FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

全日本ロードレース
CATEGORY
■ 2013/6/30 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 SUPERBIKE RACE in TSUKUBA
天気 気温 観客
曇り 26度 17,100人(2日間)

加賀山選手が粘りの走りで4位入賞を果たす



第4戦筑波は、開幕戦以来の全クラス開催となった。JSB1000クラスは、鈴鹿、オートポリスに続いて4戦目となる。
梅雨の真っ最中ということで天候が心配されたが、予選はドライコンディションで行われた。
加賀山就臣選手(SUZUKI)は、クオリファイ1で5位に入りトップ10チャレンジへ進んだ。そして、トップ10チャレンジでも5位に入り2列目からスタートすることになった。
また、今野由寛選手(SUZUKI)は8位、藤田拓哉選手(YAMAHA)は9位となっている。
 
決勝当日、曇り空ながらドライコンディションに恵まれた。
レースがスタートすると、加賀山選手は順当なスタートを切り、津田拓也選手(SUZUKI)、中須賀克行選手(YAMAHA)に続く3番手につける。
その後、津田選手と中須賀選手の2台が逃げ始め、加賀山選手は高橋巧選手(HONDA)、山口辰也選手(HONDA)、柳川明選手(KAWASAKI)、渡辺一樹選手(KAWASAKI)とセカンドグループを形成。接近戦を演じていく。そして、2位の中須賀選手がマシントラブルのためにリタイアすると、このグループが2位争いにかわる。
その後、加賀山選手は高橋選手の先行を許して3位へ後退する。
中盤に入ると、柳川選手に抜かれて加賀山選手は4位となるが、渡辺選手、山口選手を抑えて、4位を守っていく。
レース終盤、渡辺選手は後退し、加賀山選手は山口選手と熾烈な4位争いを展開。山口選手はピタリとテールにつけ、前に出るチャンスをうかがっていたが、加賀山選手は巧みにブロック。最後まで4位を守り切ってチェッカーを受けた。
「ケガは徐々に回復してきていますが、筑波は体に負荷がかかるレイアウトなので、全力で行きましたが納得する結果では終われませんでした。小さいコーナーが続くレイアウトなので、タイヤのいいグリップを出せないままで、レース序盤のペースが上げられなかったのが響きましたね。結果は精いっぱいやって、表彰台に届かなくて悔しいですが、現状のベストは尽くせたと思います。」と加賀山選手。
 
また、今野選手と藤田選手は終始7位争いを展開。何度か順位を入れ替えるドッグファイトを演じ、今野選手が7位でゴールした。


中冨選手が2位でゴールするもペナルティで10位へ降格。伊藤選手が3位を獲得




ST600クラスは、前回のオートポリスで2戦行われたため、今回が4レース目となる。
予選では、中冨伸一選手(YAMAHA)が3位フロントローを獲得。
また、伊藤勇樹選手(YAMAHA)は6位、國川浩道選手(HONDA)は7位、篠崎佐助選手(YAMAHA)は10位、稲垣誠選手(YAMAHA)は12位となった。
 
決勝レースが始まると中富選手は、渡辺一馬選手(HONDA)の後ろ2番手につける。そして、4周目に中冨選手は渡辺選手をとらえてトップに浮上。序盤は上位2台の後ろから、伊藤選手、岩崎哲朗選手(KAWASAKI)、小山知良選手(HONDA)、國川選手が僅差で続く混戦模様が続いた。
中盤に入ると、中冨選手と渡辺選手が後続を離して、テールトゥノーズのバトルを開始。また、伊藤選手は岩崎選手と3位争い、國川選手は小山選手と5位争いと、それぞれが2台ずつの戦いとなっていく。
終盤までトップを守っていた中冨選手だったが、残り3周の最終コーナー入口で渡辺選手に抜かれてしまう。終盤も粘り強く走った中冨選手だったが、そのまま2位でチェッカー。
ところが、表彰台に上がった中冨選手は白旗無視(白旗区間の追い越し禁止規則)のため、30秒加算のペナルティを受けて10位に降格されてしまった。
一方、3位争いも最後まで接戦となった。伊藤選手が終始先行していたが、ゴール直前の最終コーナーで岩崎選手に抜かれて、惜しくも伊藤選手は4位でゴール。中冨選手の降格により伊藤選手は3位となった。
一方、國川選手は小山選手に続いて6位でゴールし、ひとつ繰り上がって5位という結果となった。篠崎選手と稲垣選手は転倒リタイアした。


