを上げて、中須賀克行選手(YAMAHA)山口辰也選手(HONDA)、津田拓也選手(SUZUKI)を次々にパス。6周目に4位に浮上する。
さらに、前を行くベテランの柳川明選手(KAWASAKI)のテールにぴたりとつける。後方からディフェンディング・チャンピオンの中須賀選手も続き、柳川選手、加賀山選手、中須賀選手の3台が熾烈な3位争いを展開していく。
そして7周目、最終コーナーへ続くシケインで加賀山選手は柳川選手を抜き去り、3位に順位アップ。
終盤に入っても、加賀山選手はハイペースで走行続け、柳川選手と中須賀選手を引き離していく。
まだ膝のケガが癒えていないコンディションながら、加賀山選手は最後まで強気の走りを見せて、今季初の表彰台3位を獲得した。
「開幕戦もてぎの直前まで入院していて、まだ膝の具合がよくないのでトレーニングをすることも禁止されていました。開幕戦から今回までの2戦は、少しでも多くポイントを獲得しようと挑んでいたレースなので、表彰台に上がれるとは思っていませんでした。レースでは、セーフティーカーが入り難しかったが、逆にそこがチャンスだと思いました。秋吉選手もスタート後の2、3周で引き離していきましたが、ボクも経験が多い方なので、前に出ていくことができたんだと思います。この後、1ヶ月あくのでチームも身体も作り直して反撃したいです」と加賀山選手は語った。
また、再スタート後、今野選手、出口選手も粘り強い走りを見せて、順位アップを狙っていた。終盤、今野選手と出口選手は、安田毅史選手(HONDA)と8位争いを展開。今野選手は、最終ラップで安田選手に抜かれてしまい9位でチェッカー。出口選手は最後のシケインで転倒してしまった。
また、藤田選手は10位、稲垣選手は12位、吉田選手は13位に入った。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda '35.26.134  
2位 高橋 巧 MuSASHi RT ハルクプロ Honda '35.30.241  
3位 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki '35.33.135 DUNLOP user
9位 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki '35.52.607 DUNLOP user
10位 藤田 拓哉 DOGFIGHT RACING YAMAHA Yamaha '35.58.165 DUNLOP user
12位 稲垣 誠 Team 橋本組 Suzuki '36.20.772 DUNLOP user
13位 吉田 光弘 Honda熊本レーシング Honda '36.26.682 DUNLOP user
リタイア 出口 修 エヴァRT初号機シナジーフォースTRICKSTAR Kawasaki '38.06.183 DUNLOP user

第2戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 50  
2位 高橋 巧 MuSASHi RTハルクプロ Honda 44  
3位 中須賀 克行 ヤマハYSPレーシングチーム Honda 36  
5位 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki 35 DUNLOP user
9位 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki 25 DUNLOP user
10位 藤田 拓哉 DOGFIGHT RACING YAMAHA Yamaha 21 DUNLOP user