FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/4/14 全日本トライアル選手権第2戦 近畿大会
天気 気温 観客
晴れ 18度 2,120人

小川友幸選手が2位、野崎史高選手が3位でシーズンイン!




 全日本トライアル選手権の今季開幕戦となる第2戦近畿大会が、4月14日(日)に奈良県の名阪スポーツランドで行われた。第1戦関東大会が中止となったため、シリーズは約1ヵ月遅れての開幕となった。全日本最高峰となる国際A級スーパークラスでは、ダンロップタイヤD803を履く小川友幸選手(#2)が、タイトル奪回をめざして今季もフル参戦。同じくダンロップタイヤを履く野崎史高選手(#3)も、小川選手や黒山健一選手を超えるための戦いを開始した。他にも小川毅士選手(#4)、柴田暁選手(#5)、斎藤晶夫選手(#8)、宮崎航選手(#9)などが、ダンロップタイヤを履いて参戦する。
 
 今大会の競技セクションは、土の急斜面を登る設定が多く、まず3時間30分の持ち時間で8セクションを3ラップして、その後により難易度が高いふたつのスペシャルセクション(SS)に20分で1回ずつトライする方式が用いられた。壁のような崖を上がる第3セクションでは、高所から転落する選手もいたが、今季から採用されたレギュレーション(ライダーとバイクが離れた際にエンジンが停止するキルスイッチの装備義務化)により、転落したバイクが暴走することもなく、観客も安心してスリリングなチャレンジを観戦することができた。
 
 小川友幸選手は、1ラップ目の第1セクションこそクリーン(減点0)で走破したものの、第2および第3セクションで立て続けに失敗。このふたつのセクションをクリーンしたディフェンディングチャンピオンの黒山健一選手に、早くも10点差をつけられてしまった。それでも、小川選手は2ラップ目と3ラップ目に調子を上げて、2番手のポジションを堅持。SSを待たずに黒山選手の勝利が決まってしまったが、小川選手は2位でのシーズンインに成功した。
 
 また野崎選手は、1ラップ目を終えて7番手と序盤に大きくつまずいたが、その後はしっかりと追い上げ、3ラップ目が終わったところでは田中善弘選手と4点差の4番手に。そしてSSでは、最初のセクションを両者ともにクリーンした後、田中選手が失敗した最終セクションを野崎選手はクリーン。逆転により3位をもぎとった。
 
小川友幸選手のコメント
「この会場は、エンジンのパワーを要するセクションが多いので、僕のマシンには不利な面もありましたが、最低限の位置、つまり悪くても2位で終えることを目標にがんばりました。イケるかイケないかというセクションで、1ラップ目に失敗しましたが、黒山選手とすごく差があるという感覚ではなかったので、充実感もありました。とくに3ラップ目は、オールクリーンもできそうな感じだったので、少し乗り込み不足ではありましたが、全体的にはよかったと思います。ダンロップタイヤは土に強いですし、さらによいタイヤを開発していきたいと思っています。世界選手権の日本GPでは、マシンが大変身して走ることになります。お楽しみに!」
 
野崎史高選手のコメント
「1ラップ目はギアの選択ミスなどがありましたが、2ラップ目には改善することができました。SSで逆転して3位に入れたのはいいのですが、目標はもっと上なので満足はしていません。最終セクションにあった、コンクリートの上で方向を変えるシーンでは、横方向のよじれに強いダンロップタイヤの力を借りて、安定して走ることができました。次は、世界選手権の日本GPに参戦します。昨年の成績を上回ることができるようにがんばります!」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 黒山 健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 0 14 21  
2位 2 小川 友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 30 16 DUNLOP
3位 3 野崎 史高 YSP京葉レーシング Yamaha 0 45 14 DUNLOP
4位 7 田中 善弘 TEAM BETA Racing Beta 1 46 13  
5位 4 小川 毅士 WISE BETA Racing Beta 0 60 8 DUNLOP
6位 9 宮崎 航 WISE BETA Racing Beta 0 67 8 DUNLOP

第2戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 黒山 健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 20  
2位 2 小川 友幸 HRCクラブMITANI Honda 17 DUNLOP
3位 3 野崎 史高 YSP京葉レーシング Yamaha 15 DUNLOP
4位 7 田中 善弘 TEAM BETA Racing Beta 13  
5位 4 小川 毅士 WISE BETA Racing Beta 11 DUNLOP
6位 9 宮崎 航 WISE BETA Racing Beta 10 DUNLOP