中本選手が苦しみながらも7位。長島選手は転倒リタイアに終わる




長島哲太選手(TSR)が、開幕戦に続いて2連連続のポールポジションを獲得した。
「決勝を想定した走行はできているが、まだ逃げられるほどのアベレージはないですね。問題のある部分を決勝朝のウォームアップ走行で少し修正したいです。タイヤのマネジメントをうまくやりたい。アタマをしっかり使わないといけないレースになりそうです。勝つ自信はありますし、勝ちたいですね」と長島選手は語った。
また、中本郡選手(YAMAHA)が2位、井筒仁康選手(KAWASAKI)が3位とダンロップ勢がフロントローを独占した。
一方、大木崇行選手(HONDA)は9位、中村豊選手(HONDA)は17位に並ぶ。
 
決勝レースが始まると中本選手が好ダッシュ。すぐに井筒選手がトップに立ち、後ろから中本選手、D・クライサルト選手(YAMAHA)、長島選手、生形秀之選手(SUZUKI)などが続く。
序盤のトップ争いは、井筒選手と中本選手が展開。そして、4周目の最終コーナーで長島選手が転倒。さらに翌周、トップの井筒選手も第1ヘアピンでクラッシュ、戦列を離れてしまう。
波乱の展開となったレースは、中本選手と生形選手の2台がトップ争いを展開。中本選手は必死にトップを守っていく。
ところが後半に入ると、中本選手はマシンのマイナートラブルのためにペースが鈍り、生形選手に抜かれてしまう。さらに後続車にも抜かれて順位を下げていく。
中本選手は順位を下げながらもレースを続け、辛くも7位でゴールした。
また、大木選手は8位、中村選手は11位となっている。
転倒した長島選手は「予選からフロントが切れ込む症状が出ていました。それをなんとかしようとしていたのですが、うまい解決策が見つからずに不安を残しての決勝でした。スタートを失敗してしまい、追い上げる中でフロントから転倒してしまいました。足を打撲した程度で、次の走行には問題ありません。後半戦でしっかり挽回します」と語った。


國峰選手が転倒から再スタートして2位を獲得




予選では、15歳の國峰啄磨選手(TSR)が2位を獲得。山本剛大選手(FTR-HONDA)が3位フロントローに並ぶ。 また、亀井雄大選手(HONDA)が5位、大久保光選手(HONDA)が6位。宇井陽一選手(IODA)が12位、小室旭選手(HONDA)が13位に入っている。
 
