FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2013/9/22 全日本トライアル選手権第5戦 中国大会
天気 気温 観客
晴れ 32度 1,508人

小川友幸選手は惜しくも2位に終わる!




 全日本トライアル選手権シリーズ第5戦中国大会が、9月22日(日)に山口県下関市のフィールド幸楽トライアルパークで行われた。第1戦が中止となったため、シーズン4戦目にあたる今大会。最高峰クラスとなる国際A級スーパークラスでは、ダンロップタイヤD803を履く小川友幸選手(#2)が、前大会で連勝してランキングトップで勝負に挑んだ。そして競技は、最後まで誰が勝つか分からない大接戦となった。

 

 大会当日は好天に恵まれたが、これにより気温は30度以上に上昇。ライダーにとっては、集中力を保つのが難しいコンディションとなった。ヒルクライムや大岩などがふんだんに盛り込まれた通常セクションは12ヵ所が用意され、それらを4時間30分の持ち時間で2ラップした後に、スペシャル・セクション(SS)としてよりダイナミックかつシビアなふたつのセクションに挑む競技方法が用いられた。

 

 小川選手は、競技序盤から快調にクリーンを重ねる走りを披露。しかし、前大会終了時点でランキング2番手となっていた黒山健一選手もミスなく走り続け、両者がまったくミスなく減点0のままで1ラップ目を終了。さらに、小川選手と同じくダンロップタイヤを履く野崎史高選手(#3)が、第1セクションの減点1以降はクリーンを続け、1点差でふたりを追う展開となった。

そしてなんと2ラップ目は、この3人ともが12セクションをすべてクリーンするパーフェクトな走りを披露。減点0にふたり、減点1でひとりという、かつてないハイレベルな優勝争いが繰り広げられることになった。ただし小川選手は、減点0であれば2ラップした際の所要時間がより短い方が上位となるルールを意識し、黒山選手よりも速いタイムでゴール。このため、SSでも全員が減点0なら、小川選手が勝者となる状況で、最後の勝負を迎えた。

 

 そしてふたつのうち最初のSSは、山のような巨岩を上るセクション。こちらは、優勝争いを繰り広げる3人ともがクリーン。最後のセクションで、決着がつけられることになった。その大岩上りで、3人の中で最初に挑んだ野崎選手が失敗。次に挑戦した小川選手も、大岩の上から落ちてまさかの失敗を喫してしまった。結果、手堅く減点1で切り抜けた黒山選手が優勝。小川選手は惜しくも2位、野崎選手は3位となった。今大会の結果、シリーズタイトル争いでは黒山選手と小川選手が、再び同ポイントに並ぶことになった。

 

 

小川友幸選手のコメント
「最終セクションをクリーンするしかないと思って勝負に出たのですが、ほんの1cmくらい、着地の距離が足りなかったです。今回は、黒山選手もオールクリーンするだろうと思っていたので、自分の走りを淡々と続けました。2ラップ目は、早く回ってタイムを縮めました。2ラップともオールクリーンしたのは、今回が初めてです。SSは、通常なら前大会までのランキング順に下位から走ると思いますが、今回はなぜかゼッケン順に下位から走ったので、最後に走った黒山選手のほうが有利でした。ランキング順なら僕がラストでしたから、その順番にちょっとやられた感じでしたね。次は地元の中部大会なので、最後までミスがないようにきっちり走りたいと思います」

 

 

野崎史高選手のコメント

「最終セクションのひとつ前までは、1点減点のままで走れていたので、それは良かったのですが、最終セクションで5点減点なり、それによって3位になったのですから、自分の弱さが出た結果だと思っています。とはいえ、最後まで優勝争いをしながらの3位だったので、収穫のある大会だったのではないかと、自分でも思います。この流れをよいカタチでつなげて、次の大会は今回よりも表彰台の高いところ、つまり2位か1位になれるように頑張ります」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 0 1 25  
2位 2 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 5 25 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉レーシング Yamaha 0 6 24 DUNLOP
4位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 0 24 17 DUNLOP
5位 7 田中善弘 TEAM BETA Racing Beta 0 27 18  
6位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 0 35 16 DUNLOP

第5戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 74  
2位 2 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 74 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉レーシング Yamaha 60 DUNLOP
4位 7 田中善弘 TEAM BETA Racing Beta 43  
5位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 43 DUNLOP
6位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 42 DUNLOP