RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/7/5 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第6戦
ミシガン州ブキャナン/レッドバッド
天気 気温 観客
晴れ 27度 不明

450クラス ロクスン連勝! 第2戦以来のパーフェクトウィンを飾る!




毎年アメリカ独立記念日に合わせた日程で開催されるため、異様な盛り上がりを見せるレッドバッド・ナショナル。バイクのグラフィックやライディングウエアに星条旗をあしらう演出もあって、いつも会場には愛国心が満ちあふれている。今年はケン・ロクスン(ドイツ)とクリストフ・プーセル(フランス)が、各クラスの予選でトップタイムを出したこともあって、アメリカンに対する声援がひときわ大きく感じられた。

レッドバッドはサンディな軟質土にできる深いワダチと、飛距離の長いジャンプを特徴とするコースだ。今年は21メートル級の2連ジャンプを30メートル級の3連に改造するなど、ビッグエアを重視したリニューアルが施された。最も有名なジャンプは地元のヒーロー、マイク・ラロッコの名を冠した「ラロッコズ・リープ」だが、今年は手前のコーナーを改修したために十分な助走距離が得られず、250では飛び越せない難所となった。

450クラスのヒート1では、ホールショットのライアン・ダンジー(KTM)をかわして、トレイ・カナード(ホンダ)が1周目からトップに立った。3位以下にはアンドリュー・ショート(KTM)、ジョシュ・グラント(ヤマハ)、ジェイムズ・スチュワート(スズキ)が続く。この中からグラントとスチュワートが、2周目に絡んで転倒。マシンにダメージを受けたスチュワートはリタイアを喫した。

ポイントリーダーのロクスン(KTM)は、スタート8位と出遅れたが、5周目にはダンジーとカナードを抜いてトップに浮上。そこから先は一気にリードを広げ、レース半ばには独走態勢を固めた。中盤以降はカナードvsダンジーの2位争いが見ものだったが、一時先行したダンジーのミスによってカナードにアドバンテージが与えられた。レースはロクスンが逃げ切りで優勝し、2位カナード、3位ダンジーの順でチェッカーが振られた。

450クラスのヒート2では、カナード、ロクスン、ダンジーらが好スタートを決めた。その直後には先週カムバックしたばかりのイーライ・トマック(ホンダ)、さらにジャスティン・バーシア(ホンダ)の代役としてファクトリーライドを得た、スウェーデン人のフレドリック・ノリアン(ホンダ)が続く。4周目にはトマックがダンジーを抜き、6周目にはロクスンがカナードをかわしてトップに立った。

ロクスンは1周につき1秒ほどリードを広げるハイペースで、早々とレースの主導権を握った。一方、2位争いが激しくなったが、11周目にカナードが転倒して4位まで後退。レース終盤はロクスン、トマック、ダンジーが各々単独走行となり、ポジションに変動がないままフィニッシュとなった。ロクスンは前戦から3ヒート連続で優勝し、ダンジーに対するポイントリードを広げた。


250クラス 首位マーティンが復調し1位/2位! ポイントリードを広げる!




250クラスのヒート1では、マット・ビシェリア(ホンダ)がホールショットを決めたが、2周目にはプーセル(ヤマハ)がトップに立った。ジェレミー・マーティン(ヤマハ)、ジャスティン・ボーグル(ホンダ)、ブレイク・バゲット(カワサキ)らがセカンドグループを形成し、スタート9位と出遅れたクーパー・ウェブ(ヤマハ)も5位まで挽回してくる。5周目からはマーティンがリーダーとなり、プーセルは2度の転倒でリタイア。2度目の転倒にはウェブが巻き込まれたが、ポイント圏外から14位まで挽回する。

8周目にバゲットが2位に浮上すると、マーティンのリードが徐々に削られ、レース後半は手に汗握るトップ争いとなった。バゲットの猛追撃は前戦の逆転劇を彷彿とさせたが、マーティンが1秒差で逃げ切り優勝。第3戦レイクウッド以来となる6勝目をマークした。3位はボーグルとマービン・ムスキャン(KTM)の間で争われたが、2人ともミスが多く後退。スタート7位から追い上げたジェイソン・アンダーソン(KTM)が、最終的に3位フィニッシュを果たした。

250クラスのヒート2では、ジョーイ・サバッチー(KTM)が好スタートを決めたが、序盤のハイペースに飲み込まれて後退。2周目からはボーグル、マーティン、クーパーがトップスリーを占めた。しかし三つ巴の接近戦に音を上げたボーグルが、5周目に転倒して脱落。以後はクーパーとマーティンがランデブー走行を続け、一時はクーパーが3秒ほどのセーフティリードを築いた。30分をすぎるとマーティンが俄然スパートし、テールトゥノーズとなったが、ウェブが逃げ切った。

この結果マーティンが総合優勝(1位/2位)。ランキング2位につける僚友ウェブのリザルトが、14位/1位と乱れたため、首位マーティンのポイントリードが23点に広がった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 35.27.292 DUNLOP user
2 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +4.574 DUNLOP user
3 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +6.169 DUNLOP user
4 3 E・トマック Geico Honda Honda +9.488 DUNLOP user
5 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +53.537  
6 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +1.08.074  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 35.42.465 DUNLOP user
2 3 E・トマック Geico Honda Honda +10.398 DUNLOP user
3 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +34.405 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +37.762 DUNLOP user
5 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +1.14.268  
6 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +1.15.523  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 36.02.170 DUNLOP user
2 4 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1.092 DUNLOP user
3 17 J・アンダーソン Rockstar KTM KTM +45.652 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +46.794 DUNLOP user
5 32 J・ボーグル Geico Honda Honda +55.926 DUNLOP user
6 55 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +57.324 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 37 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 34.29.406 DUNLOP user
2 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +1.788 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +19.906 DUNLOP user
4 17 J・アンダーソン Rockstar KTM KTM +25.539 DUNLOP user
5 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +28.780 DUNLOP user
6 21 C・シーリー Troy Lee Designs Lucas Oil Honda +33.343 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第6戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 280 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 254 DUNLOP user
3 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 226 DUNLOP user
4 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 196 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Monster Energy Kawasaki Kawasaki 168 DUNLOP user
6 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha 159  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 250 DUNLOP user
2 37 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 227 DUNLOP user
3 4 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 222 DUNLOP user
4 32 J・ボーグル Geico Honda Honda 191 DUNLOP user
5 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 181 DUNLOP user
6 377 C・プーセル VMS Yamaha 176