決勝レースがスタートすると、國峰選手はポールシッターの山田誓己選手(HONDA)の後ろ2番手につける。そして、オープニングラップで山田選手をとらえると、國峰選手はトップに浮上する。しかし、3周目にダンロップコーナーで痛恨の転倒。すぐに再スタートするものの、國峰選手は23位にまで順位を落としてしてしまう。
レースは、山田選手を先頭に、山本選手が単独2位につけ、3位集団は大久保選手、亀井選手、徳留真紀選手(HONDA)など7台が混戦を演じていく。
レース中盤、山本選手は単独2位を走行し続ける。そして、再スタートしてすぐに追い上げを開始した國峰選手が3位集団に追いつき、目覚ましい勢いで順位を上げていく。15周目に5位、そして、ついに17周目に3位争い集団の先頭に立つ。
國峰選手はすぐに3位争いのグループから抜け出すと、約3秒前を行く山本選手を追いかけ始める。
そして、残り5周となった21周目に山本選手が痛恨の転倒。これで國峰選手は2位に順位アップ。そのまま最後までハイペースで走行を続けると、國峰選手は2位表彰台を獲得した。
「練習走行のときから、コーナー進入でフロントが跳ねる感じがありました。そのときはあまり気にならなかったのですが、決勝ではアタックしていたので突っ込みでフロントが切れ込んでしまいました。自分のミスなので仕方ないです。開幕戦がノーポイントだったので、(再スタート後は)なるべくポイントを稼げるように、前へ前へという気持ちだけで、行けるだけ行こうと思って走っていました。3番手に上がってからは(前を走っていた)山本選手がペースを上げても、自分は転倒しないように(ポジションを)キープしようと思っていました。その後、山本選手が目の前で転んでしまったので、ポイントを確実に取るために安定した走りをしていました」と國峰選手はコメントした。 また、大久保選手は4位、亀井選手は8位、小室選手は12位。宇井選手は序盤に転倒してしまった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 津田 拓也 ヨシムラスズキレーシングチーム Suzuki '28.28.579  
2位 高橋 巧 MuSASHi RT ハルクプロ Honda '28.30.738  
3位 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki '28.33.647  
4位 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki '28.39.736 DUNLOP user
7位 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki '29.05.526 DUNLOP user
8位 藤田 拓哉 DOGFIGHT RACING YAMAHA Yamaha '29.06.019 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 渡辺 一馬 Kohara Racing Honda '24.32.387  
2位 岩崎 哲朗 RS-ITOH&ASIA Kawasaki '24.39.627  
3位 伊藤 勇樹 PETRONAS・HLYM Yamaha '24.39.627 DUNLOP user
5位 國川 浩道 赤い3輪車レーシングチーム Honda '24.40.436 DUNLOP user
10位 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha '25.03.152 DUNLOP user
リタイヤ 稲垣 誠 AKENO SPEED MIC Yamaha '6.58.133 DUNLOP user
リタイヤ 篠崎 佐助 SP忠男レーシングチーム Yamaha   DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki '24.27.537  
2位 高橋 英倫 PITCREW&松戸FLASH Kawasaki '24.27.745  
3位 野左根 航汰 ウェビックチームノリックヤマハ Yamaha '24.28.067  
7位 中本郡 レーシングチームOutRun Yamaha '24.40.660 DUNLOP user
8位 大木崇行 MOTO BUM HONDA Honda '24.44.964 DUNLOP user
11位 中村 豊 MOTO BUM HONDA Honda '25.09.011 DUNLOP user
リタイヤ 井筒 仁康 RS-ITO&ASIA Kawasaki '3.56.757 DUNLOP user
リタイヤ 長島 哲太 テルル&EM★KoharaRT TSR '2.59.664 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 山田 誓己 TEAM PLUSONE & ENDURANCE Honda '24.59.154  
2位 國峰 啄磨 Projectμ7C HARC TSR '25.16.272 DUNLOP user
3位 徳留 真樹 Tome Team PLUS ONE TSR '31.06.033  
4位 大久保 光 HotRacing Honda '25.20.308 DUNLOP user
8位 亀井雄大 18 GARAGE RACING TEAM Honda '25.26.538 DUNLOP user
12位 小室 旭 テルル&EM★KoharaRT Honda '25.36.016 DUNLOP user
リタイア 山本 剛大 Team NOBBY FTR-Honda '20.12.954 DUNLOP user
リタイア 宇井陽一 41Planning.IODA RacingJapan IODA '4.12.032 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 高橋 巧 MuSASHi RTハルクプロ Honda 78  
2位 柳川 明 TEAM GREEN Kawasaki 76  
3位 秋吉 耕佑 F.C.C.TSR Honda Honda 72  
4位 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA Suzuki 71 DUNLOP user
8位 今野 由寛 MotoMap SUPPLY Suzuki 50 DUNLOP user
9位 藤田 拓哉 DOGFIGHT RACING YAMAHA Yamaha 44 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 横江 竜司 RT森のくまさん佐藤塾 Yamaha 75  
2位 大崎 誠之 伊藤レーシングGMDスズカ Yamaha 66  
3位 渡辺 一馬 Kohara Racing Honda 58  
6位 稲垣 誠 AKENO SPEED MIC Yamaha 44 DUNLOP user
8位 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ Yamaha 39 DUNLOP user
9位 伊藤 勇樹 PETRONAS・HLYM Yamaha 37 DUNLOP user
14位 國川 浩道 赤い3輪車レーシングチーム Honda 25 DUNLOP user
22位 篠崎 佐助 SP忠男レーシングチーム Yamaha 15 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング Suzuki 47  
2位 高橋 英倫 PITCREW&松戸FLASH Kawasaki 47  
3位 野左根 航汰 ウェビックチームノリックヤマハ Yamaha 38  
7位 中村 豊 MOTO BUM HONDA Honda 23 DUNLOP user
9位 大木 崇行 MOTO BUM HONDA Honda 19 DUNLOP user
13位 長島 哲太 テルル&EM★KoharaRT TSR 15 DUNLOP user
14位 中本 郡 レーシングチームOutRun Yamaha 14 DUNLOP user
15位 井筒 仁康 RS-ITOH&ASIA Kawasaki 14 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 山田 誓己 TEAM PLUSONE & ENDURANCE Honda 50  
2位 亀井 雄大 18 GARAGE RACING TEAM Honda 35 DUNLOP user
3位 長尾 健吾 TEAMけんけんwithアポロ Honda 30  
5位 小室 旭 テルル&EM★KoharaRT Honda 24 DUNLOP user
7位 國峰 啄磨 Projectμ7C HARC TSR 22 DUNLOP user
9位 山本 剛大 TEAM NOBBY FTR-Honda 20 DUNLOP user
10位 大久保 光 HotRacing Honda 18 DUNLOP user
11位 宇井 陽一 41Planning.IODARacingJapan IODA 18 DUNLOP user